なぜバニヤンの大木は燃やされたのか?

画像

画像

2003年頃、バニヤンの巨樹が消滅したという話を、パキスタンのラホールで友人から聞いたとき、初めは嘘かと思った。まさかそんなことはあり得ない。イスラマバードに生えていたブッダの木とも呼ばれたあの巨大なバニヤンの木だけは、永遠に生き続けるのではないかと思っていたからだ。
私は、識字教育の仕事で、1997年からイスラマバードのE7地区に3年半住んでいたことがあるが、近くの森にそびえていたバニヤンの巨樹は、私たちの魂や精神の大きな支えとなっていた。これは日本人だけでなく、アジアや世界の人々に共通する自然遺産への深い思いからだった。それは大人が10人で抱えるような大きなもので樹齢は千年以上とも言われていた。親しい友人が家を訪れたときには、決まってバニヤンの大樹を紹介した。東京から2050の会の方々が訪れた時には、写真のように10人で大きな輪を作ったこともある。

 私はこの巨樹を見るたびに親しい友人にでも会うような気持ちで、いつも心から「感謝」の気持ちで呼びかけていた。それは私だけではない。その木には大トカゲやリスなどの小動物も無数に寄生して平和に暮らしていたから。

ラホールから、急いでその地を再訪したとき、目にしたのは、森の中で真っ黒焦げになり哀しく横たわっているバニヤンの木の巨大な残骸であった。私は声を失った。黒焦げになった樹木は、天に向けて両手をあげ断末魔の声をあげて叫んでいるような姿に見えた。嗚呼!死にたくなかったのだ。苦しかったのだ。それは私の故郷の広島に原爆が落とされ多くの人々が死傷したときと同じような光景だった。しかも友人から「これは雷などの自然災害で黒焦げになったのではない。人為によって巨大な炎で焼き尽くされたのだ」ということを聞いて、さらに悲しくさらに恐ろしい気持ちになった。

この大木の近くには、マドラサというイスラム教の神学校が存在している。パキスタンの友人はこのマドラサの過激な学生によって実行されたのではないかということを仄めかした。確かにその数ヶ月前には、アフガニスタンの村ではアメリカの爆撃によって大勢の人々が殺され黒こげの死体となって村々に転がっていることが報道されている頃であったから、そうした爆撃に対して復讐の炎が学生によってこのバニヤンの木に燃え移ったとでもいうのだろうか?考えてみれば、アフガニスタンのバーミヤンの仏教遺跡は、タリバンの手によって徹底的に破壊されたことも記憶に新しいし、2001年の9.11ではニューヨークのテロによって多数の人々が犠牲にもなった。そして、この9.11を契機にアフガニスタンやイラクでは、アメリカによる戦争が始まり、際限なき自爆テロが広がっていっている。つまり地球のあちらこちらに焼け焦げた間の死体がこの大木の残骸のように転がっている悲しい時代が始まっている。このバニヤンの大木が壊滅したことはこれからの世界に無差別な殺戮が行われる前兆のように思えた。

人間だけが、宗教や民族や文化の違いというだけで容赦なく自然破壊を行っていく。自然には何の罪もない。自然は永遠に残さなければならないものだ。世界は、今や熱い思いで自然遺産の大切さを自覚し始めたというのに、1000年以上の歴史と大人が10人で両手を広げてやっと抱えることができたパキスタン最大のバニヤンの樹木を、なぜイスラマバードの森の中に残すことができなかったのか?

大木に火がかけられ燃やされたとき、その炎を闇夜の中で見たという人は、バニヤンの木は闇の中で巨大な炎となって苦しみのたうちまわっていたと報告した。その姿を想像するとき私の悲しみはさらに深くなった。宗派を超えてこの木を愛していた多くの人々も恐らく同じ思いであったろう。私は、悲しみにひたりながらも巨大な木炭の山の傍らで、小さなバニヤンの若芽が育っているのを見つけた。その光景は、原爆にあった後、広島の人々が立ち上がる姿にも似たものだった。しかしその芽も無惨に刈り取られたようだったと友人は言う。バニヤンの若木が、この地に再度パキスタンの若者たちによって植えられていくことを祈っている。

「バニヤンの大樹よ。あなたは、千年以上もの長い間、大きな枝や根をどこまでも広げ、素晴らしい自然を形成し、人間の歴史や環境を優しく、時には厳しく人間たちを見つめてきました。ありがとう!しかし今、あなたは人間の愚かな文明の犠牲になって、倒されてしまった。すみません。あなたを大切に保護することができなくて。私たちは今、あなたに深い感謝と哀悼の思いを捧げます。人々が平和な精神と寛容の心で、常に理解しながら暮せていけるように・・自然や世界を決して滅ぼさないように・・・バニヤンの若木よ!たくましく育っておくれ!パキスタンの子どもたちや世界の子どもの未来に向けて!平和あれ!」と

画像



画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック