日本の子どもの「孤独感」は、先進国の中で最高という、この意味していること

画像


読売新聞によると、ユニセフが行った「幸福度」の調査の項目の中で、日本の子どもたちの「孤独感」は先進国中でずば抜けて高い29.8%だという。日本に続くのは10.3%のアイスランド、8.4%のポーランドと続いているそうだが、これは一体どういうことを意味しているのだろうか?それには、ユニセフが行った「幸福度」調査の指標内容を詳細に検討してみないとわからないが、ひとつ言えることは、日本の子どもたちは「孤独」というよりも他の存在から「孤立」しているということがあるのではないか?つまり他人とのコミュニケーションのとり方がうまくできなくなっているということ。これが意味していることはこれからの日本社会のありかたに大きな影響を与えるだろう。孤立感もいじめの大きな原因を作り出しているもののひとつかもしれない。
 「孤独は悪くないものだが、孤独がいいと話せる仲間がいるともっといい」という言葉がある。





読売新聞 (2007年2月14日20時54分)

【ジュネーブ=渡辺覚】国連児童基金(ユニセフ)は14日、先進国に住む子どもたちの「幸福度」に関する調査報告を発表した。それによると、子どもの意識をまとめた項目で、「孤独を感じる」と答えた日本の15歳の割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟25か国29・8%と、ずば抜けて高かった。日本に続くのはアイスランド(10・3%)とポーランド(8・4%)だった。また、「向上心」の指標として掲げた、「30歳になった時、どんな仕事についていると思いますか」との質問に対しては、「非熟練労働への従事」と答えた日本の15歳の割合は、25か国中最高の50・3%に達した。また日本は、親が働いていない家庭の割合が、先進国中で最も少ない0・4%。ところが、平均収入の5割を下回る家庭に暮らす「貧困児童」の割合は、14・3%にのぼり、最悪の米国(21・7%)から数えてワースト9位となり、子どもを持つ「ワーキングプア」の家庭が相当数に達していることが分かった。また、10冊未満の本しかない家庭の割合は9・8%で7位。「静かな勉強場所」「学習用のコンピューター」「ネット接続環境」など、教育環境の充実を象徴する8品目中、所有が6品目未満の家庭は53・3%にのぼり、ギリシャに次ぐワースト2位となった。


(絵ー田島和子)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック