完結した南アジア共同出版で刊行される5冊の絵本

昨日は、12年間続けてきた「南インドの平和絵本の共同出版」プロジェクトで出版する絵本のドラフトがようやく5冊まとまって、インドの出版社へ送りました。この出版社はインドの最大の出版社で、プロジェクトのインド側代表が、この出版社の前編集長だったのです。そして現在彼女は、国立マハトマガンジー平和記念館の館長です。


このICLCプロジェクトは1998年から始まり、2001年には東京で5カ国、2004年にネパールで4カ国による編集製作会議を開いて、編集してきたものです。英語版で出版して、それぞれの言語に翻訳出版するものです。その中の1篇の物語(絵本の文章)をご参考にお送りします。これには私も若干筆を入れています。平和絵本というのが、こういう形で子どもたちに伝わっていけばいいのではと思っています。 なにしろ印パが共同で、子どもの絵本を出版するというのは世界にはまだありません。これらの5冊はそれぞれ意味をもった内容の絵本ですが、初めて長年のプロジェクトが,、「ひろしま・祈りの石国際教育交流財団」や国際交流基金などの支援を受けて具体的な形を見せてきたので大変うれしく思っているのです。

画像


印パ関係は今も大変険悪で、軍事力は増強され続けているのですが、こうした形で初めて共同絵本が生まれたことは、民主党が政権交代を可能にした以上の可能性を感じているのです。 この共同出版を基点に、今年は、ラホールで大学で教授と学生と共同の環境に関する絵地図をやりましたが、 これはパキスタン側が製作したものですが、来年はインドで、そして再来年は両国の大学やNGOで行う予定です。こうした取り組みが国境を越えてなされていることは、イスラムやヒンズー教など宗教による摩擦で衝突する世界情勢の中で、ある希望的な方向性を作れると思っています。


3年後には、イスラエルとパレスチナの学生やNGOと共同で、「子どもたちの平和構築」に向けての絵地図を作成して、アクション計画を実行していく計画です。 また今年は12月に日本、中国、韓国の水―河川―海の環境問題を生物の視点から、絵地図を作ることになりました。幸い韓国の財団が資金協力をしてくれたので、韓国から2人の専門家を12月に東京に招いてセミナーをやる予定で、、環境物語を語る夕べも同時に開催する予定です。これには日本の水俣の経験なども共有しながら、私たちの海の食べ物について中国と韓国と共同でアクションを作っていく予定です。 今、足らないのは、ただ資金だけですが、それでもなんとか続いています。

プロジェクト内容は、参加者の意見を受けて、常に改善していきたいと思っています。
このようなことを少しずつ進めていますが、10年かかってようやく形が整ってきた感じです。
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック