原発壊滅とそれを推進してきた学者や専門家たちの責任

今回の巨大地震は、マグニチュード9.0と記録されましたが、2004年のスマトラ島沖地震は、マグ二チュード9.3でした。そして地震によって襲来した津波は、スマトラ地域では最大43メートルに対して、東北地方では推定15メートルと言われています。しかし過去の事例からみると、明治時代には、三陸沖地震でも、38メートルもの津波が襲っているのです。この地域を旅すると、よくわかりますが、津波で亡くなった人々の碑があちらこちらに建っているのです。


つまり福島原発が5メートルの防潮堤を築いていたというのは、余りにも歴史や体験を無視したもので、決して想定外というような言葉で逃れることはできないということです。原発という最も恐ろしい科学技術を使っていながら、想定外ということで責任逃れをしようとするのは許せません。そしてこれらを推進してきたのは、現在テレビで電力会社から雇われて、厚顔で発言している原発の大学教授たちや専門家たち。彼らが常に被爆について数量や単位についても誤魔化しながらテレビで報告しているのです。そして常に「直ちに影響があるとはいえません」というのです。

確かに直ちに影響がないかもしれません。しかし、5年後10年後にはチェルノブイリ原発の例のように確実にガンが多発しているのです。こうした悲壮な結果に対して、将来どのように彼らは責任をとるのでしょうか?いいえ、大学教授や評論家など彼らは責任など絶対にとりはしません。なぜなら「直ちに影響があると言ったわけではない」といい直るからです。こうした学者などの発言や論文内容などは、一覧表を作成して、原発産業を守るガセ学者などは、追放していく必要があるのです。少なくても、本当の学者たるものは子どもた国民の健康を第一に考えるべきではありませんか?

もしこれだけの危険な設備を作るのなら、最低15メートル以上のの防潮堤などを築かねばならなかったのが、原発会社の最低限の義務と責任であったわけです。そして当時の自民党政府の責任でもあったのですが、しかし日本の原発会社は、原発を普及するための広告や宣伝費には膨大な資金を投下して、「原発の安全性」と周知させるために学校の子どもたちを無料招待しては、原発の安全性を宣伝していたのです。

これまで日本各地で、地震が来るたびに原発が多くの被害を蒙っていましたが、電力会社は、これらをすべて隠蔽していました。そして電力会社のスポンサーとなる多くのマスコミ(とりわけNHK)も国民も深くその真実を見極めようと報道はしませんでした。そのつけが今回、みんなを襲ってきたというわけです。特に電力会社と天下り官僚たちの癒着の構造は、原発などの安全神話を作り出すのに大きな役割を果たしているのです。原発の周辺にどれだけたくさんの関連会社があり、それにどれだけたくさんの天下り官僚が名前を連ねていることか。今回の東電の副社長も天下りが予定されていましたが、いち早く姿をくらませてしまいました。こうしたことすべては日本人の手になる人災なのです。

考えてもみましょう。危険を見極めもせず、原発特需によって、甘い汁を吸ってきたのは、会社だけでなく、原発が林立する地域の多くの人々でした。政府や電力会社の甘い言葉に釣れられ、漁業権も安く手放し、原発の労働作業員となって必死に働いてきたわけですが、結局あとに残ったものは、放射能で使えなくなった土地、膨大な放射能汚染、食べられなくなった魚、そしてこれから始まる膨大な放射能患者などです。

こうしたことは、決して風評ではありません。レベル6の被災をしたら最低限の常識です。しかも欧米の科学者は、福島原発は、レベル7のチャルノブイリの事故を越えるのではないかとまで警告しているのです。こうしたことも考えるならば、現在どのようなことを大至急やらねばならないか明白です。もしこうしたことを行わなかったならば、人災という人の手による災害となります。

しかも深刻な原発の事態は、まだ止まっていません。止まったとしても冷却には最低3年以上かかりますし、チェルノブイリ原発のように膨大なコンクリによる石棺(せっかん)で閉じ込める作業を開始できるのは、それからの大きな仕事です。

チャルノブイリの事故のときも、放射能を浴びた多くの子どもたちの後遺症の結果は、10数年経過してから現れてきました。あとになればなるほど、幼少であれば幼少であるほど、その後遺症の影響は大きいのです。

こうしたことを考え、現在もなお東海の活断層の上に設置されている浜岡原発などは、すぐにも停止しなければならないのは、当然のことです。しかし電力会社も政府も、例えば、電力不足になるとか、冷却のための電源設備を津波の来ない位置に設置するとか、の理由をつけて、停止には容易に応じないでしょう。


これが最大の人災なのです。







にこにこニュース
「子供にヨード剤を!」チェルノブイリ現地支援の菅谷昭医師
http://news.nicovideo.jp/watch/nw46164
2011.3.28

旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の医療支援活動でベラルーシに5年半いた医師だ。それだけに、発言・提案には説得力がある。5年後、10年後にがん増える

「早く閉じ込めてほしい。放射性物質が出ていれば、毎日毎日、取り込みますから。政府は『いまはいい』というが、チェルノブイリを見れば、がんが増えるのは明らか」
自らも帰国後「胃がんになって切ってます」という。


司会のみのもんた「チェルノブイリでがんが出始めたのは?」
菅谷「5年後です。10年後がピーク。日本政府も本腰を入れてほしい」
チェルノブイリでは、子どもたちが汚染されたミルクを飲んでいた。
菅谷「政府が公表しなかったですから。日本ではデータが出てますから、汚染された食べ物、水はとらないように。外部被曝より内部被曝の方が大きい。とくに乳児と妊産婦。子どもは14歳以下はヨード剤を飲ませた方がいい」
高濃度汚染について諸葛宗男・東大特任教授は「現在の環境汚染は、12、13、14日あたりに原子炉内蒸気を逃した(ベント)ため。原子炉の方は、まずは冷やすことでいま全力をあげているが、汚染が高くて作業ができないでいる」と話す。


「早くやらないといけない」
厚労省は一昨日(2011年3月26日)、全国の水道事業者に対して、雨が降った後は川などからの取水を減らすか停止するようにとの通知を出した。福島・川俣町で行った子どもの被曝調査では、甲状腺から微量の放射線量が測定された。
健康には影響なしというが、菅谷市長は「ベータ線が出てるわけだから、DNAにキズがついて将来がんの可能性がある。決して煽るわけじゃないが、そこまで考えておかないといけない」という。
土壌汚染も進む。

菅谷「だから、とにかく早くやらないといけない」
こで、子どもへのヨード剤投与をめぐって言い合いになった。
杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説・専門記者室長)「政府は配るといってるが、自治体はもう先回りして配ってる」
諸葛「法律で、大人は100、 子どもは50ミリシーベルトを超えた時にヨード剤を配布するとなっている。いまは まだそれに達していない」

菅谷「細胞レベルでは量は少なくても影響は受ける。私は予防的に飲ませた方が安心できると思う」
諸葛「効果は限られている。タイミングがある」
副作用もあるし、理屈では諸葛が正しいのだろうが、医師としての菅谷の現場感覚も貴重だ。
菅谷「チェルノブイリのあと、隣のポーランドでは子ども1000万人の9割に、大人700万人にヨード剤を配った。後で見ると、ポーランドでは子どもに甲状腺がんは出ていない。政府の判断です」




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • noga

    我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
    我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
    疾走する弾丸列車が貨物列車に激突したらどのようになるか。

    悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
    天下泰平の気分を壊したくない。

    自分に都合の良いことだけを考えていたい。
    それ以外の内容は、想定外になる。

    ただ「間違ってはいけない」とだけ注意を与える。
    「人は、誤りを避けられない」とは教えない。
    「お互いに注意を喚起し合って、正しい道を歩まなくてはならない」とは、考えていない。

    もしも自分にとって都合の悪いことが起こったら、びっくりする以外にない。
    そして、「私は、相手を信じていた」と言い訳するしかない。だから、罪がないことになる。

    危機管理は大の苦手。
    だが、ナウな感じのする犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

    日本語には時制がないので、未来時制もない。
    未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。
    一億一心のようではあるが、内容がないので建設的なことは起こらない。
    お互いに、相手の手を抑えあった形である。すべては安全のためか。不信のためか。

    問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
    親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
    今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

    http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
    http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


    2011年03月26日 20:26
  • アロマおこじょ

    初めまして、今回の大震災では本当に大変でした。ここまでの被害になるとは・・・・正直私も、原子力安全保安院で福島第二原発を担当した夫も(JICA OV)思いもよりませんでした。第一原発は特に古く日本の技術で作られてモノではありませんでしたから、津波による二次災害を想定できなかったのだと思います
    2011年03月30日 09:57

この記事へのトラックバック