いじめによる自殺の問題とはなんでしょうか?病める日本の病理

画像


「ウザイ!キモイ!死ね!」
こうした言葉を毎日、教室で浴びせられていたら、誰だって自分が生きていることは嫌になってくる。そして毎日陰で悪口を言われたり、物をぶっつけられたり、みんなの前で下着を脱がされるというような屈辱が毎日、行われたとしたら、誰だって自分が生きていく意味を見つけるのは不可能だろう。こうした言葉は、教室の中の異質な存在や異分子を排除しようとするもの。担任の教師は助けてはくれないし、自分の両親に言ってもきちんと言葉の意味を聞いてはくれないときには、子どもは、周りの環境に絶望し、絶壁に追い込まれていく。

1986年の人権擁護局の調査では、いじめの理由として (1)力が弱い、動作が遅い(2)なまいき、良い子ぶる(3)仲間に入らない(4)肉体的欠陥(5)人より優れている(6)転向生・・などを主な理由としている。今日では、この理由は若干異なっているように思えるが底に流れているものはみな同じ理由だ。しかし1986年頃と比べると社会環境が大きく異なってきているのも確か。子どもたちの生活環境には、テレビ、ゲーム機に加えて、コンピューター(Webとチャット)や携帯電話(Web. メール.チャット)などが続々と登場しており、人間関係を作るコミュニケーションや人関係の体験不足などが決定的に欠如してきている現実がある。
ネット社会が到来しているのに、言葉や文字についても、その変化に親や教師はなす術もなくただおろおろと傍観しているだけ。言葉はずっと古来から、緊密な人間関係や生活の中で切磋琢磨され使われてきたが、現代では、機械的で機能的な記号のように使われている傾向があり、親も教師たちも生活の中で本当の言葉の使い方”や”生かし方”を知らないところに追い込まれている。しかもそれを自覚していない。つまり世の中には、人を生かす言葉だけでなく人を殺す言葉もあることを・・・・・・知らない。

年間、約3万人を大きく超える大人が絶望の果てに命を自ら絶っている深刻な状況の日本。 これは先進諸国内ではトップの自殺率である。都内の電車内では、ひっきりなしに「飛び込みによる人身事故」による電車の遅れを放送している。みんな自殺の車内放送には慣れっこになっている。これは単純な意味での「いじめ」によって起こったものではなく、経済的なものが大部分を占めるけれど、これにしても日本社会や日本人から見捨てられた人々と言えなくもない。自殺していった人々は「ウザイ!キモイ!死ね!」と大人社会から直接、激しい言葉で言われたわけでもないけれど、間接的にはこうした言葉や態度や社会環境によって「生きていく自信を喪失した大人社会」が、日本社会の陰の部分に存在している。そして成長し続けている。
 いじめの問題が深刻な課題として、日本社会の構造全体を揺さぶっているのは、これは日本の大人や子どもたちが自殺という手段以外にはもう自分自身を表現できなくなってきていることを意味している。社会やニンゲンが見えない絶壁に追いつめられ、そう、自殺以外に表現することができなくなった日本社会は・・・最も心の奥底から病んでいるという証拠。自殺予備軍や未遂者を含めるとそれは膨大な数に上ると思われる。

自殺していった子どもたちは、大人やいじめた友人たちに伝える"言葉!を「遺書」としてしか書けなくなった。人は誰でも"自分自身の言葉”をもてなくなったとき、書けなくなった時に、ニンゲンはニンゲンでなくなっていく。豊かな"言葉”とは、自分自身の意識を克明に表現しながら、自分自身の中の「青い鳥」を表現するものなのに、現代の表現とは「遺書」の中で初めてみんなの意識に刻印されている。考えてみれば日本社会は悲しくも恐ろしい世界を作ったものだ。青い鳥のいなくなった日本・・・・・・・

 今それに対応するさまざまな取り組みが議論されているが、「タウンミィーティング(TM)のやらせ質問」、や「「いじめによる自殺が文科省へは一件も報告されていないというような官僚体質」や学校そのものが”いじめ”があったことを隠そうとする体質が次から次へと報告され、日本社会の陰湿な官僚姿勢があらわになっている。つまり閉ざされた世界を作ってきた。そしてその結果と言えば、要するにさらなる管理社会を徹底化することでこれをなくそうとしている。これが教育基本法の改正問題で、教師を徹底して国家管理しようとする陰湿な方向性である。21世紀は、個性や多様性を伸ばす教育があらゆる世界で求められている中で、日本だけが個性を重視するよりも国家管理という路線を歩まねばならなくなっている。

教育の中で最も重要な教師の存在は基本的に徹底的に自由でなくてはならない。これだけは守っておかないと社会が大変な事態に遭遇する。教師が自由でないと子どもたちは、自由に思考できない。自由に創造できない。真実が見えてこないから。しかし忘れてはならないことは、自由であることとは無限に努力していく人間でありつづけることを意味している。現場教師の研修などで感じるのは、最近はサラリーマン化した教師が非常に増えている。

それだけに、変化する時代には、教師は人間や社会や子どもについて徹底して”勉強”しておかなければならない。虐められる子ども」を守るためには、家庭から、学校から、コミュニテイから、政治から必要な手を打っていかねばならない。「いじめ泣かされたというオーストラリアは、学校全体で真剣に取り組む姿勢として:
「1)どんないじめもしないこと。2)いじめを黙認しないこと。3)いじめを見たら教師に伝えること。」という学校の関係者全員が徹底的に取り組んでいくものでそれは効果をあげている。アメリカでは、”いじめ”に対する対処の仕方は”レイプ”犯罪と同じように厳しく対処しているという。甘い姿勢は許されていないのだ。こうした姿勢が、コミュニティの人々にも貫かれ、学校だけではなく、社会全体でも取り組んでいることがわかる。こうやってみんなでお互いに真剣に注意しあっていく体制作りが必要なのはいうまでもない。

しかし、よく考えておかないと、”いじめ”の範囲が無限に広がっていくようになり、それは一種の”いじめ”狩りになっていくかもしれない。そして表面的な規制や管理を行うようになっていくと大事な人間の本質を失うことになるかも知れない。「人間のかたちや関係性」が自由に見えなくなってくる。それは決して”いじめ”を許すというのではなく、人生は、やさしい言葉だけや表面的な規制を求めているのではないことも知っておかないといけない。要するに、”子ども”にとって人間の生き方や世界の真実を伝えていく必要がある。それがいつでも最も望まれていることだ。

 かって羽仁五郎という著名な思想家に「なぜ人を殺してはいけないと思うか」と無礼もわきまえず質問をしたことがある。するとかれは「だれだって自分は殺されたくはないと思っている・・・・」と答えた。この答えは重要だ。いじめられる側の意識や心理に無知であることが大きな要因でもあるからだ。それと同じく「なぜいじめてはいけないのか?」という答えもきちんと認識されていないことがある。「自殺」する子が続出したから問題にしているだけ、つまり「子どもがいじめられたらどうなるか、どんな惨めな気持ちになるのか、またなぜいじめるのか?なぜいじめたら悪いのか?というようなことを想像させる授業などは創意工夫できるのに・・・多くの教師は想像力不足や怠慢で全くやっていない。事が起きてからいつも全校生徒の集会で首をうなだれて謝罪するのが校長の仕事となっている。

いじめてる本人も自分がいじめられたらどうなるか、とかいうようなことを全く考えてもいない、想像もできない。こうしたことを教えるのが、人間が社会の中で生きていくための勉強ではないか。人間社会では、対人のコミュニケーションのとりかたが最も重要なスキルとなってくる。がそれは、対国家間も同じだ。かって日本が行った戦争では、周辺地域の国々のおびただしい人々を踏みつけ傷つけ殺したのに、そうしたことをカラリと忘れようとする日本人の歴史認識や姿勢からは、人の痛みを思いやるような豊かな想像力は生まれてくる余地はないのかも知れない。想像力を豊かに育むためには、忘れてはいけない。人を踏んだことを!!忘れてはいけない。人をいじめたことを!

いじめの問題とは、異質なものや個性を認めないところからも起きているが、性格や才能が一致しない子も、集団の中から追い払われる傾向がある。「要するにお前は、ウザイんだよ!キモイんだよ!死んでしまえ」と言われたら・・・あなただったらどうする?そう。いじめに屈しないように強くならないければならない。また同時に"子ども”をたくましく鍛えなければならない。  言葉の暴力にも肉体的な暴力にも・・・・この課題は、日本社会の病理が噴出しているだけに、「いじめ」をさらに社会や人間を学ぶ題材として、いじめを、人間の「社会システム」や「差別」や「歴史」や「異文化教育」などの中に無数に存在しているものと深く結びつけて考えることが必要だ。日本にも世界にも根は共通しているから。そしてそこから自分と社会との関係性に気づかせる新しい「人間関係論」が必要だ、特に日本社会では。

結論として考えると、こうした本質的な存在を考えたり変えていくためには、いじめをする「子どもだけ」を排除したり、いじめた本人を罰しようようとする管理社会的発想と方向性だけでは決して本質的な解決策にはならない。やはり、日本の大人の生き方や社会のありかた、そして何よりも「教師」の創造性と自由な責任制、現代を「たくましく生き抜くための言葉の役割」などを育む自由な教育環境などを作っていくことが最も望まれているものでないか。

しかし現実には行政面から「物言えば唇寒し・・・」という時代が音をたててやってきている。表現の自由や真実に基づいた教育の機会が教師の手から次々に奪われ、「「自由」や「創造性」などは、どこかの海岸へ打ち捨てられながら、日本病は深刻な形で官僚の手によって進行している。そしてこうした状況を憂える教師に対する本格的な「いじめ」が始まるのも時間の問題になっている。
 
 生きていくこととは真実の”声”で叫び続けることだ。そして社会では”多様性”や"個性”が最も必要だということも身をもって勇敢に表現し続けなければならない。それが"人間的に生きようとする者の最も大切な言葉ではないか。









遺書に「いじめの醜さ伝えて」 三重・自殺の高1男子2
009年3月13日2時0分(朝日コム)

 同級生からのいじめを訴える遺書を残して三重県伊勢市の私立皇学館高校1年の男子生徒(16)が自殺した問題で、男子生徒は遺書で「いじめの醜さを子どもに教えてあげてください」と訴えていたことが分かった。生徒のパソコンには約1週間前から、友人や部活動の先輩ら約60人への感謝が書きためられており、その中で触れられていた。父親は「悩んでいたことに気が付かなかった」と悔しさをにじませている。

 父親によると、男子生徒は「勉強を頑張りたい」と自ら同校を選んだ。中学時代に学級対抗リレーの代表に選ばれるなど短距離走に自信があり、高校でも陸上部に入部。本を買って熱心にフォームを研究していた。遺書には「インターハイに出たい」とも記していたという。 昨年夏には出身中学の陸上部の練習に顔を出し、顧問には「部活動を頑張っています」と笑顔で話していた。単身赴任先から週末に戻る父親に「東京の大学に進んで、スポーツ医療や救急救命士をやりたい」と語っていた。

 小さな子の面倒もよくみた。年に数回、幼稚園のスポーツ教室の指導員としてキャンプなどに参加。3月はスキーを引率するはずだった。動物好きで、小学生の時には友人と傷ついたハトを手当てし、自分の布団に寝かせて看病したという。父親は「命を大切にする子だった。自分の命ももっと大切にしてほしかった」と肩を落とす。 遺書には「暴言、暴力、嫌がらせを浴びせられ、精神的に嫌になった」と書かれ、いじめにかかわっていたとする同級生7人の名前が挙げられていた。学校は14日に保護者説明会を開き、これまでの調査結果や再発防止策を説明したうえで、家族にも報告するという。 父親は「息子は正義感が強く、曲がったことが嫌いだった。いじめがどうしても許せなかったに違いない。一日も早く真相を解明してほしい」と話している。



3年男子いじめで転校 ネットに中傷、不登校 仙台・富沢中
12月13日7時2分配信 河北新報


 宮城県仙台市の中学3年男子生徒(15)が富沢中(太白区)に在校中の10月、インターネットの掲示板に多数回、名指しで「死ね」などと脅される書き込みをされたことが12日、分かった。生徒は不登校になり、翌月、別の学校に転校した。同中は複数の同級生らによるいじめと認めている。

 関係者によると、書き込みは同中関連の欄に10月5日から15日にかけて集中してあった。生徒の名前をフルネームで記し、「死ね死ね死ね」「キモい」「生きてる価値ない」「このまま登校拒否になってしまえ」などとひぼうしている。

 生徒は、本人名で反論する投稿をしたとのぬれぎぬを着せられ、数人の男の同級生から校内で顔をたたかれるなどの暴行を受けたという。
 生徒は体調を崩し、同月中旬から約1カ月間、不登校になった。家族は市教委に相談し、「受験を控え、不登校が続く状態は避けたい」と転校を申し入れた。市教委も容認し、11月中旬から市内の他校に通っている。

 いじめが始まったのは6月ごろで、同級生から陰口を言われたり、無視されたりしていった。生徒側は「いじめられる心当たりがない」と話している。
 同中は校内調査で、複数の同級生らが生徒を中傷する投稿をしたいじめと断定し、掲示板から該当記載を削除する手続きを取った。「誰が書き込みしたのかは特定できず、今後も調べる考えはない」(同中)という。

 書き込みをしたとされる同級生男子の親は河北新報社の取材に対し、投稿の事実を認め、「申し訳ないことをした」と謝っている。
 永野幸一校長は「対応に最善を尽くしたが、結果として、いじめを受けた生徒を守れず、転校を余儀なくさせ、残念だ」と話している。

◎仙台・中3 ネットでいじめ/悪意の言葉次々/見えない「加害者」

 「死ね死ね死ね死ね死ね―」「生きてる価値ない」。仙台市の中学3年男子生徒(15)が富沢中に在校中、インターネットの掲示板に悪口を書き込まれるいじめを受けた問題。掲示板には悪意に満ちた言葉が並んだ。

 生徒を中傷する書き込みが始まったのは10月2日。名字をイニシャルで示し、「クラスの人全員に嫌われてるらしい」と指摘した。
 「ここに○○○○いたら殺すぞー」。5日の投稿が生徒のフルネームを初めて挙げる。それ以降、内容が急に過激になり、「死ね。生きてる価値ない。むっつり。そーゆー奴が一番嫌われるんだよ」「死ね!うざい!キモい!」(ともに12日)と侮辱した。

 この日は「死ね」の文字を45回繰り返す記述も。15日は「このまま登校拒否になってしまえ」と突き放す投稿が載った。
 悪意の書き込みが始まった当初、生徒名で「何か、文句でもありますか??」と挑発する投稿があり、それをきっかけに書き込みがエスカレートした。関係者によると、挑発投稿の載った日時、生徒は部活動中で、投稿はぬれぎぬだという。
 同中は匿名の情報提供を受け、12日夜に書き込み欄を発見。15日に掲示板の運営会社を通じて削除した。投稿者は在校生とみられるが、いずれも匿名で、学校もはっきりと特定できない。ネットの匿名性が「加害者」をベールに包み込む結果になっている。
 この欄は同中の在校生が自由に投稿する場で、以前は学校生活の報告や運動大会への抱負などが載り、他人をひぼうする記載は見当たらなかったという。
 永野幸一校長は「学校関係者が心ない書き込みをしたのは間違いなく、全校集会などで再発防止を呼び掛けた」と話している。

(最終更新:12月13日7時2分)




<いじめ>「大人」の職場でも深刻 労働相談の2割近くに

 「大人のいじめ」もまん延してます――。日本労働弁護団(宮里邦雄会長)の実施する労働相談で、職場でのいじめに関する相談件数が全体の2割近くを占め続けている。内容も言葉のいじめから直接的な暴力まであり、弁護団は「子どものいじめ自殺が相次ぐ中、『子は親を映す鏡』というが、長時間労働などが職場にギスギスした雰囲気を生み、いじめにつながっているのでは」と分析。「14年間の相談活動の中で経験したことのない異常事態」と指摘している。
 弁護団によると、年間約2000件寄せられる相談のうち、いじめに関する相談の割合は04年に8%で、不払い残業(30%)や解雇(14.9%)などと比べて相談は少なかった。それが05年には17.7%と2倍以上に増加。06年も17.2%と高水準のままだ。これに伴って労災の相談では、従来のけがなどから「うつ病」の相談がほとんどを占めるようになった。
 20代のシステムエンジニアの男性の事例では、システムの完成が進まないことから「再教育」の名目で仕事と関係のない研修を受けさせられ、ひざげりなどの暴力を受けるようになり、うつ病となった。また、経理職だった女性は営業に回された上、けんしょう炎になるまで古い伝票を破る作業を延々とやらされたという。技術の未熟な若者や動きの鈍い人などが狙われるらしい。弁護団の棗一郎弁護士は「さまざまな形のいじめがある。法的措置で対抗もできるのでぜひ相談してほしい」と話している。
 弁護団は2日を中心に20都道府県で電話相談「労働トラブル110番」を実施。常設的な相談も行っており、問い合わせは弁護団(03・3251・4472)へ。【東海林智】
(毎日新聞) - 12月2日15時10分更新





日本の「Ijime」、ドイツで強い関心 連日報道
2006年11月25日08時00分(朝日新聞)

 いじめによる自殺や自殺予告が日本で相次いでいる問題について、ドイツの主要メディアが強い関心を寄せ、連日報道を続けている。日本語の「Ijime」という用語もそのまま引用され、「イジメ」と発音されている。ドイツでは移民問題や貧富差などに基づく子どもの暴力や差別が増えており、学校教育のあり方に関する論議を日本と重ね合わせているようだ。

 独公共放送ARDは16日「生徒の自殺、日本を揺らす」と題し、いじめ自殺をラジオや電子版で詳しく報じた。自殺した子が書いた遺書の内容を紹介するとともに、子供たちにいじめや自殺をしないよう政府などが盛んにメッセージを送る対応ぶりも伝えた。一方、日本で以前にもいじめが問題になったことに触れて「学校などが問題を軽視してきた」と批判した。

 15日付の全国紙ウェルト(電子版)は「肝心の問題は大人にある」と主張。「多くの親は子どもに良い子であることを求め、子どもは理想に沿おうとするためストレスを抱えている」とする教育関係者の分析を紹介した。同日付の有力誌シュピーゲル(電子版)も「(日本で)子どもはプレッシャーに苦しんでいる」と記し、ドイツでは子ども同士のいやがらせや暴力が問題となっているが、日本ではより陰湿な「仲間はずれ」という形で現れる、などと伝えた。





(投稿) ブログ名 (いじめ避難所)

オーストラリアのある学校での取り組み
海外ではいじめの問題をどうとらえ
どのように対応しようとしているのか
ここでは,オーストラリアの例を紹介したいと思う。

オーストラリアでは90年代の後半から
いじめが多くの子どもたちの心身の健康を損なっているという認識が広がり
学校でのいじめ対策を政府が支援してきた。

このうち, 取り組みを始めてから1年で
校内のいじめが14%減ったという小学校の事例である。

シドニー郊外の公立小学校。
5年前から学校をあげていじめの問題に
取り組み始めている。

校内のいたる所に
いじめ対策のポスターが貼られている。

「いじめは決して許さない!」

これがこの学校のいじめ対策の基本となっている。
きっかけは一人の男の子が
同級生によるいじめの標的となっていたことが発覚したことだった。

その後行われた調査で
全校児童の3人に2人がいじめられた経験があることがわかり
防止に向けた取り組みが始まった。

学校ではすべての子どもたちと誓約書を交わしている。
誓約書には次のようなことが書かれている。

・どんないじめもしないこと。
・いじめを黙認しないこと。
・いじめを見たら教師に伝えること。

この学校では「いじめは起こる」という前提のもと
いじめに向き合うことが, 問題の解決につながると考えている。

「いじめを隠さず, 率直に話し合うことにしています。
『話したら事態が悪化する』とは考えないことです。」

この日はいじめについて考える授業が行われた。
子どもたちが自分なりに考えたいじめを実際に演じてみる。
いじめを受ける側の気持ちを少しでも理解させるのが狙いだ。

授業では“いじめとは何か”について意見を出し合った。
この学校ではすべての学年で
1年に数回, こうした授業を行っている。
子どもたちの意識も次第に変わってきているという。

「いじめは起こる」という前提に立つこの学校では
早い段階でいじめを見つけることに特に力を入れている。
問題だと感じる行動があれば, すぐに指導する。
教師たちは常にノートを持ち歩き
子ども同士のトラブルやいじめにつかながる可能性のある言動を
すべて記録するようにしている。

いじめが深刻なものとなる前に
早い段階でその芽をつむ必要があると考えているためである。

「だれとも遊ばずに一人でいる子どもがいたら
問題がないか, 特に注意深く観察します。
いじめを示唆する最初の兆候ですから。」

しかし,こうした対策を講じていても
深刻ないじめが起きてしまった。

5年生のピーター君。
去年5月, 突然友だちにからかわれ始め
次第にクラス全員から無視されるなどのいじめを受けるようになった。
スポーツ万能で成績も良く, クラスの人気者だったピーター君。
弱みを見せてはいけないという気持ちもあって
学校にも両親にも,いじめを打ち明けなかった。

ピーター君の様子がおかしいことに気がついたのは
母親のキャシーさんだった。
なかなか話そうとしなかったピーター君から
ようやく事情を聞き出すことができた。

しかし「学校には言わないで」というピーター君の気持ちを尊重し
しばらく様子を見守っていた。

母親は次のように語っている。
「“学校に言えば状況はさらに悪くなる”とピーターは考えていたのでしょう。
どうしていいかわからず, 私も本当に苦しい思いをしました。」

いじめが始まって9ヶ月。
いっこうにいじめが収まらないことに,不安をつのらせたキャシーさん。
ついに学校に相談することにした。

それからの学校の対応は, 迅速だった。
お母さんから連絡を受けたのは,2月8日。
特に二人の男の子にいじめられているということだった。
そこで翌日すぐにピーター君と二人の男の子から事情を聞いた。

いじめがあった事実を把握した上で
その中心となっていた子どもたちと教師は話し合いを重ねた。
いじめをくり返してきた子どもたちに
ピーター君がどれだけ傷ついたのか
また, 人を傷つけることがどんなに重大なことなのかを
理解させたのである。

一方でピーター君には, いじめを隠さず知らせることは
事態の悪化ではなく, 解決につながると諭し
どんな小さなことでも, 相談するよう促した。

学校の対応から1週間で, ピーター君へのいじめはなくなった。
しかし, 学校は「まだまだいじめはなくならない」と言う。

学校の職員は語る。

「もちろんいじめは今でもある。
そう認めることが大事なのです。
いじめはあるが対策はとっているというのであれば,
それは健全な学校です。
いじめなんてないというのはむしろおかしい。
それを隠さず表に出して話し合うことが必要です。」

いじめがあることを認め, どんな小さないじめにも直ちに対応する。
深刻な事態に至る前に, いじめを止める。
学校の地道な取り組みが続いている。







毎日新聞 2006年12月6日 20時43分

世界の富:最も豊かな国は「日本」 国連大学公表
 国連大学の世界経済開発研究所(ヘルシンキ)が5日、「世界の富の分布」の研究成果を公表した。為替レートで計算した1人当たりの「富」では、日本が米国などを抜いて、最も豊かな国となった。また、わずか2%の金持ちが世界の富の半分を独占し、最も裕福な1%が世界の資産の40%を保有する一方、世界人口の半数を占める貧しい人々の資産を合計しても全体の1%に過ぎないとしている。研究によると、00年の世界中の家計の富(購買力平価ドル)を合計すると125兆ドルで、世界の国内総生産(GDP)合計値の3倍となった。1人当たり平均値は2万6000ドル(約300万円)だった。1人当たりの富を国別で見ると、日本が18万1000ドル(約2000万円)、米国14万4000ドル、英国12万7000ドルなど。ただし生活費の格差を調整した家計資産の比較で、日本は、スイス、英国、米国などを下回った。
一方、貧しい国では、コンゴ民主共和国180ドル、エチオピア193ドルで、日本との比較では1000分の1のレベルだった。【中尾卓司】

































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック