21世紀の ヒューマン・リテラシー

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマ大統領の広島訪問に思うー2016年5月28日

<<   作成日時 : 2016/05/28 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
オバマ大統領の広島訪問に思う −2016年5月28日


 私は下記のように、米国に対して広島への原爆投下の謝罪を強く求めてきた。それは今も変わらない。
しかし昨日のオバマ大統領の平和公園への訪問と行動を見ていると、大統領自身はスピーチの中で謝罪
という言葉は、一言も発しなかったが、かれ自身の慰霊者への献花の姿やスピーチの内容は、人類を代表し、
米国を通じて、米国の原爆投下の「謝罪」そのものの表明でもあったような印象を受けた。

米国の罪は余りにも深く、そしてそれは二度と絶対に許されないからだ。

任期あとわずかの彼自身は、ノーベル平和賞に釣り合う行動を、広島でも求めたのかもしれないが、
しかしそれ以上に、オバマ大統領は、直前にはベトナムを訪問し、さらには敵対してきたキューバとの
国交を実現してきたなどの実績は、並みの大統領には決して真似のできない稀有の存在であったのは
確かなことだ。多くのやり残した課題を抱えながらも、彼は広島へ来て、見た、考えた、黙祷した、
スピーチした、被爆者と会って微笑んだ。そして短時間でも彼が微笑めば微笑むほど、
私は「日本自身とはなにか?」と私たちの日本が行った先の戦争での罪悪を深く思案せざるを得なかった。
そして同時に私は、沖縄には、新辺野古基地を絶対に作らせないことを誓った。


日本人は大戦中、どれだけ多くの人々を殺したのか、蹂躙してきたのか、苦しめてきたのか、その明確なる
謝罪はまだ行われていない。それは原爆投下に匹敵するぐらい、いやそれ以上に人々を苦しめてきたことは間違いない。しかし、日本の政治指導者が、真珠湾にでかけて、被害者だった家族の肩を抱いて謝罪したことがあるか、高齢となった従軍慰安婦の方々を固く抱きしめて許しを乞うたことがあるか?さらには揚子江の川べりに立って、南京での「阿鼻叫喚」を想像して、涙を流して謝罪したことがあるか?こうしたことは、今もなお日本の政治家や指導者や日本人には皆無のことなのだ。


オバマ大統領が、このような沈鬱な表情で黙祷した広島での一日は、これからの世代とともに、新しい人類の夜明けになるのかもしれない。しかし、今後とも、米国に対して、原爆投下についての謝罪を求めることは断じて止めることはない。


核の廃絶に向けて
2016年5月27日





==================================
==================================

2016年5月10日
Obama to visit Hiroshima to promote nuke-free world with apology.


オバマ大統領の初の広島訪問を心から歓迎します。しかし、アメリカ大統領が、広島で、
心から謝罪するのは当然のことです。これは歴史における人間的な義務です。
アメリカ国内の多くの反対の声にも拘わらず、広島平和公園を訪問されることは、よしとしても
「訪問」それ自体は、「謝罪」に向けての始まりと考えています。
2013年7月31日に書かれたブログの記事を再度シェアします。

=================================

広島・長崎への原爆投下に対し
アメリカは広島市民・長崎市民への原爆投下を謝罪せよ!

1945年8月6日
広島や長崎へ原爆を投下し
人類歴史において未曾有の大殺戮を行った
アメリカ合衆国は、 広島・長崎市のすべての被爆者に 謝罪せよ !
原爆投下の目的は二つあるとされている。
ひとつは冷戦の始まる前のソ連に対する力の威嚇
もうひとつは人類が生み出した絶滅兵器による人体実験
放射能を拡散して凄絶な世界を作り出し、
兵士を狙ったのではなく、一般市民の絶滅を図った。


この戦争のどこに正義や人権が存在するか?
米国のこうした冷徹な戦争を糾弾せよ!
戦後、日本人は敗戦と言う虚脱状態に置かれ、
米軍によって口を封ぜられ 筆を封じられ批判などすべて封じられてきた。
医者や研究者などが、もし原爆による内部被ばくのことを話すと厳罰に処す
と脅かされた。内部被ばくの治療に当たると処罰すると脅された。内部被ばくは秘密だった。


「あやまちは 繰り返しません!」という言葉は 日本人の侵略戦争を 心から反省する言葉でもあると同時に これはアメリカ人からも発せられなければならない アメリカ人にとっても最も必要な言葉である。
21世紀の国際社会は 戦勝国、敗戦国といった視点を超えて、 虐殺された未曾有の一般市民にも アメリカは心からの謝罪を行う必要がある。 三度、核兵器が使用されないためにも


同時に日本は、日本の軍国主義がかって行った侵略戦争を 日本政府と日本国民ひとりひとりが 朝鮮半島の人々、中国、アジアの国々、世界に対して 謝罪しなければならない。それは真珠湾の攻撃の日にハワイの真珠湾に赴いて、2400名の犠牲者へ心からの謝罪を政府としても行わなければならない。アメリカがかって犯した過去の大量虐殺を 歴史の前に謝罪すると同じように,日本の過去の侵略戦争を、日本人自らも謝罪しなければならない。それはまた虐殺を行った中国の南京や朝鮮半島自身に首相自らが赴き、犠牲者の前で心からの謝罪を行わないといけない。これは日本政府と日本国民に委ねられた最低限の義務である。
アメリカの上院と下院においてそしてアメリカ大統領の名前において,広島・長崎での原爆投下を、アメリカが謝罪する決議を 広島、長崎市民は求める。


日本の国会の場で、
日本の地方議会の場で
日本の市民団体の場で
アメリカに対する原爆投下への謝罪要求を行わなければならない。


世界がこれから直面するであろう破局を避けるためにも! そして日本とアメリカが普遍的な友好国で
あり続けるためにも! 今こそ人間自身と歴史自身を浄化しなければならない!黙祷!

アメリカ大統領に対し、上院・下院に対して
広島・長崎への原爆投下の謝罪を求める会


2013年8月6日
*Since 2006
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オバマ大統領の広島訪問に思うー2016年5月28日 21世紀の ヒューマン・リテラシー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる