日本人の被爆限度量1ミリシーベルトを20ミリに引き上げるのは許されない!

現在、日本人の年間被爆限度1ミリシーベルトを、政府は、福島原発の事故のあと、20ミリから100ミリシーベルトに引き上げようとしている。これは果たして安全で正しい対応だろうか?

仮に20ミリとして設定されると、これまで考えられてきた被爆限度の20倍であるが、現在の原子炉の高濃度の放射能の排出に歯止めがかからないことを考えると、周囲の環境の放射能は格段に上がっている。


これは、現在の30キロ圏内の避難を超えて人々の避難を大量に出さないための措置で、30キロを超えても「人の健康には直ちに影響はない」という宣言を出すための準備であるように見える。国民の目隠しをしながら絶壁に近づけているのである。

こうしたやりかたで、国民の健康を守るという政府のやり方は絶対に認めることはできない。




フランスの友人は、毎時、0.6マイクロシーベルトになると、「即逃げろ!」と言っています。 被爆限度量を20ミリに引き上げると、被爆の深刻さは全くわからなくなってきます。

空気(ほこり含む)、土、食物、水、衣服(住環境含)を考慮して計算:
0.6×5倍(エレメント)環境=3.0マイクロ.  
3.0×24H×365日÷1000=26.28ミリ


ブログで紹介されていた元専門家の話:

放射線の安全について学んだものなら常識なんだが、 なぜ一般人の線量限界が決められているのか?そしてそれがなぜ、原発の作業員より低いのか? 医療では何故それ以上浴びても許されるのか?

最初の答えは、「一般人は管理下に無い=どれだけ放射線を浴びたのか分からない。」 つまり今までの基準の1ミリシーベルトは、浴びる事が確実な部分だけでそのくらいだから、 いつどこで浴びるか分からない他の被曝の事も考えてそう設定されている。 次の答えは「作業員は放射線業務従事者だから」つまり、手帳で被曝データの記録を全て管理 している。同じ人間だから、特別丈夫だという理由ではない。 最後の答えは、「失う可能性のあるもの以上の利益があるから」つまり、 医療行為を行わない危険 < 被曝の危険

こうした事が分かっていれば、>>1の説明のような理由で
簡単に20ミリシーベルトに限度量を引き上げてはいけないと思えるはず。住民全て放射線業務従事車にして、線量計 を肌身離さず持って生活するならば別だが。



被爆限度量引き上げ、官房長官が検討を指示

 枝野官房長官は6日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、「年間1ミリ・シーベルト」と定めている一般人の被爆限度量の引き上げを検討するよう、原子力安全委員会に指示したことを明らかにした。

 枝野長官は、現在の基準について「安全性を強く考慮した非常に高いハードル」としたうえで、「現実に生活している皆さんの健康への影響との関係で、どれくらいが安全性を確保できる線なのか、専門家に最終的な詰めをしてもらっている」と語った。「20ミリ・シーベルト」を一案として検討していることも明らかにした。

限度量の引き上げは、厳格な基準を維持した場合、避難・屋内退避指示地域の拡大を迫られたり、さらなる社会的混乱を招きかねないことから、有害ではないと見られる範囲内で緩和することを狙ったものだ。国際放射線防護委員会(ICRP)は日本政府に対し、一般人の被爆限度の目安を20~100ミリ・シーベルトに引き上げるよう求めている。
 (2011年4月6日19時22分 読売新聞)


朝日新聞

原子力安全委員会は5日、放射線量の高い地域の住民の年間被曝(ひばく)限度量に ついて、現在の1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上げるべきか検討を始めた。 放射線の放出が長引き、「長く生活する観点で考えないといけない」とし、現実路線への 見直しを検討する。

 会見した代谷誠治委員は「防災対策での退避は通常、短期間を想定している」と指摘。 すでに数週間に及ぶ退避や避難の考え方について、政府から見直しを検討するよう相談 されていることを明らかにした。 原発から半径30キロ圏外の福島県浪江町の観測地点で 放射線量の積算値が上昇している。
 先月23日から今月3日までの積算値は10.3ミリ シーベルトになった。日本では人が年間に受ける被曝限度量は現在、一律1ミリシーベルト。 国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告では、緊急事故後の復旧時は1~20ミリシーベルトを 目標としている。

http://www.asahi.com/health/news/TKY201104050616.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック