アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「雲の物語」のブログ記事

みんなの「雲の物語」ブログ

タイトル 日 時
FBとはなんと不思議な世界でしょう!
FBとはなんと不思議な世界でしょう! FBとはなんと不思議な世界でしょう! FBを通じて知り合った世界中の友人は、日本や海外にたくさんいますが、16年前、パキスタンのアフガン難民キャンプで知り合った少女は、その後、アフガニスタンのカブールに帰還し、幸運にも大学教授(英文学)になって活躍しているのを知ることができたのもFBです。またFBで知り合った日本人とは、原発反対デモの折、実際に国会前で出会ったり、また映画製作者には、アニメの作品まで作っていただくなど、いろいろの方々とFBを通じて知り会うことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/06 01:16
雲の語った物語から「親を捨てる物語と伝説」
雲の語った物語から「親を捨てる物語と伝説」 いつの頃だったか、私はヒマラヤの上空に浮かんでいました。ヒマラヤは世界の屋根と呼ばれ、天をつくような高い山々が雪を冠ってそそり立っていました。その美しい風景ときたら、雲の私だってその美しさに息が止まるほどでした。でも天井のその美しさに比べ、ネパールの地上の貧しさときたら・・・・・・」 と雲は話し始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 11:45
笹の葉
「今朝、わたしは、光り輝く島ースリランカの上空に浮かんでいました」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/17 20:03
追いつめられた雪山のキツネくんとタヌキくん   雲の夢想録(第31話) 
追いつめられた雪山のキツネくんとタヌキくん   雲の夢想録(第31話)  「だれも住んでいないような山奥にも、雪が激しく降り積もっていました」 とある日、冬空に浮かんでいた雲が言いました。 「・・・・・見渡す限り白銀の世界です。しかし、私はそのとき、雪原の下から生き物の呻き声を聞いたのです。それは大きな古株の下の小さな洞窟に住んでいた、やせ細った一匹の古ギツネと古タヌキでした。キツネとタヌキが一緒に仲良く洞くつで住んでいるのをみたのは初めてです。」と雲は驚いたように言いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/02 11:21
お母さんの巻き寿司(まきずし)                                 
お母さんの巻き寿司(まきずし)                                  [お母さんの巻き寿司」の短編は「雲の夢想録」という創作集に収録されている物語です。45年前の中国山脈の懐にある農家の田んぼで働く父母を思い出しながら執筆したもので、大空を流れゆく雲が下界のさまざまな様子を眺めながら日記形式で語っていくものです。これまで30篇の物語が完成、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/13 11:31

トップへ | みんなの「雲の物語」ブログ

21世紀の ヒューマン・リテラシー 雲の物語のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる