アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「従軍慰安婦」のブログ記事

みんなの「従軍慰安婦」ブログ

タイトル 日 時
日本の歴史教育ー従軍慰安婦の存在について
日本の歴史教育ー従軍慰安婦の存在について (日本の歴史教育) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 08:01
従軍慰安婦の課題とは、日本の民主主義の浮沈にかかわる重大な課題である。
従軍慰安婦の課題とは、日本の民主主義の浮沈にかかわる重大な課題である。 天木直人氏の視点として「これ以上慰安婦問題を騒ぐのは日本の自殺行為である」とし、氏は結論的に、「実際のところ、歴史認識や慰安婦問題についての日本国内の騒ぎは、いい加減止めたほうがいい」と主張している。「米国にとって、いや世界にとって日本の事などほとんど知らない。そんな中で慰安婦問題を騒ぎ続ける日本は、売春問題に取りつかれた気色の悪い国としか映らない」と書いているが、これまで一流の評論活動を行ってきている天木氏の発言としては大いなる驚きであり、これは全く間違っている認識であることを強く述べたい。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/18 04:33
日本の非常識ー歴史には時効はないー日本の謝罪求めて4カ国と欧州議会が決議採択
歴史には時効はない。世界の厳しい世論にもかかわらず、ただひたすらに従軍慰安婦問題に沈黙を続けて、世界の人々の声を無視しようとする日本の常識とはいったいなにか?欧州議会が「20世紀最大の人身売買」と慰安婦非難決議を行った。  これまでにもカナダ、オランダ、フィリピン、アメリカの下院や上院が続々と日本の謝罪求める決議採択している。これは安倍前首相やこれまでの自民党+公明党政権がやってきたことへの批判決議でもあると同時に、日本国民への弾劾決議でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/30 08:10
従軍慰安婦問題におけるアメリカ下院決議の趣旨と要求とは?
従軍慰安婦問題におけるアメリカ下院決議の趣旨と要求とは? こうした謝罪決議が次々と、国連を始め、アメリカ、フィリピンなど世界的な規模で行われているのに、日本ではほとんどの人々が未だに対岸の火事のように眠りの中にいる。過去の歴史の出来事だから、はっきりしないことはすべて水に流そうというのだ。特に日本の侵略の歴史を塗りなおそうとしている「日本の最も醜悪な国粋主義者」によって、先導されているのが、悲しい現状だ。その先頭に安倍首相が存在していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 11:38
世界の笑いものになる日本国民と日本政府!ー米国とオランダ下院での従軍慰安婦問題の決議について
世界の笑いものになる日本国民と日本政府!ー米国とオランダ下院での従軍慰安婦問題の決議について 従軍慰安婦問題の米国下院での決議採択について、朝日新聞によると安倍首相は31日、「私の考え、政府の対応については4月に訪米した際に説明をしてきた。こうした決議がなされたことは残念だ。これからもよく米側に対して説明していくことが大切だと思う」と述べ、塩崎官房長官は「4月の安倍首相の米国訪問の際にも自らの考えを明確に伝えてきた。それにもかかわらず今回採択されたことは残念なことだ」と述べたという。これが日本政府の公式な反応である。つまり残念という言葉でお茶を濁そうとしている。つまりは無視するのだ。しか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 19:45

トップへ | みんなの「従軍慰安婦」ブログ

21世紀の ヒューマン・リテラシー 従軍慰安婦のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる