日本が必要としているICLCの連帯教育(むすびめの教育) の理論と展開について

世界の深刻な課題や格差に対処するために、今ICLCが推進している連帯(つながり)教育に、
教育界が求めているものとは何か?これはヒューマン・リテラシーの哲学を実現していく方法です。


第1に、連帯教育の目的は、徹頭徹尾、人間理解と世界のありのままの実態を知ること、そして国境なき対等な人間関係の創造や関係性を構築していくことを意味しています。そのためには人間と人間の連帯を阻んでいく諸課題を明らかにして、それを乗り越えるために具体的に人間同士が連帯する意志とアイデアと力を育んでいくことを目指しています。
そして、人間は、社会の光と影の両方の部分で実感することが重要で、例えば深刻な飢餓や戦争などの課題を扱うときにも、必ずその人々が有している豊かな文化理解も同時に行なうことによって、人間社会の全体を知るようにすることを目指します。
文化理解とは相手の最も誇りにしている部分に心から感動し、相手の生きている光の部分を積極的に共有しようとすることです。これを利害の絡む存在から学ぼうとすることであり、こうした文化を基礎にした連帯教育は、力強い人間理解と生きるための連帯という力を養成することにつながるのです。 

第2に、連帯教育で重要なことは、それは多様なコミュニケーション能力や多様な視点を形成していくことで、さまざまなコミュニケーション技術を実践的に多様に身に付けていくことが重要です。コミュニケーション力とは、単に語学力という相手が使っている言葉を理解するだけのものではなく、積極的に自らの考えを柔軟的にあらゆる方法でできるあらゆる表現能力や相手を受け入れられる寛容力のこと。また言語も英語やフランス語など欧米の言語だけを意味していないのです。
世界中には言葉の習得でもいろいろあり、それぞれの言葉が重要な意味をもっていることを知ることですからね。特に日本の近隣諸国のハングル語(韓国)、中国語、タガログ語(フイリッピン語)、ロシア語などは将来に非常に重要な言葉で、同時に日本のなかにおける多様な言語としてアイヌ語や沖縄語などの重要な言葉、それは文化的にも豊かな世界を育み、これを通じて日本語の素晴らしさにも気がついてゆくことを意味しているのでは。

またハンディを持っている人々とのコミュニケーションで、手話やさまざまな身体表現や自然体験などを学んでおくことは、国際化の中における重要な学びですね。人間が、さまざまな条件にあることを理解することにつながります。そして国際化の課題として、人間としての感性の練磨も必要なのです。また在日の人々や留学生、あるいは地域社会でさまざまな辛苦を経験した体験者から学ぶことは地域に深くつながる重要なリソースを活かすことにつながっていますし、連帯教育には、在日の留学生や日本に滞在する外国人や労働者の人々とも自由に参加できうる環境の育成も必要なのです。

第3に、連帯教育は質が深くて、本質的であればあるほど、その成果が見えてくるのには時間がかかります。つまり連帯教育では、乾いた大地に種を撒き、水を注ぐとすぐに目に見えて収穫が期待できるような即効主義は最も避けなければならないと思います。伝統的な価値観や地域という枠のなかで活動するときには、最も気をつけなければならないことーそれは表面的には大きな変化がすぐに表れたように見えても、実は深いところからはなにも変化していない、あるいは生みださないという結果もありますからね。

汗を流すとか新しいもので刺激するとかといったことだけに、目先にとられず「多様な人間や世界と接するためにはどのように効果的で意味あるコミュニケ-ションを作っていけるか」、あるいは「同じ地球のさまざまな人々の喜怒哀楽を知るために、地域社会のさまざまな分野で生きている人々の実体験からどのように学んで、それを伝承し創造していくか」ということでもあるのです。そのためには、連帯教育においては、地域の視点に立ちながらも、短期、長期の多様で柔軟的な戦略と取り組みが必要でしょう。

第4に、また単に頭だけで理解するのではなくて、行為や思考をともなって感動をもって理解するということが最も重要で、そのためには足や手や肉体的に実践することの意味を知ることではないでしょうか。そのためには積極的にあらゆる形での表現活動に参加しましょう。発見するものが無限にあるはずです。また人間存在を、過去、現在、未来という時間の縦軸で捉えることーあるいは多様性や変化という横軸の中で連帯教育を推進することが望まれます。言葉にしても、まず日本の万葉集や平家物語などの古典を暗記する必要があります。そしてアイヌ語やハングル、中国語など近隣諸国の言語の習得も英語と並んで不可欠な学習です。そのための明確な新しい哲学や方向性が必要なのではないかと思うのです。

第5に、例えば人間の現在と未来を理解するためには、過去の時間が重要な鍵になってくることがありますね。自国と他国の人間の歴史を誠実に学んでいくことにもつながってくることは、他人の痛みを自分のものとして痛切に感じる気持ちを育てることができるかどうかにつながる、重要な連帯教育の本質でもあるでしょう。日本史と世界史という視点だけではなく、アジア史の確立と学習が必要になってきています。隣国の韓国や中国との歴史の中で侵略の問題や従軍慰安婦の問題などをどのように共通理解して創造していこうとしているのか?本当に痛みをもった現実の課題を切実に課題としてどのようにとりあげていくか?これは連帯教育の最大の課題です。

第6に、連帯教育は、外に向けて理解を進める方向性から人間の内面にきちんと光を向けていくべきでしょう。アジア・太平洋地域で、識字教育の成功例と失敗例をもとに、現在、「絵地図分析」という新しい「自己発見のワークショップ」を国内外 (日本、インド、韓国、パキスタン、ミャンマーなど)で開催していますが、それは、近年、「人の言葉を聞くこと、自分を表現する力、あるいは文字や絵で伝える表現力の強化など、パソコンからデジタル機器にいたるまでさまざまなコミュニケーション能力の開発」が、子どもたちの日常生活の中で必要とされてきており、子どもや大人を含めて「自分がどこにいるのか?どこに行こうとしているのか?いったい何をしたいのか?」揺れに揺れて不安の中で自分探しを痛切に求めていることを知ったからです。
現代は誰しも大きく揺れて地図を必要としているのです。そのために「絵地図分析というワークショップ」を開発し、自分自身の言葉と絵とデザインを使って、自分自身の内面深くに潜在している欲求や願望や煩悶などの絵地図を作成するというものです。それは自分自身の偽りのない欲求や現実などの問題を本音で作成していくもので、連帯教育のワークショップで効果的に使うことを考えています。

誰でもよく経験あることですが、室内から出ようとして窓ガラスに当たったハエやトンボは、ガラス窓に体当たりしてバタバタともがき苦しみ、その世界ですっかり消耗して生きることができなくなってくることがあります。しかしその場所から少し離れて自分の置かれているところを見れば、広々とした自由な空間や時間がいくらでもあり、脱出口だっていろいろあったにもかかわらず、地に落ちて希望や心を失っていくことがあります。脱出口を見つけるためには、子どもたちの状況を少し距離や余裕をおいて地図の中にあらゆる可能性を見つけて分析することです。

例えば子どもたちの絵地図には、「さまざまな夢や希望と同時にさまざまな欲求や不満も文章と絵によって描かれているので、「学校を破壊したい。夫婦喧嘩を見たい。あの教師を追放したい。この教師に反抗したい。この世界はお金・お金・ お金・・」と書き綴っている子どもたちの深層からの叫びに接していると、言葉の世界が、現代社会の諸矛盾と複雑に絡んでいるのがわかってきます。言葉について、現代のコミュニケーションのやりかたを間違うと、「他の存在」を傷つけることを知っておかねばなりません。

第7に、こうした具体的で深刻な問題を、どのように分析し、どのように具体的な対処のしかたを作っていくことは連帯教育の直面している最も大きな課題ではないかと思うのです。内面への旅は、現代の時代が抱えている最も重要な課題です。

ヒューマン・リテラシーの哲学と実践について

ヒューマン・リテラシーの哲学は、ほかの哲学にはないユニークな考え方で構成されています。

1章ーこれは「ヒューマン・リテラシー(Human Literacy)」という考え方に基づくもので、田島伸二が提唱した概念です。自分自身の生き方や人間性を豊かにすることを最大の目標にしています。どのような宗教的な力も借りません。だれでも自分自身の中にある自然力と人間性を使って、自分で心理分析を行いながら治癒する方法です。そのためには、「絵地図分析」という心理的な地図を自分の力で、「文字、絵、漫画、写真、デザインの力の表現などを使って作成するものです。またHLI(Human Literacy Index) のインデックスを自分自身で測ってみることも行います。HLIのインデックスには5段階の方法があります。

2章ー出来あがった絵地図を分析しながら、自分自身のヒューマン・リテラシーを実現するためのアクションプランを作ることが入門編となります。どのような哲学であれ、アクション=実際の行為がないとなにも実現できません。そのためにこの分析の具体的なやりかたを個々のグループでやります。個人でもできます、とてもおもしろく刺激的なワークショップです。

3章ーそして、ICLCでは、国境を越えたカリキュラム(教科書や教師の研修)作りを行っています。これはさまざまな国籍からなる人々で、共通の教科書や副読本を作っていくやりかたです。海洋や大気の環境問題のような教科書作りは、共通項はみつけやすいですが、歴史や信仰になってくると非常に難しいです。しかし21世紀とは、このような難しい分野にも挑戦する必要があります。現在、ICLCでは、カシミール紛争を契機にして、インドとパキスタンなどの専門家で、国境を越えた共通の絵本製作を行っています。また川と海の環境に関して、中国・韓国・日本の3カ国の専門家で、共通の絵本の共同作成にとりかかっています。これは中東やアフリカでも同じように始める予定です。

4章ーまたキラン図書館というプロジェクトは、時代状況の中で最も苦しんでいる人々や子どもたちを対象にしたボランティア活動を行っています。文字の読み書きのできない人々や子どもたちのために、世界中にキラン図書館を設置する運動です。この図書館は、現在、パキスタンに5館、ミャンマーに3館ありますが、中東やアフリカ地域へも広げてゆくのが大きな課題です。

5章ーまた活動の中のひとつに「手作りによる紙漉き」ワークショップがあります。自然の中の、草木から手漉きで紙をつくって、それから教材をつくって子どもたちに見せる、紙芝居や絵本などを創り出していきます。みんなの力で創り出す「教科書」もあります。これはコミュニティも参加した最もユニークな教材製作です。

6章ー国際理解などを実践するために、ICLCは連帯教育を推し進めています。連帯教育とは、人と人のつながりやむすびめを創り出していく人間力やコミュニケーションの力を意味しています。こうした力をもつことが人生をたくましく生きていくにも、社会の諸問題を解決するのも大きな力を発揮します。


7章ーこうした活動を、アジア・太平洋・アフリカ地域で10年にわたって推進していICLCを財政的に協力してくださる方を募っています。こうした事業が多数の人々によって展開されることは、小さな積み重ねですが、多くの人々の心の中から21世紀の閉塞感を大きく切り開ていくものと思います。「ひとりで夢見るときは、それは夢想に過ぎませんが、みんなで夢見るときには、夢は必ず実現していく」でしょう。


今後、連帯教育の具体的な方法論やスキルを、ICLCは詳しく紹介します。そのため、哲学、思想、芸術、写真などの広範な専門家の参加によって連帯教育の写真や絵図を使った詳しい例示を豊富に紹介していきます。

詳しくは: iclc2001@gmail.com
連帯教育のすすめ: ICLC叢書

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック