「北京オリンピック」をめぐってのホットな討論集(NO.4)

ーaraさんは「アフリカ、南アメリカ、アジアの小国、オセアニア、みんな声を上げていますか・・・よく、理解すべきです。」と言いますが、これらの国々は、中国によって援助付けになった国々ではありませんか? 資源外交がアフリカをめぐって中国によって行われているのは有名ですし、オセアニア地域だけでなく太平洋地域全般は、中国が進出していてどこでも超有名でしょう。それにミャンマーにしても、アジアの小国にしても、国連で一票をもっている国々には、中国はすべて援助漬けのひも付きをやっているのは誰だって知っていますよ。これらの小国は、大国中国が怖くてなにも表明できないのです。に特にミャンマーへの軍事的、経済的なアドバイスは、ミャンマーの軍事政権を助けている核心です。 yamani
2008/04/18 14:47

ーチベットには観光でいきました。素晴らしい体験でした。ネパールのカトマンドゥを基点に、ニャラムーラツェーシガツェーギャンツェーラサへの旅。今度旅行記を載せますね。そして旅行で会った人々や通訳を通じて彼らと話したことなど・・・・・ NEEM
2008/04/18 09:38

ーaraさん!「聖火リレーを邪魔しているのは暴力です。」と言いますが、あれはロンドンでもパリでもアメリカでも大した表現行為ではありません。あれは暴力ではありません。反対の示威行為ですよ。デモ隊は、中国の軍隊のように鉄砲を使いましたか?それで容赦なく実弾を発射しましたか?あるいは鉄材や角材で殴りこみをやりましたか? いいえ・・・「国境なき記者団」も多くの反対者もは、そうしたことは全くやっていません。インドのチベット難民の若者が、暴力を振るったというのも聞いたことがありません。民主主義社会では、デモをする権利は認められているのです。偽りの「聖火」が通り過ぎていくときには、だれだってトーチを分捕りたい気持ちになるのは当然でしょう!! yamani
2008/04/18 14:02


4月18日、善光寺と実行委が会見して明らかにしたそうです。寺の事務局は「文化財や信者を守らなければならない。また、チベット人の人権への弾圧が行われていることについて同じ仏教徒として憂慮した」と理由を述べたそうです。これは仏教徒としてはごく自然な気持ちですね。大賛成!物欲に目がくらんで、「聖火」をもって走る仏教徒なんて考えただけでも気色悪いです。やった!! 真由美
2008/04/18 15:10
「善光寺が聖火リレーの出発地を辞退したということ・・・」その理由として、「チベット人の人権への弾圧が行われていることについて、同じ仏教徒として憂慮した」そうです。こうした広がりは、これからも野火のように広がっていきます。araさん!こうやって中国は破綻していくんですよ。 Neem
2008/04/18 15:15
新聞報道では、18日会見した善光寺が、「文化財と一般信者を守る安全上の責任がある」と述べたうえで、中国のチベットへの「弾圧」について触れ「五輪憲章は人種や宗教、イデオロギーを超えた平等の理念がある憲章だと考えている。宗教(仏教)の寺として信者の声をくんだ」と述べている。つまり、チベット仏教徒と連帯したわけだよ。そりゃあそうだよね。当然だよ。日本政府は、中国政府から遣わされた青い服の男たちとだけ連帯するのだからね。 kai
2008/04/18 16:06
真由美さん!
中国が破綻するんですか・・・破綻してどうなるんですか?
有り得ないことですが、あなたの中にあるとするならば、その後の動乱に対してはどうするんですか・・・?チベットを国際社会が独立させるのですか?何をバカな惚けたことをおっしゃるんですか・・・・
小さな戦争であるこの紛争を何もオリンピックを出しにするな!と、言ってるのですよ、話し合いならこんなことしなくとも、出来るでしょ、と言ってるのです。こんなことをすれば、逆効果であることが理解できませんか・・・・これではダライラマさんは当分チベットには帰れません。
チベット政府が、中国人で占められているならば余計、とんでもない話になるのです。
いい加減分かりなさいよ!・・・・
歴史の中では「亡命チベット人の動乱」でしかないのです。

ara
2008/04/18 19:32
真上さん!
お一人増えましたね、いいでしょ、面倒見ましょ・・・
「平和祈念のともしび」をあなたは見たくないのですね、それならついでに中国オリンピックも見ないことをお勧めします。
なんだかんだ言っても、間接的支持になってしまいますから・・・・ ara
2008/04/18 19:37
真由美さん!
あなたがそもそも「人権」なるものをどの程度理解なさっているのか存知ませんが、中国の言論現状認識のレベルを見るからに、あまり識見を有しているとはとても思えませんですね・・・・
中国の言論統制を、かつての日本の体験した全体社会時代の言論統制とダブついて見ているのではないですか・・・・?
<中国ではオリンピックの反対者は許されていないでしょ?有無を言わせずに、すべての人は口を塞がれているのです。政府と同じコメントだけが個人に許されている国でのオリンピックを、北京で開催すべきではなかったのです>
あまりに無知蒙昧の発言です。自分の中だけの「憶測」が蔓延しています。 ara
2008/04/18 19:45
真由美さん!
オリンピックを見ないことで・・・結構です。
それであなたの発言の筋が通ります。他の方々もそうすべきです。
中国もフランススーパーでの不買運動をしようとしています、それで良いのです、それが静かなる抵抗なのです、平和の主張なのです。
決して、腕力で言い分を伝えようと画策してはいけません、それは「戦争や紛争」と言う考え方の基本形なのです。
日本国憲法の9条で謳っていますね・・・・武力で解決しようとしてはならない・・・・・と・・・ ara
2008/04/18 19:55
HEEMさん!
アメリカで狂牛病の問題が発生しました。今どうなっていますかね?解決しましたかね?
日本でも今のいままで、いろいろな難問題が発生しましたね・・・
これからも起こらないという保証は全くありませんね、どうですか?
遺伝子組み換えなぞ、その不安感は常に付き纏っていますが、どうしましょう・・・・?
人間社会、文明が進むに従って、食物の問題点は常に表裏一体なのですが、あなたの中国一辺倒への攻撃するだけでは、恐らく解決への道しるべなどできようもありませんね・・・・
これらは中国だけの問題ではないのです。輸入に頼らざるを得ない日本もその責任の一端を担っているのです。
中国が駄目だから、じゃ他の国から・・・と言える現状ではないのです。
中国を悪者にしていれば良いと考える生易しい問題ではないのです。
あなたには日本国民のことなど考える責任もないのですから、気軽な気持ちで相手を糾弾できるのでしょうが、実際には困難な問題なのです。
中国の餃子はアフリカにも売れます。
怪しい食品は海外の何処からでも来ます、国内産でも完璧に安全などありません、全ての食品は疑った方が賢明です。 ara
2008/04/18 20:20
yamaniさん!
あれが暴力行為ではないのですか・・・・
最初の日は、暴徒が車を焼こうが、あちこちで火の手が上がろうが、投石、一般中国人への棒での暴行をしようが、略奪をしようが、中国治安部隊はデモを静観していたそうです・・・外国の観光客やらが証言しています。
二日目から鎮圧に動いたそうです。
まあ、初日は首謀者らしき人物を特定していたのかも知れませんが・・・?
偽りの聖火だから・・・・?分捕りたい・・・・
どんな権利があるのですか?偽りの聖火を世界中の人がつなげようと走っているのですか・・・・?偽りの聖火と思っているのはあなた方だけなのではないですか?そうは一度も思ったことがないのですか? ara
2008/04/18 20:32
yamaniさん!
いみじくも良く言ってくださいました。
それが影響力と言うのです、日本も真似ををして、今度アフリカ首脳を集めるらしいです、お金もないのに・・・(貧乏人に苦労させて)です。
どうしても常任理事国になりたいらしいです、遅ればせながらさすが真似国家日本です・・・欧州が騒いだのは、何の特典もないからでしょう・・・と、いうことが分かります、だから主にヨーロッパだけなのです。
彼ら、英、仏、独自身の影響力を推し量ろうと開幕欠席を表明してみたが、思ったよりも世界が動かないことに、自身の力量を自ら知ることになるのです。今や彼らの国よりも、露、中、印であるのです。これらは生産、消費人口も面積もその収容能力は抜群なのです。

ara
2008/04/18 20:47
真由美さん!
私ははじめから何ゆえ善光寺が選択されているのか?疑問でした。
あなたはとても喜んでおりますが、今頃になって取りやめる、という意味を何も考えておりませんね・・・・おめでたいお方です・・・・
理由など後から自民党のように、とってつけることなど容易いものです。 ara
2008/04/18 20:52
Neemさん!
あなたも同じでしたか・・・・
線香花火にならなければ良いですが・・・・
後はアルカイダがありますが、中国との関係性はどうなんでしょうか?それの方が大問題です。
開会式に首脳など不必要なのです。今の世界を牛じっているのは、アメリカ、ロシア、中国ですから・・・・この三国の首脳さえ出席すれば事足りるのです、それが世界平和の道標なのです。 ara
2008/04/18 20:59
kaiさん!
あなたも同列ですね、私は善光寺を出発するのは変だと思いますね、
ただ長野と言えば、「善光寺」とくるからということでしょうが、簡単に言えばそんな大義名分ではなく、単に狭い道路を警備するのが大変だから、ということを警察からも言われているからでしょう・・・・多分、逆に聖火を消すことになっては絶対にいかん!とする責任感からであることの方が強いと思う・・・・
「靖国」という映画を右翼の威嚇と脅迫で、中止するのと良く似てるワイ!
誰が「ペンは剣よりも強し」と言ったのだ!
実際には負けているではないか・・・・・
ara
2008/04/18 21:09
「善光寺」がなぜ聖火の出発点になっていたのかその理由は、よくわかりませんが(おそらく歴史的にも人々に最も親しまれてきた名刹だからでしょうが)、聖火の基点をとりやめたのは、実はチベット仏教との連携ですよ。仏教徒としての連帯です。チベットを弾圧して、殺戮を繰り返す中国政府に対する抗議の形として、善光寺は開催を拒絶したわけで、警備の困難さなどの問題ではありません。名目上は警備や国宝などの重要建築物などがあるからとしておりますが、檀家の人々や心ある関係者が、同じ仏教徒として、聖火などという偽りの松明が境内を汚すのを避けたというのが本音なのですよ。ですから靖国の映画上映中止などとは異なります。こうした上映会は、右翼の妨害があったにせよ積極的に推進していかなければいけませんが、聖火リレーなどはやる必要はないのです。聖火とは、人々の平和の魂が本当に燃えない限りは、意味がないのです。北京オリンピックから、聖火はやめましょう! kai
2008/04/18 22:28
なんという大国主義の発想!!驚きますね。本音の披露ですね。アメリカ、ロシア、中国と言う3カ国の首脳が出席すれば、事足りるという発想は、実にお粗末な考えですね。もっとも、アメリカのブッシュ大統領は、おそらく欠席することになるでしょうが・・・・ですからどうぞ、ロシアと中国だけの2カ国の首脳による開会式を盛大にやったらいかがですか?開会式などは、国力を見せ付ける場ではないのですよ。そうであってはならないのです。開会式は、スポーツの祭典として、機能すべきで、軍事力や経済力を披瀝する強大な国を見せ付ける祭典ではないのです。あなたのように、なにもわかっていないところが、現在の北京オリンピックの悲劇なのです。 Neem
2008/04/18 22:36
araさんは、「中国もフランススーパーでの不買運動をしようとしています、それで良いのです、それが静かなる抵抗なのです、平和の主張なのです。」と言いますが、これは中国政府によって、背後から計画的に主導された不買運動と違いますか?いつもそうですね。中国の人々の顔が見えません!フランスのスーパーの不買運動が広がると、その大きなダメージは、フランスには直接響きませんよ。すべてが中国の責任として、世界中が記憶するのです。特にフランスの若者たちが中国に対する嫌悪感を持ち始めると、中国製品に対する不買運動がいっせいに始まるのですよ。要注意です。本当に恐ろしい崩壊が始まっていくのです。中国は、大国だからと威張らないほうがいいですよ。21世紀はどのような国家も大したことはありません。「張子の虎」の中国がいくら吠えても誰も怖がりませんからね。
真由美
2008/04/18 22:46
中国だけを悪者にしているのではありませんが・・・・中国は、大国になっても、決して責任をとらない国だからです。13億人もいるのに、意見はいつもひとつだけー政府のスポークスマンがしゃべることと同じ事をどのような個人も表明しますね。個人の存在がいないのです。許されていないのです。こういう状況では、健全な精神は宿りません! HEEM
2008/04/18 22:53
中国が破綻するというのは、中国の現政権の執行部が破綻するということで、中国が消えてなくなるわけでもありません。ご安心を!!ただ政治改革が、現在の執行部やシステムに大胆に必要だと思っているだけです。資本主義社会を目指して、ひたすらに競争原理をとりいれても、自由主義だけは絶対に取り入れずに、がっちりと共産主義政権が握っているのですからーーーどう考えても破綻が押し寄せてくるのです。物言えば唇寒しでは21世紀には生き残れないのですから! 真由美
2008/04/18 22:59
araさんは、オリンッピクを見たくて見たくてしょうがないのかも知れませんが、わたしは、平和なチベットを見たくて見たくてしようがありません。人が、飛んだり走ったりすることはどうでもいいのです。10万人を超えるチベット難民が、ヒマラヤを越えて、インドで暮らしている厳しい現実こそ改善されないといけないのではないですか?国威の発揚としてのスポーツの祭典ーオリンピックはもうやめましょう!石原都知事は、東京へオリンピックを招致しようとしていますが、意味がありません。東京オリンピックにも反対です。 真上
2008/04/18 23:23
みなさん、似たような発想で同じような内容をおっしゃっているので、ここでは別々にする意味はありませんから、失礼ながら纏めます。
私がいくら言っても、誰も、中国の弾圧なり、人権抑圧なり、独立なりの実情を言ってはくれません。
私が知らない歴史の詳しい中身を語ってはいません。
全ての皆さんは、中国非難を主張するだけです、これは何処のブログへ行っても同じことの繰り返しです。
私はチベットの中国反発人たちが迫害を受けるに至った、実際の経緯というものが知りたいと思っています。
私の歴史感はそれらの経緯のおぼろげながらの断片しか伝わってはこないのです。
多分、みなさんもそうなのでありましょう・・・・
中国の、チベットのほとんどの方々もそうでありましょう。
いや、チベット人たちは置かれている状況が良く分かっている、語ってくれた、と、おっしゃる方もいるのかも知れませんが、逆にその実際が語れるのは、言論統制がそれほど無い、事の証明ともとれるのです。
私がそのようなことらしい?ことを理解しているのは、ユーチューブの動画ですが、それとても事の真相は定かではないのです。
ara
2008/04/19 06:32
kaiさん!
やっと反論らしき内容のあるものを拝見しました。
しかしそれなら、今頃になって逆になんで・・・・?と、思うしかないではありませんか・・・・
そのようなことは前々からわかってもいた筈ですね、檀家の方々からの圧力が強かったのではないでしょうか・・・・?
チベット云々があってもやるつもりだったと思いますよ、私は・・・・
あなたは理屈も無く徹底して兎に角「反対」なのですね?
議論にはなりませんね・・・・
Neemさん!
アメリカブッシュさんが出るか出ないか、面白いですね、お互いに見守りましょう・・・・
国力を見せ付けなくとも、影響力の強さを「知る」場なのです。葬式にどの位の、とんな立場の人がきたか?という下世話な話題なのです。
つまんない議論ですね・・・・ ara
2008/04/19 06:49
真由美さん!
政府の音頭でもそうでなくともいいのですよ、問題は静かなる抵抗が大事なのです。暴力で紛争を解決しようとするな!と、言っているのです。
言わんとする内容を良く把握してくださいな。
共産主義が嫌いで無理だって言うのは分かりました。その根拠を指摘してください・・・何故失敗に至ると思うのか、を・・・・です。
HEEMさん!
今、中国は成長真っ只中にいます。日本の成長時どうでしたか?・・・・
つまり、同じ考え方、お金が世の中に蔓延していたからバブルに気がつかなかったのではないですか・・・・外国から見れば、日本ほど個人が見えなかったのはなかったのです。     人の振り見て我が・・・・・ですね。
真上さん!
東京オリンピックはさておいて、インドで暮らすチベット難民ですが、独立とか攻撃とか、過激な行動に走らなければ戻る道もあったのです。それこそ根回しを効果的にすれば道は開けるのです、と、言うより、何ゆえそのようにならざるを得なかったのか?を探る必要があるでしょう・・・
単に中国が一方的に追い出した、とは考え難いのです。

ara
2008/04/19 07:13
ヒマラヤの雪山を越えて、インドに亡命するチベット難民の命の逃避行ーかれらが漢民族に祖国を奪われて彷徨う姿は実に哀れですね。世界の人々が同情しているのです。araさんが、なんと言って、中国政府の代弁をしようとも、歴史の流れは止まりません。ベルリンの壁が崩壊したように、人の意識がこの問題を解決するでしょう。そしてその速度が速まっているだけです。青蔵鉄道で、漢民族の商売人や世界の観光客を運んでは、天然資源の獲り放題をやっていても、それもやがてはストップがかかるでしょう!中国がやりたい放題のことをやろうとしても、それは不可能です。たった小さな聖火を満足に運ぶことすらできないのに・・・つまり北京オリンピック以降、中国の成長が完全にストップしてしまうのです。つまり中国の成長とは、ことごとく外資によってなされているもので、自国の資本ではありませんからね。砂上楼閣なのですよ。ですから世界の人々が批判を始めたとき、目には見えない瓦解が始まっていくのですよ。世界の人々の信頼を得ておかないと21世紀には生き残れないのですよ。ベルリンの壁でなくて、いまやチベットの壁が崩壊しようとしているのです。見えませんか? Heem
2008/04/19 09:16
アメリカのブッシュ大統領が、果して開会式に出られるかどうか、これは面白い見ものです。本人は対中国外交などを考えて出たいと思うでしょうが、アメリカの政治環境はそうではありません。そして7割の人々は反対しているでしょう。もちろん共和党の大統領候補もも民主党の二人の候補も大反対ですからね。それを乗り越えて開会式に出席しようとするのは、賢明なことではなく、「馬鹿」のやることですが、ブッシュ大統領が、果して、ここで「賢明」な選択ができるかどうか、じっと見守ってみましょう!私は99%出席できなくなると見ています。すでに彼は国民によって、羽交い絞めされているのですよ。 kai
2008/04/19 09:24
「静かなる抵抗・・・・?」なんですか?それは?銃剣でチベットの人々を押さえつけては弾圧しておいて、よく平気でそういうことが言えますね。チベットの人々が銃で武装していますか?いいえ、非武装ですよ。彼らは何十年も非武装のままで抵抗してきているのです。仏教徒ですからね。しかし、今回のフランスのスーパーへの攻撃だって、政府が手を回したすべて政府の息のかかった官製のものであるのは、誰だって知っています。そしてその攻撃をストップさせようとしているのも官製ですね。本当に中国の人々はかわいそうです。なんの実情も知らされていなくて、とにかくいつも当局によって踊らされているのですから・・・そうしたイデオロギーによる統制や広報をもとに思考するのが習慣的になっていますからね。わたし、そういう体制が信じられないのです。 真由美
2008/04/19 09:34
チベットの歴史!それは図書館へ行けば山のようにありますよ。どのような悲惨な歴史がチベットで作られてきたか?しかし問題は、どちらの側から、チベットの歴史を見るからですね。araさんのように、漢民族の支配者の側から見る見方と、チベットの人々の側から、つまり被支配者の側から見るのと、全く歴史の内容は異なりますからね。チベット歴史とは、現在では、漢民族の支配者による強者による解釈なのですからね。なんとでもいえますよ。封建時代にどれだけ過酷な搾取がチベットで行われていたかとか、そして欧米の植民地主義者がどれだけチベットを支配しようとして触手を伸ばしていたとか(これは事実ですが)・・などなどこうした状況を解放するために、毛沢東がチベットを併合したなどとなんとでも言えるのです。解釈できるのです。しかしこれまで言い続けてきたことの中国側の虚偽が、現在、世界中で問題になっているのです。10万人もの難民を追い出して建国したチベット・・・・ NEEM
2008/04/19 09:47
オリンピックの開会式をaraさんは、「国力を見せ付けなくとも、影響力の強さを「知る」場なのです。葬式にどの位の、とんな立場の人がきたか?という下世話な話題なのです。」と言っていますが、おもしろくない基準ですね。そうそう・・中国は、今回のオリンピックを影響力の大きさを見せ付ける場としてだけ考えていますね!!!!金メダルの数だってそうでしょう?要するにまだ中国は大航海時代の頭(ブレーン)なんですね。21世紀に必要なグローバルで人類協調の時代を生きているのではないのですね。「どうだ!!中国はすごいだろう!やはり中華思想が世界で一番!」と言いながら、北京オリンピックの鳥の巣に世界中から、たくさんの鳥が飛んでやってくるのでしょうが・・・飛んでくる鳥はすべてカラスですよ。平和の鳩はいませんからね。
真下和子
2008/04/19 09:54
えっ!驚くこと驚くこと!2000人も在日の中国の学生が、長野の聖火リレーを守るために集合するって、本当ですか?どう考えてもこれはおかしな現象ですね!愛国主義というか、国粋主義者というか、聖火を守る必要があれば、日本の警察がしっかり守りますよ。考えてもみて下さいな。聖火の種火は厳重に管理しているのですから、消えることはないでしょうが、仮に運ばれているとき聖火が転んでも大したことではないのでは?それよりもこうした儀式を支持していないひとが善光寺を初め、全世界にたくさんいることを知っておいて下さい。EUだってそうです。アメリカ次期大統領候補のオバマさん、クリントンさんも同じ考えですよ。中国がよくないといっているのではありません。中国のチベット政策が誤っていると言っているのです。 真由美
2008/04/19 12:39
私はどちらかというと、これまではずっと中国を支持してきた立場なのですが、今回のチベット問題では、中国の立場は絶対に支持できませんね。13億人という巨大な人口や経済力をバックにして、新しい地球覇権を狙っているような気がするのです。ですからいずれ、宇宙を征服しようとする帝国主義アメリカとぶつかるのでしょうが、そのこともあって、宇宙で衛星攻撃実験を繰り返していましたね。中国の人々が、このような意識をもちながら、オリンピックを開催しているのではないですか?宇宙は中国のものではありません。そしてチベットも中国のものでもありません! kai
2008/04/19 12:49
araさん!あなたは、どうしたらチベットが、中国の中にいて、きちんと高度の自治をもてるようになると思いますか?どうしたらダライラマ14世と話し合いに入れると思いますか?中国側は「オリンピックを妨害したり、暴力行為をやめること」を条件にしていますが、そうした条件はすべてクリアーしているではありませんか?銃剣でチベットの人々を殺したのは、チベットの人々ではありません。暴動を誘発させたのは、もちろんXXXXXですね。 kai
2008/04/19 12:55
1989年にチベットで起きた大規模な反政府暴動を鎮圧したことで出世した胡錦濤国家主席は、チベット人の目に「強硬な人物」として映っている。胡主席は89年3月にラサで起きた流血デモを鎮圧した功績で、中央の政治局常務委員に抜てきされ、最高指導者にまで登りつめた胡主席がチベット自治区の共産党委書記を務めたのは88年12月から92年10月まで。胡氏をチベットに送ったのは当時の趙紫陽総書記だった。胡氏は89年3月に発生した大規模暴動で鉄かぶとを被り、戒厳部隊の兵士とラサ市内を視察する様子が、「西蔵日報」に載り、当時の実力者トウ小平氏から高い評価を受け、権力中枢への階段を駆け上がった。胡氏の前任の同自治区党委書記8人はいずれも軍出身で、趙紫陽総書記はチベットに対する融和政策を取るため、初めて軍出身ではない胡氏を自治区のトップに据えた。しかし、胡氏はラサの伝統的な宗教行事の最終日の独立要求デモに戒厳令で臨んだ。胡氏はその後、チベットで硬軟織り交ぜた政策を取ったが、チベット人には「強硬」なイメージが焼き付いた。(朝鮮日報)
KTM
2008/04/19 15:08
日本人を甘くみたらいかんで!日本ではシーソーのようにいつも右翼と左翼がやりあっていますからね。「靖国」問題も例にもれません。そんなに簡単に、右翼の脅迫やられるような日本ではありませんから。「すぐにマスコミなどの報道で「靖国」という映画を右翼の威嚇と脅迫で、中止するのと良く似てるワイ!誰が「ペンは剣よりも強し」と言ったのだ!実際には負けているではないか・・・・・」とaraさんは、言いますが、これだけでもマスコミできちんと報道できるのは、やはりペンの国ー日本なのですよ。そして「靖国」の上映を全国で始めようとする運動が起きていますからね。最低20館以上で上映されますからね。もし中国で同じようなことが起きたら?関係者は全員、捕まって牢獄行きですね。ペンは生きている国です。
NEEM
2008/04/19 16:31
日本人を甘くみたらいかんで!日本ではシーソーのようにいつも右翼と左翼がやりあっていますからね。「靖国」問題も例にもれません。そんなに簡単に、右翼の脅迫やられるような日本ではありませんから。「すぐにマスコミなどの報道で「靖国」という映画を右翼の威嚇と脅迫で、中止するのと良く似てるワイ!誰が「ペンは剣よりも強し」と言ったのだ!実際には負けているではないか・・・・・」とaraさんは、言いますが、これだけでもマスコミできちんと報道できるのは、やはりペンの国ー日本なのですよ。そして「靖国」の上映を全国で始めようとする運動が起きていますからね。最低20館以上で上映されますからね。もし中国で同じようなことが起きたら?関係者は全員、捕まって牢獄行きですね。ペンは生きている国です。
NEEM
2008/04/19 16:31
私はいつも思うです。現代には新しい三国志が必要ではないかと・・・その三国志とは、日本と中国と韓国との三ヶ国で21世紀をリードしていくことが必要ではないかと、・・・・でも現実はそれぞれの国は、それぞれの深刻な課題を抱えていますからね。容易ではありません。中国の力と、日本の知恵と、そして韓国の情熱が力を合わせれば、大概の課題は解決できますからね。もう欧米やロシアなどに傾いたやりかたではなくて、この3カ国が仲良くなる戦略を望んでいます。そのためにもチベット問題は、真摯に解決してほしいものですね。^L^ 真由美
2008/04/19 19:07
真由美さん!そんな夢みたいなこと実現できるわけないでしょ!お互いの国々はもう無茶苦茶な競争ですから・・・でも私の友人には中国にも韓国にも本当に素晴らしい友だちがいますからね、個人のレベルではすでに三国志をやっているのですよ。お互い仲良くしたいです。歴史的に言っても我々兄弟みたいなものですから。。。 Heem
2008/04/19 19:11
Heemさん!
中国人に奪われて、と申しますが、大半の方々はそうではないでしょ、多くはダライラマさんに心酔していた訳ですから、ダライラマさんを追って峠越えをした、というのが正解ではありませんか・・・・
変な解釈をしないでください。
あなたのおっしゃる中国の崩壊シナリオの根拠が相変わらず指摘できておりません・・・・あなたの話は荒唐無稽で推測の域を脱していない。
あなたが、そのような考えに至った理由を素直に書いてください・・・・
外資によって中国経済が維持されているから、といってどうして崩壊に至るのか?投資をしてくれるのは将来性を見込んでいるからであって、利益還元があるからなのですよ・・・・
まあ、あなたの言いたいことは、つまり、いつでも資金を引き揚げられてしまう、と言うことだ!と思いますが、残念ながらそれは的外れです。
そんな程度のことでしたら、米国も、豪も、アジア各国も、印も、日も、露も、中国を軽視してしまいます。考え方に甘さがあります。あなたの瓦解とやらを唱えたがる希望的観測は、どのような筋からでるものでしょうか・・・・?
ara
2008/04/19 22:21
kaiさん!
米国大統領の出欠など、面白くはありません。
民主党の候補たちは、候補であって、トップに立てばまた考え方が違ってくるのですよ・・・分かりませんか?
開会式に出席するのは「馬鹿」ですか・・・・?何とも・・・・ですね。
真由美さん!
相変わらず全部、中国政府の音頭にしてしまいますか・・・・
チベット人の反中国の方たちは、推定ですが、アメリカのゲリラ訓練をしていたと思います、
と言う私の洞察根拠は、アジアに於けるアメリカの対共産主義(赤化)の防止を積極的に推進していたからです。
それが丁度チベット動乱時とときを同じくして、朝鮮動乱が起こっていたからです。共産主義の南下をなんとしても防がねばならなかったのです。そんな折に、チベットゲリラが抵抗運動の矢面に立って戦ったのです。それが結局虐殺を招く結果になったのだと思われます。
このような実のある、語り甲斐のある、意見があなたや他の方々にも欲しいものです。アメリカのバックアップは当然に武器を擁していたのです。
今回の騒乱ではアメリカの後ろ盾はありませんから・・・・

ara
2008/04/19 22:44
NEEMさん!
中国人から見る、チベット人から見る・・・・
あなたが「韓民族」とひとつの民族だけが悪者であるが如きの表現方法を取ることにすでに「歪み」が露呈されるのです。
中国は他民族国家体制であるのです。いかにも他の民族はいないような如くの捉え方をしているようでは、イビツと思われても仕方がないでしょう・・・・あなたは中国によるチベットの開発がどのように行われているか、また開発の毎年の計上予算がどのように伸びているのか、減っているのか、ご存知ですか?収支はどうなっているのか?分かっているのですか?日本にも北海道開発庁が、沖縄開発庁が今しがたまであります、ありました。そういうことを知ってからチベットを考えましょう・・・・
中国がチベットにどのように働きかけをしているのか、それらが分からなければ、軽々しく言うべきではありません・・・・
ara
2008/04/19 23:00
真下さん!
あなたは女性だから良く分かるでしょう・・・・
人間は、大概イベント好きなのです。
お祭りが好き・・・・なのです。
いい格好しぃーなのです。
トランプや花札で、オイチョカブってありますね、余裕のある人は、親をやりたがるのです。余裕がなくなると子供に甘んじるのです。
そして、いつか又、親になって稼ぎたいと思うのです。
オリンピックはちょうどそれに似ています。
どんな時代になろうとも、人間の根幹は変わりません・・・・ ara
2008/04/19 23:13
kaiさん!
だから何回も言うように、今回の騒乱でのダライラマさんの謝罪は絶対必要なものです。それがなければ相容れないでしょう・・・仲介としては、プーチンさんしかいません、中国のコキントウさんが話しを聞けるのはプーチンさんだけです。
大国中国に恥をかかせたのはダライラマさんですから、それに対しての謝罪は仕方の無いものです。それ以外中国は応じないでしょう・・・・
騒乱とか、問題を引き起こす恐れのある人間を、わざわざチベットに迎い入れることなど、出来ようもありません。
宗教の絶対思想は、チベット仏教に限らず、中国人ならばその結束性には恐れを抱くのです。
ara
2008/04/19 23:32
KTMさん!
やっとそれらしい内容のあるものを書いてくださる方が現れましたね・・・・
中国が常に敵対意識でチベットを見ている訳でもないのに、こちらの方々は、中国を常に斜めに読んで書いています。
チベットを開発しようとしていることは確かでしょうが、開発の仕方にもそれぞれあって、観光開発があれば、資源開発もあるでしょうし、軍事基地としての活用もあれば、宇宙開発の拠点としての役割もあるでしょう・・・それをいかにも悪いことのみを表すことしかできない人には、チベットを語る資格なしとみるが、如何だろうか・・・・?

ara
2008/04/19 23:43
NEEMさん!
それはよござんした。
しかしねえ、現実は51位ですよ、天皇を取り上げた映画って無いでしょ、警察をコケにしたのも無いでしょ、日本を悪者にした映画、戦争映画もほとんど無いでしょ、宗教は絶対駄目でしょ、米国では何年かすると、政治の重要な局面など発表されますが、日本ではポイントは隠すでしょ、日本を批判する映画などとてもじゃないが、ムリですね。
日本ほど「隠蔽体質」の国はないですから・・・・
教科書だって都合よく、日本おべんちゃら主義で表現させようとしますから・・・・
それが現実の現実です。
ara
2008/04/19 23:54
日本が隠蔽体質であるのは認めます。教科書問題にしても、従軍慰安婦の問題にしても、歴史の中で日本が「おべんちゃら主義」や「隠蔽体質」であるであるのもはっきりと認めますよ。それは多くの人が認めていますよ。しかし驚いたことに、araさんは、「日本を悪者にした映画はないでしょ」と言われますが、あなたがなにも知らないだけです。天皇制にしても、宗教にしても、演劇にしても、自己批判の視点から作成されているものはさまざまにあります。もちろん徹底していない批判にはなってはいますが、それにしても、現在の中国では、こうした視点はおろか、政府批判は絶対に許されていないでしょ。批判は絶対に許されない中国の存在が問題なのです。「靖国」の映画だって、中国人の監督によるものを日本が補助した映画ですが、中国で果して考えられますか?みな判で押したような太鼓持ちのイデオロギー社会ですから・・・・ NEEM
2008/04/20 16:39
(続く)そういうとすぐにaraさんは、社会主義社会だからと逃げますがね。卑怯ですね。もうそういう常套の逃げ言葉では、世界の世論が許さないのですよ。聖火の問題を機にして、フランスのスーパーを、若者を動員して叩くやりかたも、世界は驚いているのです。中国を批判すると、こういう形の報復にみんな怖れているのです。・・でもこうした汚いやりかたを世界の若者は忘れないでしょう!どんなに酷いチベット政策をやっているのか実感できるからです。もっと先の時代の中国を見てください。国威発揚と利得の中国は、世界中の嫌われものになるでしょう。それを崩壊の始まりというのです。とにかく悲しい北京オリンピックの幕開けとなりました。
NEEM
2008/04/20 16:40
中国だけを斜めに見るようなことはありません。どこの国を見るときも全く同じです。アメリカだって、ロシアだって同じように批判しますよ?開発においては、多様な開発が必要なのはいうまでもありません。何度も言うようにチベットの人々が参加していないことが問題なのですよ。いえいえ、参加させていないのが大きな問題なのですよ。ですから廃棄物だって、平気でチベット高原に棄て始めているのですよ。了解もなく・・・ 80%以上、漢民族がすべて収奪する構造になっていて・・・道路を作っても、鉄道を引いても、チベットの人々の発展には結びついていあにのです。詳しい数字でそれを実証しましょう。もちろん表面的には、チベットの地域開発のような体裁を内外で見せていますが、小学校すらチベットでは満足に建てていないのではないですか?しかも一番大きな課題は、宗教を許すといいながらも、僧侶の数の制限や布教を許さないなどチベット文化を崩壊させようとしている姿勢が問題なのですよ。 KTM
2008/04/20 16:54
だれだってお祭りは大好きですね。でも他人の犠牲の上に,繁栄するようなお祭りは好きではありません。北京オリンピックに、チベットのたくさんの人々が喜んで参加できるのなら問題はありませんが・・・・銃剣で偽装された北京オリンピックには、喜びも幸せもないのではないでしょうか。中国は、欧米のマスコミを批判し、すべて彼らの責任にしていますが、本当にそうですか? チベット問題とはー家庭の中に、大きな不幸があり涙を流している人がいるのに、能天気に大喜びしているそんな光景がー2008年の北京オリンピックの姿なのです。わたし、オリンピックは見たくありません! 真下和子
2008/04/20 17:02
新聞報道によると、ドイツのメルケル首相も正常な感覚をもっている人ですね。彼女は、東ドイツ出身であるだけに、社会主義社会の人権に厳しいそうだ。「チベット自治区で弾圧を続ける中国に対し、ドイツが地球温暖化対策の援助交渉中止を警告している。両国関係は昨秋、メルケル独首相とダライ・ラマ14世が会談したことで悪化した後、1月に正常化したばかり。独裁政権下の旧東独育ちで、人権問題に厳しいメルケル首相は「中国は(両国の立場の)違いに寛容であるべきだ」と強調、今回の騒乱についても、ダライ・ラマ14世との「直接対話」の必要性を中国側に強く呼び掛けている。」
HTM
2008/04/20 17:14
なろほど・・・ドイツのメルケル首相が、開会式に出席しないのはそういうことですね。私は彼女のファンだから・・・今回のフランスにしても、ドイツにしても、人権感覚はなかなか大したものですね。拍手!!それに比べてなにも言えない日本の外交とはなんでしょう・・・ 真由美
2008/04/20 17:20
アメリカの大統領候補が、もし大統領になったらとしたら、これまで開会式には欠席するとは言っていても必ず立場を変えるって? はははは・・・いいですか。アメリカは中国とは違うのですよ。一度、公約したことはもちろん一所懸命に守りますよ。出席などしないでしょう。もちろん馬鹿な大統領も時々いますから・・よくわかりませんが・・・もしも出席したら、マスコミ叩かれて大変なことになりますよ。マスコミが生きているからですよ。この辺が中国との大きな違いですね。中国では、立場が変ると、平気で公約など捨て去ることができるのですか?中国のマスコミは、すべて政府の検閲済みでないと、なにも表現できないのですね?ロシアでもプーチンさんの再婚問題を誤報した新聞社が、処分されましたね。これが実態ですか???
kai
2008/04/20 17:52
NEEMさん!
そうは言いましても現実に51位ですよ、いままでその間にいかに多くの真実を地の中に埋めていったか・・・・?
埋められた真実によっては、180度も違う状況が作りだされていくこともあると思えます。
中国は、中国のやり方、立場があるのです。今、中国の大衆は「利」や「誉れ」を運んでくれる行政をナイスと思って容認しているのです。
社会主義行政を維持しながらの、改革開放自由市場経済を最も優れた構造であると、自負もしているでしょう・・・・
本来的にはこの制度は日本型でもあるのです。
多民族国家中国の全体社会体制には馴染まないのですが、みんなの心をひとつにして邁進する姿は、かつての日本を彷彿とさせるものがあります。
せいぜい彼らには頑張ってもらって、そのおこぼりをもらうのが、日本を始めとしたアジアの衛星国の面々なのです。
なのに批判する愚かしさに、何とも言いようがない・・・・
ara
2008/04/20 20:46

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック