日本の放射能暫定基準値では、子どもたちの健康が守れない!

政府が行った第一原発沖での放射能検出では、常にかれらは「不検出」というだけであったが、そんな馬鹿なことはない。政府の検出方法は信じられない。官僚とは、事実を隠すのが最大の仕事だ。なんのために??それは政府が追い詰められないために、そのように脳みそも精神も鍛えられているのだ。国民の幸せなどに意識は向いていないのだ。

3.11以来、これまで福島原発から、高濃度の放射能を含んだ冷却水をどれだけ大量に海へ放出されてきたことか・・・・そして常に言うことが「海洋では汚染水は希釈されます」と・・・・その結果海洋がどれだけ汚染されているかの実態は全く明らかになっていない。検出場所や海流の流れを変えた場所でやれば、いくらでも汚染には不検出のレッテルを張ることが可能だからだ。

これまで三陸沖の海洋での放射能汚染について、「不検出」と文科省は測定結果を公表していたが、多数の要請によって一万倍で測定感度を上げたところ、なんと58倍から数百倍もの放射能セシウムが検出された。つまり深刻な事態が発生しても、国民に、事実を正確に伝えようとしない政府の姿勢が、強固に存在しているのである。怖ろしい日本ではある。厚生省、農林省、文科省というのは、いったいなんのために存在しているのか!!良心をもった専門家は、いないのか?

暫定基準値というのは、3.11の事故後に設定された放射線の基準値であるが、これがどれだけいい加減な基準であることか・・・・・言葉がない。チェルノブイリ原発の風下で、おびただしい被ばく者を出したベラルーシ共和個では、水道水の基準値は20ベクレルであるが、日本はなんと200ベクレルである。なぜか?10倍である。

また食べ物に関して日本では、500ベクレルという途方もなく高い基準を設けている。なぜだ!日本の数少ない良心的な専門家の武田邦彦氏の言によれば、水も食料も暫定基準値は、10ベクレル程度ではないかという。なぜ50倍もの基準を設けているのか、そして暫定とはいつまで続けるのか?!

「2011年産の福島産の米から放射能は未検出」と発表しているが、500ベクレルという暫定基準値の事実を知らねばならない。しかもベラルーシは、食品に関してはきめの細かい基準を設けているし、子どもや大人の摂取量にもきちんとした配慮がなされている。当然だ!それでこそ、国は国民の健康を真剣に考えることにつながる。http://takedanet.com/2011/09/post_4f85.html

チャルノブイリ原発の事故後、その一帯でなにが起きたのか、調べればだれでもすぐにわかることだ。要するに政府は、原発の事実を隠蔽しようとしている。日本人が未曽有の危機に立たされて不安の中で揺れているとき、政府は、いかなる事実が出てこようと、、国民には真実を伝えようとはしなかった。その罪は重たい!そのため後世に残るような重大な被曝に国民は晒されてしまった。自らの能力のなさで、国民を被曝させてはならない。




牛肉から規制値の3倍近いセシウム 岐阜で販売
岐阜市は20日、市内の業者が販売した宮城県産の牛肉に暫定

規制値の3倍近いセシウムが含まれていたと発表した。9月2日

までに消費者にすべて売られたという。市保健所によると、セシウ

ムが検出されたのは、「肉の松久」(岐阜市琴塚2丁目)が8月9

日に仕入れた9.6キロと、同31日の3.2キロ。仕入れ先の

愛知県稲沢市の業者に同じ牛の肉が残っていたため同県が

検査したところ、暫定規制値1キロあたり500ベクレルに対し、

1400ベクレルが検出された。

朝日コム  10月20日



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック