田島伸二 と ヒューマン・リテラシー

アクセスカウンタ

zoom RSS 核時代と子どもたち

<<   作成日時 : 2017/02/11 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


  私は幼少のときに聞いた広島での原爆体験やビキニ環礁での水爆実験などを深く心に記憶していましたが、やがて高度成長経済の時期に頻発した深刻な日本の公害に多数直面しました。中でも水俣病の存在は大きく、海に生きる多様な生き物たちを、どれだけ深刻な形で水銀汚染したかを知って、日本や世界の海や生き物が絶望的な環境に置かれていると感じたのです。それは1960代の終わりごろでした。  
                       
そのため他の生物の身になって、かれらの目から見た人間の文明のついて寓話のスタイルで物語を書こうと決心したのです。そして早大の中央図書館に籠って書き始めたのが「大亀ガウディの海」の物語でした。それは1972年頃のことです。
それは、具体的にはこの物語は約40年も前の台風の日、大海亀との出会いから始まったのです。当時学生だった私は、当時東京の不忍池の湖畔にあった上野水族館に出かけました。台風の日の生き物は、どういうわけかとても自由でワイルドな感じに見えますね。外の自然を感じるからでしょう。水族館の中でその時、私は特別大きな水槽の中で飼われていた一匹の大きな海亀を見たのです。


しかしこれはどう考えても、海亀を見たというより海亀と出会ったと言う方が適切のような気がします。大亀は目に涙を浮かべているようで、しきりにもがき苦しんでいるように見えたのです。チラリと海亀の目と合ったとき、私はつい冗談半分に「大亀さん、いったいどうしました?どうしてそんなに苦しそうにもがいているのです?こんなに設備のいい水族館にいるのにね。私にできることがあったらなにかしてあげますが、どうしたらいいですか?」と呼びかけてみたのです。


私は言葉を発するのではなく、ただ目をまばたきさせながら大亀に尋ねてみたのですが、その瞬間、驚いたことに大亀の目が、電光石火のように輝やくと、すぐに答えたのです。「なにを馬鹿なことをぬかす。お前は自分自身だって助けられないくせに、他の動物を助けてやろうだと!馬鹿をいうな!おれの願いとは、ただもと住んでいた大自然の海へ帰りたいだけだ。早く本当の海へ帰りたい!ここから出してくれ!」と答えたのです。 

    
「えぇー、水族館の外ですか?そうですか、それは困った。どうやって連れ出すか。この大きなプールから・・それにどうやって海に逃がしてやるか?」出来もしないのに、とんでもない請負を私がしたことにすぐに後悔してしまったのですが、でもなんとかしたい。そこで私は大亀を水槽から連れ出そうと、すぐに大学の図書館にこもって考え始め、そして長い大亀の物語「大亀ガウディの海」を書き始めたのです。
しかし物語りの完成には、実際には30年間もかかっていまいました。その間、あらすじはいろいろと変わりました。最初、大亀は水族館から海に脱出するには成功したが、海が汚れて生きていけなくて、そのまま南の海で沈んでしまったという単純な物語になっていたのですが、幸いなことに、執筆の最終段階では、大都会の公園の大きなけやきの木の下で、友人の助けも得ながら長いお話しを完結することが出来たのでした。

そこは大都会の中に残されているオアシスのような林の中。毎朝、鳥の声を聞きながら、大空に向かって伸びているケヤキの大木の下で、ひたすらに物語を語り続けたのです。そう、大亀の目を思い出しながら、編集者の友人と自然の精霊の助けを借りながら、まさに海の物語りを編んだのでした。結局30年もかかってしまいました。「すみません、大亀さん、大変遅くなってしまいました。こんなに時間がかかって申し訳ありません。」

その時、不忍池の湖畔にあった上野水族館はすでに遠くに移転しておりました。そしてその大亀がどこにいったのか、わかりませんでした。しかし確かに言えるのは、海亀の涙に触発されてこの物語が生まれたということ。これも人生の中の大事な出会いのひとつに違いありません。人間は人間から学ぶと同時に、自然の動植物から無限に学ぶことがあるのです。どんな生き物も一生懸命に生きようとしており、一生懸命に生きようとしている存在からは、無限に学ぶものがあるのですから

これがアジアの17言語で翻訳出版されたいる「大亀ガウディの海」の物語を書き始めたきっかけともいうものでした。物語のあらすじは、さまざまな体験をもとに書き足されましたが、全体としての寓話はほぼ完成していたので大きな変更もなしに日本語でまず刊行することを考えたのです。それは当時早大教授の鳥越信という児童文学者が、この作品を読んで高く評価してくれたこともあったからです。しかし国内の出版社はだれも相手にもしてくれません。そこで私はどうせ自費出版するなら、日本人を対象とせず、アジアの子どもたちに直接届けようと、真っ先に英語版を刊行することを決めたのです。日本語から英語への翻訳は、インド音楽を研究・実践していた米国人のT.M.ホッフマン氏が担当してくれました。彼は音楽家としての豊かなセンスでとても素晴らしい翻訳を行ってくれました。この本を出版する前にすでに「びっくり星の伝説」The Legend of Planet Surprise という本でもお世話になっていました。
そして日本語を母語として英語に翻訳された英語版からベンガル語、韓国語、フィリピン語、ネパール語、ラオス語、シンハラ語、ミャンマー語、イラン語、ウルドゥー語、インドネシア語、タガログ語、タイ語、マレー語、ヒンディー語、ベトナム語、マラティ語、カンボジア語など17言語へ次々と翻訳出版されていったのです。                             
環境問題の背景
このようにこの物語が生まれた背景を考えてみると、私が三次市の和田小学校2年生の時、1954年3月に第五福竜丸という静岡の漁船が、太平洋のビキニ環礁沖で行われたアメリカの水爆実験で、23人の乗組員全員が被爆し死傷するという事件が契機になっています。原爆で被爆した漁船員の姿、原爆マグロを、小学校の「光の教室」という巡回映画でも見て、小学校1年生とはいえ大変大きなショックを受けたのですが、それは9年前に広島に投下された原子爆弾と重なってみえたからです。

私は、広島市から60キロ離れた三次という町で、幼少の頃よりヒロシマ原爆の恐怖や悲惨な話を親戚や被爆体験者などから聞いて育った世代です。原爆で被災された人々の救出に向かった近所の人々は、原爆の残存放射能で被爆しておられました。こうした体験が下地にあっただけに、原爆によって、漁民が死傷したり、被爆したマグロが大量に廃棄されたというニュースは、大きなショックを幼心に強烈に植え付けたものでした。

大人が感じる不安以上に、子どもは柔らかくまるでスポンジが水を吸収するように、すべてを吸収しているのです。喜びも不安も悲しみも・・・そして感じたのは、原爆は過去のものではなく、今も太平洋上では実験が行われていること・・・そして人生は夢や希望だけではない、底知れない恐ろしさや危機を感じたことです。実存的な意識の芽生えでした。

1960年代は、水俣病やイタイイタイ病など、日本の高度成長経済の下で、次々と深刻な環境問題が発生した環境の中にありました。私は公害で苦しむ人々の気持ちを感じながら成長した団塊の世代に属していましたが、その中で痛感したことは、人間による環境問題で苦しんでいるのは人間だけではない、実は海や陸や空に住む無数の生物や動物の存在もあったということです。しかし自然の動植物や生き物は、人間のような雄弁な言葉をもっていないので、いつも全身でかれらの苦しみや悩みを表現しているということです。

水俣病で水銀中毒になった子猫が、苦しみの余り踊り狂うさまは実に恐ろしいものでした。北海のあざらしは、廃棄された原子力潜水艦の放射能によって、数千頭が一度に海岸に打ち上げられたり、身近には工業排水によって小川の鯉がすべて死んで白い腹を炎天に向けて流れていくさまなど、日本列島が、春になっても小鳥の歌わない、みみずも出てこない、虫も見当たらない“沈黙の春”がやってきているようでした。そしてチェルノブイリ原発で起きた大事故は、人間の文明は莫大なエネルギーを得ようとする余りに、危機的な文明の絶壁に立っているという警鐘でした。そして21世紀に入ると、環境問題は、あっという間に地球全体を覆いつくし、細胞の隅々まで汚染され、しかも氷が溶け始めて追いつめられた北極のアザラシや鯨は生存を求めて大海洋を彷徨い始めたのです。地球の二酸化炭素におよる温暖化現象は、人間の文明に深刻な警鐘を鳴らしているのです。

1995年、太平洋8カ国のユネスコの図書開発会議を開催するため、フイジーに行ったとき、南太平洋大学の学長コナイ・ヘル・タマンという人類学者に出会いました。そして“大亀ガウディの海“の本を贈呈すると、彼女は翌朝、「今日の環境問題や核問題を考えると、この本は太平洋のすべての国の人々の必読書です。太平洋を核の廃棄場にしてはいけないというメッセージです。人類は海を汚してはいけないのです」と力説されました。ちょうど同年に、フランスは、太平洋のムルロワ環礁で核実験を強行しようと画策している時期でした。

そのためフイジーから帰国すると、私はすぐにフランスのシラク大統領に、この本の英語版を抗議書簡とともに送ったのです。「シラク大統領殿、貴殿の言われるように核実験が人畜無害だと言われるなら、今回の核実験を太平洋の美しい環礁でやるのではなく、なぜパリの凱旋門やエッフェル塔の地下でやらないのですか。それともフランスの旧植民地の人間は、焼いて食おうと、煮て食おうと、すべてフランスの自由だと言われるのですか」と尋ねました。しかしその答えとは、美しい太平洋の環礁に放射能まみれの大きな陥没を作ることに成功したニュースでした。サンゴ礁が高度の放射能で汚染されてしまったのです。核実験は、このあとも中国、インド、パキスタン。北朝鮮と続いており、そして核大国のアメリカは、現在でも臨界内核実験を数十回も強行しているのです。そして、中国やインドをはじめ、経済活動が活発化し始めたアジア地域では、環境破壊の中で貧しい人々はますます貧困に追い詰められ始めたのです。

 
今の世界が求めるもの


しかもこれまでは汚染の有様を目や感覚で把握することが可能だったのに、今日では目には見えない遺伝子操作や染色体の移し変えという新しい環境問題も浮上してきているのです。こうした状況の中から生まれた「大亀ガウディの海」の物語は、恐らく追いつめられた海の生物から頼まれたものではないかと思ったぐらいです。
驚いたことは、核実験を行ったパキスタンやインドでは、ウルドゥー語やマラティ語で翻訳出版されたこと、現在、核疑惑で揺れているイランのファルシー語で、テヘランでも出版されたことです。それぞれの国には環境や核について苦悩する人々がたくさん存在しているのです。韓国では、北朝鮮の核問題に関連して大きな話題となり、この物語は4社からそれぞれ違った版で刊行されていますが、初版について東亜日報は、その書評に次のように記しています。


「我等は自らを万物の霊長といいながら、もっぱら人間だけの発展に力を傾けてきた。便利な時代に住んでいることを、一日に何度も実感する。お互いに便利な環境を占めようと人間たちは、絶え間なく文明を発達させたが、代わりに得た結果とは、道理なき自然環境の破壊であった。大亀ガウディの海(初版・精神世界社刊)を読みおえて、我等は文明の発達に絶え間なく驚嘆し、それが与える便利な生活方式を葛藤なしに受入れてきたが、もうこれまで満足してきた幸福をこれ以上享受することはできないことがわかる。


もちろん世界の一部では、既に宇宙の摂理を自覚し、人間は宇宙において、そのごくごく一部であるとの認識が芽生えていることも事実ではあるが、それをこのように鮮明で単純な話として描くことができるというのが、驚くべきことである。30年間水族館に住んだ大亀ガウディがもどった海は、その間に既に生存を圧迫されるほどに汚染されており、かろうじて探し出した場所が、南太平洋のスーリヤ海、そのスーリヤ海で人間が核実験をすることを知り、ガウディは自分の身を投じて核実験用の電線を切断する。

 十五夜の月光をたっぷりと浴びた美しい南太平洋の波の中で子亀たちが、ガウディが黄泉の世界に旅立ったスーリヤ海に向かう場面では、感動で胸が濡れるのを覚える。

サン・テグジュペリの「星の王子さま」が、人間の心性にむけて幸福の定義を具現する童話であるならば、「大亀ガウディの海」は、宇宙の摂理の中で我々が一緒に存在しえる時に到達する事ができる人間の真実を反芻させる大人の童話である。」と書評に述べています。 
               
またベトナムでは、ハノイにあるベトナム国際政治外交学院のグエンニュン(Nguyen Nhung)さんが、「環境破壊に直面しているベトナムの海亀の保護における国際協力の役割」の論文で、「ベトナムの長い海岸を故郷にしている、何万匹もの大海亀の多くは、現在、自然の脅威ではなく、人間の脅威によってその生存が脅かされています。かれら生物の生息地は次々と破壊され、地球上では深刻な環境汚染が急速に進んでおり、これまでの歴史にはなかったようなスピードで、毎日生物の多くの種が滅んでいっています。ベトナムでは、環境破壊から重要な生物を救うために環境保護団体に協力して、環境保護への努力を続けようとしています。
私たちの環境を保護するため努力を傾けている人はだれでも海亀に関する素晴らしい物語を書いた作者に感謝を捧げたいと思います。この物語を読んだ人は、彼の家族を守ろうと大都市から大海洋に戻ろうと必死に努力して困難な旅をするガウディという海亀を忘れられないことでしょう。私は、大亀ガウディの偉大な犠牲によって多くのことを学びました。これによってベトナムの海亀に関して論文を書こうと決めたのです」と綴っている。


地球は病んだ皮膚をもっているー

30数年前の台風のある日、水族館で一匹の大亀の苦しむ様子と出会ったことから書き始めた物語が、こうして現在、世界中で読まれ始めているのは非常に嬉しい気持ちですが、海洋や大気汚染はますます深刻化しているのが悲しい現実です。なかでも福島の原発事故がもたらした海洋汚染は史上空前の規模になっています。除染してもそのすべての汚染水は海洋へと流れているのです。ニーチェの言ったように「地球は病んだ皮膚をかずかずもっている。その中のひとつは人間の存在である」という課題に真剣にとりくまないといけないのです。人間はなぜに自然や宇宙を破壊する存在であるのか。

「大亀ガウディの海」の絵本を描いたインドの著名な画家であるA・ラマチャンドラン氏とは、1982年にバングラデシュの絵本ワークショップで出会いました。彼は1990年に「大亀ガウディの海」のイラスト60枚を一挙に画き上げてくれました。当時、彼はデリーのジャミリ・ミリヤ・イスラミヤ大学の美術学部長という要職にありましたが、インドの曼荼羅(まんだら)のスタイルを取り入れ、オリジナルからデザインしたいと、2ヶ月かけて絵本を描いて下さったのです。


デリーの自宅で、膨大な下書きを見て驚嘆しました。彼は「亀はインドのヒンズー教では、ビシュヌ神の化身であり、宇宙全体支えている聖なる存在と言われている。だから特別な感情をもって描いた。」と言いました。しかしこの美しいイラストの絵本は、カラーのイラストが60枚と多く、日本では出版条件が厳しく、15年間も刊行することが出来なかったのです。

そのため2005年、韓国の友人で、絵本作家でもあるナミソム社長のカン・ウーヒョン氏が、ソウルの女性新聞社の書籍部門代表のリー・ケーヨン氏と、印刷製本などに全面協力を行ってくれました。韓国の友人によってガウディが世界中を泳げるようになったのです。そして英語版への翻訳は、インドの音楽家のアメリカ人、T ホッフマン氏が行い、1999年にオクスフォード大学出版局から英語版が刊行されました。組版の製作などレイアウトなどは、道吉剛氏が協力してくれました。


そしてこの絵本が、ソウルで印刷され出版されることになったのは、ディンディガル・ベル社の代表で編集者でもある黒川氏の努力に負うところが大きかったのです。彼女の励ましがなかったらこの美しい絵本も存在していなかったのです。また2005年1月に亡くなられた東外大名誉教授の鈴木斌先生を始めたくさんの友人から物心両面から多大なご支援をいただきました。内外の多数の友人からの絶えざる励ましによってこの物語が、初めて形になっていったのです。 


希望を求めて

水族館の一匹の“大亀”と“国境を超えた無数の友人”との出会いに助けられて、この環境絵本が作られ、世界に向けて発信されていったこと。考えてみると、こうしたプロセスこそが物語ですね。大亀ガウディよ!今こそ大海に帰れ!そして宇宙を司る環境の化身となれ! そしてみなさん!ありがとう!

https://www.facebook.com/shinji.tajima.129/posts/602004926482574

核時代と子どもたちーその3 

 私は幼少のときに聞いた広島での原爆体験やビキニ環礁での水爆実験などを深く心に記憶していましたが、やがて高度成長経済の時期に頻発した深刻な日本の公害に多数直面しました。中でも水俣病の存在は大きく、海に生きる多様な生き物たちを、どれだけ深刻な形で水銀汚染したかを知って、日本や世界の海や生き物が絶望的な環境に置かれていると感じたのです。それは1960代の終わりごろでした。                         

そのため他の生物の身になって、かれらの目から見た人間の文明のついて寓話のスタイルで物語を書こうと決心したのです。そして早大の中央図書館に籠って書き始めたのが「大亀ガウディの海」の物語でした。それは1972年頃のことです。

それは、具体的にはこの物語は約40年も前の台風の日、大海亀との出会いから始まったのです。当時学生だった私は、当時東京の不忍池の湖畔にあった上野水族館に出かけました。台風の日の生き物は、どういうわけかとても自由でワイルドな感じに見えますね。外の自然を感じるからでしょう。水族館の中でその時、私は特別大きな水槽の中で飼われていた一匹の大きな海亀を見たのです。

しかしこれはどう考えても、海亀を見たというより海亀と出会ったと言う方が適切のような気がします。大亀は目に涙を浮かべているようで、しきりにもがき苦しんでいるように見えたのです。チラリと海亀の目と合ったとき、私はつい冗談半分に「大亀さん、いったいどうしました?どうしてそんなに苦しそうにもがいているのです?こんなに設備のいい水族館にいるのにね。私にできることがあったらなにかしてあげますが、どうしたらいいですか?」と呼びかけてみたのです。

私は言葉を発するのではなく、ただ目をまばたきさせながら大亀に尋ねてみたのですが、その瞬間、驚いたことに大亀の目が、電光石火のように輝やくと、すぐに答えたのです。「なにを馬鹿なことをぬかす。お前は自分自身だって助けられないくせに、他の動物を助けてやろうだと!馬鹿をいうな!おれの願いとは、ただもと住んでいた大自然の海へ帰りたいだけだ。早く本当の海へ帰りたい!ここから出してくれ!」と答えたのです。     

「えぇー、水族館の外ですか?そうですか、それは困った。どうやって連れ出すか。この大きなプールから・・それにどうやって海に逃がしてやるか?」出来もしないのに、とんでもない請負を私がしたことにすぐに後悔してしまったのですが、でもなんとかしたい。そこで私は大亀を水槽から連れ出そうと、すぐに大学の図書館にこもって考え始め、そして長い大亀の物語「大亀ガウディの海」を書き始めたのです。

しかし物語りの完成には、実際には30年間もかかっていまいました。その間、あらすじはいろいろと変わりました。最初、大亀は水族館から海に脱出するには成功したが、海が汚れて生きていけなくて、そのまま南の海で沈んでしまったという単純な物語になっていたのですが、幸いなことに、執筆の最終段階では、大都会の公園の大きなけやきの木の下で、友人の助けも得ながら長いお話しを完結することが出来たのでした。

そこは大都会の中に残されているオアシスのような林の中。毎朝、鳥の声を聞きながら、大空に向かって伸びているケヤキの大木の下で、ひたすらに物語を語り続けたのです。そう、大亀の目を思い出しながら、編集者の友人と自然の精霊の助けを借りながら、まさに海の物語りを編んだのでした。結局30年もかかってしまいました。「すみません、大亀さん、大変遅くなってしまいました。こんなに時間がかかって申し訳ありません。」

その時、不忍池の湖畔にあった上野水族館はすでに遠くに移転しておりました。そしてその大亀がどこにいったのか、わかりませんでした。しかし確かに言えるのは、海亀の涙に触発されてこの物語が生まれたということ。これも人生の中の大事な出会いのひとつに違いありません。人間は人間から学ぶと同時に、自然の動植物から無限に学ぶことがあるのです。どんな生き物も一生懸命に生きようとしており、一生懸命に生きようとしている存在からは、無限に学ぶものがあるのですから。

これがアジアの17言語で翻訳出版されたいる「大亀ガウディの海」の物語を書き始めたきっかけともいうものでした。物語のあらすじは、さまざまな体験をもとに書き足されましたが、全体としての寓話はほぼ完成していたので大きな変更もなしに日本語でまず刊行することを考えたのです。それは当時早大教授の鳥越信という児童文学者が、この作品を読んで高く評価してくれたこともあったからです。しかし国内の出版社はだれも相手にもしてくれません。そこで私はどうせ自費出版するなら、日本人を対象とせず、アジアの子どもたちに直接届けようと、真っ先に英語版を刊行することを決めたのです。日本語から英語への翻訳は、インド音楽を研究・実践していた米国人のT.M.ホッフマン氏が担当してくれました。彼は音楽家としての豊かなセンスでとても素晴らしい翻訳を行ってくれました。この本を出版する前にすでに「びっくり星の伝説」The Legend of Planet Surprise という本でもお世話になっていました。

そして日本語を母語として英語に翻訳された英語版からベンガル語、韓国語、フィリピン語、ネパール語、ラオス語、シンハラ語、ミャンマー語、イラン語、ウルドゥー語、インドネシア語、タガログ語、タイ語、マレー語、ヒンディー語、ベトナム語、マラティ語、カンボジア語など17言語へ次々と翻訳出版されていったのです。                             
環境問題の背景

このようにこの物語が生まれた背景を考えてみると、私が三次市の和田小学校2年生の時、1954年3月に第五福竜丸という静岡の漁船が、太平洋のビキニ環礁沖で行われたアメリカの水爆実験で、23人の乗組員全員が被爆し死傷するという事件が契機になっています。原爆で被爆した漁船員の姿、原爆マグロを、小学校の「光の教室」という巡回映画でも見て、小学校1年生とはいえ大変大きなショックを受けたのですが、それは9年前に広島に投下された原子爆弾と重なってみえたからです。

私は、広島市から60キロ離れた三次という町で、幼少の頃よりヒロシマ原爆の恐怖や悲惨な話を親戚や被爆体験者などから聞いて育った世代です。原爆で被災された人々の救出に向かった近所の人々は、原爆の残存放射能で被爆しておられました。こうした体験が下地にあっただけに、原爆によって、漁民が死傷したり、被爆したマグロが大量に廃棄されたというニュースは、大きなショックを幼心に強烈に植え付けたものでした。

大人が感じる不安以上に、子どもは柔らかくまるでスポンジが水を吸収するように、すべてを吸収しているのです。喜びも不安も悲しみも・・・そして感じたのは、原爆は過去のものではなく、今も太平洋上では実験が行われていること・・・そして人生は夢や希望だけではない、底知れない恐ろしさや危機を感じたことです。実存的な意識の芽生えでした。

1960年代は、水俣病やイタイイタイ病など、日本の高度成長経済の下で、次々と深刻な環境問題が発生した環境の中にありました。私は公害で苦しむ人々の気持ちを感じながら成長した団塊の世代に属していましたが、その中で痛感したことは、人間による環境問題で苦しんでいるのは人間だけではない、実は海や陸や空に住む無数の生物や動物の存在もあったということです。しかし自然の動植物や生き物は、人間のような雄弁な言葉をもっていないので、いつも全身でかれらの苦しみや悩みを表現しているということです。

水俣病で水銀中毒になった子猫が、苦しみの余り踊り狂うさまは実に恐ろしいものでした。北海のあざらしは、廃棄された原子力潜水艦の放射能によって、数千頭が一度に海岸に打ち上げられたり、身近には工業排水によって小川の鯉がすべて死んで白い腹を炎天に向けて流れていくさまなど、日本列島が、春になっても小鳥の歌わない、みみずも出てこない、虫も見当たらない“沈黙の春”がやってきているようでした。そしてチェルノブイリ原発で起きた大事故は、人間の文明は莫大なエネルギーを得ようとする余りに、危機的な文明の絶壁に立っているという警鐘でした。そして21世紀に入ると、環境問題は、あっという間に地球全体を覆いつくし、細胞の隅々まで汚染され、しかも氷が溶け始めて追いつめられた北極のアザラシや鯨は生存を求めて大海洋を彷徨い始めたのです。地球の二酸化炭素におよる温暖化現象は、人間の文明に深刻な警鐘を鳴らしているのです。

1995年、太平洋8カ国のユネスコの図書開発会議を開催するため、フイジーに行ったとき、南太平洋大学の学長コナイ・ヘル・タマンという人類学者に出会いました。そして“大亀ガウディの海“の本を贈呈すると、彼女は翌朝、「今日の環境問題や核問題を考えると、この本は太平洋のすべての国の人々の必読書です。太平洋を核の廃棄場にしてはいけないというメッセージです。人類は海を汚してはいけないのです」と力説されました。ちょうど同年に、フランスは、太平洋のムルロワ環礁で核実験を強行しようと画策している時期でした。

そのためフイジーから帰国すると、私はすぐにフランスのシラク大統領に、この本の英語版を抗議書簡とともに送ったのです。「シラク大統領殿、貴殿の言われるように核実験が人畜無害だと言われるなら、今回の核実験を太平洋の美しい環礁でやるのではなく、なぜパリの凱旋門やエッフェル塔の地下でやらないのですか。それともフランスの旧植民地の人間は、焼いて食おうと、煮て食おうと、すべてフランスの自由だと言われるのですか」と尋ねました。しかしその答えとは、美しい太平洋の環礁に放射能まみれの大きな陥没を作ることに成功したニュースでした。サンゴ礁が高度の放射能で汚染されてしまったのです。核実験は、このあとも中国、インド、パキスタン。北朝鮮と続いており、そして核大国のアメリカは、現在でも臨界内核実験を数十回も強行しているのです。そして、中国やインドをはじめ、経済活動が活発化し始めたアジア地域では、環境破壊の中で貧しい人々はますます貧困に追い詰められ始めたのです。 

今の世界が求めるもの

しかもこれまでは汚染の有様を目や感覚で把握することが可能だったのに、今日では目には見えない遺伝子操作や染色体の移し変えという新しい環境問題も浮上してきているのです。こうした状況の中から生まれた「大亀ガウディの海」の物語は、恐らく追いつめられた海の生物から頼まれたものではないかと思ったぐらいです。

驚いたことは、核実験を行ったパキスタンやインドでは、ウルドゥー語やマラティ語で翻訳出版されたこと、現在、核疑惑で揺れているイランのファルシー語で、テヘランでも出版されたことです。それぞれの国には環境や核について苦悩する人々がたくさん存在しているのです。韓国では、北朝鮮の核問題に関連して大きな話題となり、この物語は4社からそれぞれ違った版で刊行されていますが、初版について東亜日報は、その書評に次のように記しています。

「我等は自らを万物の霊長といいながら、もっぱら人間だけの発展に力を傾けてきた。便利な時代に住んでいることを、一日に何度も実感する。お互いに便利な環境を占めようと人間たちは、絶え間なく文明を発達させたが、代わりに得た結果とは、道理なき自然環境の破壊であった。大亀ガウディの海(初版・精神世界社刊)を読みおえて、我等は文明の発達に絶え間なく驚嘆し、それが与える便利な生活方式を葛藤なしに受入れてきたが、もうこれまで満足してきた幸福をこれ以上享受することはできないことがわかる。

もちろん世界の一部では、既に宇宙の摂理を自覚し、人間は宇宙において、そのごくごく一部であるとの認識が芽生えていることも事実ではあるが、それをこのように鮮明で単純な話として描くことができるというのが、驚くべきことである。30年間水族館に住んだ大亀ガウディがもどった海は、その間に既に生存を圧迫されるほどに汚染されており、かろうじて探し出した場所が、南太平洋のスーリヤ海、そのスーリヤ海で人間が核実験をすることを知り、ガウディは自分の身を投じて核実験用の電線を切断する。

 十五夜の月光をたっぷりと浴びた美しい南太平洋の波の中で子亀たちが、ガウディが黄泉の世界に旅立ったスーリヤ海に向かう場面では、感動で胸が濡れるのを覚える。
サン・テグジュペリの「星の王子さま」が、人間の心性にむけて幸福の定義を具現する童話であるならば、「大亀ガウディの海」は、宇宙の摂理の中で我々が一緒に存在しえる時に到達する事ができる人間の真実を反芻させる大人の童話である。」と書評に述べています。 
               
またベトナムでは、ハノイにあるベトナム国際政治外交学院のグエンニュン(Nguyen Nhung)さんが、「環境破壊に直面しているベトナムの海亀の保護における国際協力の役割」の論文で、「ベトナムの長い海岸を故郷にしている、何万匹もの大海亀の多くは、現在、自然の脅威ではなく、人間の脅威によってその生存が脅かされています。かれら生物の生息地は次々と破壊され、地球上では深刻な環境汚染が急速に進んでおり、これまでの歴史にはなかったようなスピードで、毎日生物の多くの種が滅んでいっています。ベトナムでは、環境破壊から重要な生物を救うために環境保護団体に協力して、環境保護への努力を続けようとしています。

私たちの環境を保護するため努力を傾けている人はだれでも海亀に関する素晴らしい物語を書いた作者に感謝を捧げたいと思います。この物語を読んだ人は、彼の家族を守ろうと大都市から大海洋に戻ろうと必死に努力して困難な旅をするガウディという海亀を忘れられないことでしょう。私は、大亀ガウディの偉大な犠牲によって多くのことを学びました。これによってベトナムの海亀に関して論文を書こうと決めたのです」と綴っている。

地球は病んだ皮膚をもっているー

30数年前の台風のある日、水族館で一匹の大亀の苦しむ様子と出会ったことから書き始めた物語が、こうして現在、世界中で読まれ始めているのは非常に嬉しい気持ちですが、海洋や大気汚染はますます深刻化しているのが悲しい現実です。なかでも福島の原発事故がもたらした海洋汚染は史上空前の規模になっています。除染してもそのすべての汚染水は海洋へと流れているのです。ニーチェの言ったように「地球は病んだ皮膚をかずかずもっている。その中のひとつは人間の存在である」という課題に真剣にとりくまないといけないのです。人間はなぜに自然や宇宙を破壊する存在であるのか。

「大亀ガウディの海」の絵本を描いたインドの著名な画家であるA・ラマチャンドラン氏とは、1982年にバングラデシュの絵本ワークショップで出会いました。彼は1990年に「大亀ガウディの海」のイラスト60枚を一挙に画き上げてくれました。当時、彼はデリーのジャミリ・ミリヤ・イスラミヤ大学の美術学部長という要職にありましたが、インドの曼荼羅(まんだら)のスタイルを取り入れ、オリジナルからデザインしたいと、2ヶ月かけて絵本を描いて下さったのです。

デリーの自宅で、膨大な下書きを見て驚嘆しました。彼は「亀はインドのヒンズー教では、ビシュヌ神の化身であり、宇宙全体支えている聖なる存在と言われている。だから特別な感情をもって描いた。」と言いました。しかしこの美しいイラストの絵本は、カラーのイラストが60枚と多く、日本では出版条件が厳しく、15年間も刊行することが出来なかったのです。

そのため2005年、韓国の友人で、絵本作家でもあるナミソム社長のカン・ウーヒョン氏が、ソウルの女性新聞社の書籍部門代表のリー・ケーヨン氏と、印刷製本などに全面協力を行ってくれました。韓国の友人によってガウディが世界中を泳げるようになったのです。そして英語版への翻訳は、インドの音楽家のアメリカ人、T ホッフマン氏が行い、1999年にオクスフォード大学出版局から英語版が刊行されました。組版の製作などレイアウトなどは、道吉剛氏が協力してくれました。

そしてこの絵本が、ソウルで印刷され出版されることになったのは、ディンディガル・ベル社の代表で編集者でもある黒川氏の努力に負うところが大きかったのです。彼女の励ましがなかったらこの美しい絵本も存在していなかったのです。また2005年1月に亡くなられた東外大名誉教授の鈴木斌先生を始めたくさんの友人から物心両面から多大なご支援をいただきました。内外の多数の友人からの絶えざる励ましによってこの物語が、初めて形になっていったのです。 

希望を求めて

水族館の一匹の“大亀”と“国境を超えた無数の友人”との出会いに助けられて、この環境絵本が作られ、世界に向けて発信されていったこと。考えてみると、こうしたプロセスこそが物語ですね。大亀ガウディよ!今こそ大海に帰れ!そして宇宙を司る環境の化身となれ! そしてみなさん!ありがとう!




                     

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
核時代と子どもたち 田島伸二 と ヒューマン・リテラシー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる