ヒューマン・リテラシーとはなにか? 現実世界と真実のゆくえ

これは2007年のブログ記事ですが、世の中で真実を知ることがいかに難しいかをミャンマーの現実的な政治を取り上げて述べています。ヒューマン・リテラシーは、事実や真実を知るということ、表現することを最も重要な生きる姿勢として取り上げています。しかしこのことは、現代の世界でいかに難しいことであるか!

これはミャンマー、アメリカ、中国だけではなく、日本の原発報道の現場においても、政府や東電の姿勢も全く同じことですね。3月11日、福島原発で炉心溶融というチェルノブイリを超える深刻なメルトダウンが、4基で起きていたにもかかわらず、その事実が東電や政府によって、国民に知らされたのは2ヶ月後でした。マスコミは何を伝えていたのでしょうか?それは国民みんなの目隠しをしていたのです。その間、日本の教育者や科学者はなにを考え、どんな対策を子どもたちにしていたのでしょうか?政治家たるや全く為すべきことを全く為していないのです。

どれだけ深刻な被ばくが、福島を始め東北から関東地域を襲ったことでしょう。放射線のリスクを最小限に抑えるために準備されたヨウ素剤は、とうとう一粒も配布されることはありませんでした。そして文科省が100億円をかけて作成した放射能予測装置(SPEEDI)なども住民の避難に全く活用されることはありませんでした。これが日本のヒューマン・リテラシーの実態なのです。http://www.youtube.com/watch?v=UNjQ8hS7r7A

ヒューマン・リテラシーとは、事実や真実に基づいた表現のことをいいますが、これを大きく阻むものはいったいなんでしょうか?そしてこれを乗り越えていくものは、いったいなんでしょうか?




2007年のブログ記事

9月28日のミャンマーの国営テレビによると「ヤンゴン市内で抗議活動のデモが行われたのは、わずか4ヶ所で、参加者はそれぞれ30名、総勢で120名」と報道した。しかし実態は、ヤンゴンのスーレー・パゴダ付近だけでも、数千人規模の反政府デモが行われ、外国のメディアは1万人規模の反政府デモと報道している。この開きが、真実の開きである。

政府発表とは、反政府運動の人数を出来るだけ低く抑えるのが常套手段だとしても、参加者数千名を、わずか30名だと報道する数字上の大きな虚偽を、ミャンマー軍事政府はたえず行ってきている。もちろんこれは数字だけではないが、数字という事実は絶対に知らせない。これが彼らの鉄則なのだ。つまり万事がそうであるが、地方にいたなら、こうした報道の中から真実をつかみだすことは実に困難である。一切の事実や真実を伝えないのが、軍政府であるからである。なかでも国民の生活に関する数字の虚偽などは、はなはだしい。これは戦争中の日本軍も全く同じで大本営の報道の虚偽である。

ミャンマー政府の局長(Director-General)クラスは、すべて軍人によって占められているし、次長も今は、軍人が独占するようになってきた。「民には知らせない。民には教えない。民には学ばせない。」・・・・・これは中国でも同じような傾向がある。中国の地方で、深刻な環境問題が発生したり、土地にからんだ農民運動などが起きたとしても、絶対に事実は公表しない。こうした中から、政権の腐敗的な構造や独裁政権が生じてくるのだ。

パキスタンでは、リテラシーは、「人を生かし、人を殺さない知識と情報を有したリテラシー」が重要な課題で、ミャンマーでは、「人や社会に事実や真実を伝えるリテラシー」が主要な重要な課題である。「事実を知り、真実を伝える」・・・・この中からヒューマン・リテラシーの最も重要な考えかたが生まれている。

人間は数字の中で生きている存在で、ミャンマーの軍政府のように数字の虚偽と捏造を行う国には、ヒューマン・リテラシーインデックスの値が最も低い。つまりその国の人間や機構の腐敗度と重なっているのが、ヒューマン・リテラシーの考え方である。   しかし、これはイラク戦争を行っているアメリカや歴史の記述を誤魔化そうとする日本も含めて、角度が異なれば、同じように深刻な課題であるとはいえまいか。
                                         



朝日コム(9月30日)

「醜くても真実知りたい」高校生も訴え 沖縄県民大会
2007年09月30日08時02分

 「真実を知り、伝えていきたい」――29日、沖縄県宜野湾市で開かれた教科書検定の意見撤回を求める県民大会では、2人の高校生が思いを込めたメッセージを読み上げた。関係団体はバスや駐車場を用意し、「歴史の改ざん」への抗議に結集を呼びかけた。予想を超える11万人が集まり、「本土」からの参加者の姿もあった。

 「教科書から軍の関与を消さないでください。あの醜い戦争を美化しないでほしい。たとえ醜くても真実を知りたい、学びたい、そして伝えたい」 沖縄県立読谷(よみ・たん)高3年の津嘉山拡大(つかやま・こうだい)さん(18)と照屋奈津美さん(18)は制服姿で壇上に並び、メッセージを読み上げた。「高校生も、この問題を考えていることを知ってほしい」。そんな思いを込めた。
2人が住む読谷村には「チビチリガマ」と呼ばれる壕(ごう)がある。45年4月1日、沖縄戦で村に米軍が上陸した直後、その壕で悲劇が起きた。 村史によると、壕に避難していた住民約140人のうち83人が「集団自決」を遂げた。毛布などに火がつけられ、「地獄絵図さながらの惨状だった」とされる。

 津嘉山さんは会場の参加者に語りかけた。「死を求める住民が毒の入った注射器の前に列をなしました。母が我が子を手にかけたり、互いを刃物で刺し合い……」
津嘉山さんは小学生のころ、祖母に手をひかれてチビチリガマを見に行った記憶がある。その祖母は沖縄戦で、自身の母親を失った。本島中部の別の壕に避難した時、幼かった祖母をかばって流れ弾に倒れたという。
「僕たちは親族に戦争体験者がいる。集団自決のつらさは実感できる」。大会前、津嘉山さんは、そう語っていた。 2人とも大学に進み、教師になるのが夢だ。照屋さんは日本史を教えたいと思っている。

照屋さんは壇上から訴えた。
「このまま検定意見が通れば、事実ではないことを教えなければいけません。分厚い教科書の中のたった一文、たった一言かもしれません。しかし、その中には失われた多くの尊い命があるのです。二度と戦争は繰り返してはいけないという沖縄県民の強い思いがあるのです」
大会終了後、「緊張しませんでした」と笑顔を見せた。「集まった人は同じ気持ちだと思いますから

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 屁の河童

    「ヒューマン・リテラシーを阻むものはいったなんでしょうか?」について、世の中には真実だけで生きられるとは限りません。真実は不正や矛盾と裏腹なのですから、ミャンマーにしても、アメリカにしても、中国にしても問題だらけです。まして日本の原発事故をみていくと、およそヒューマン・リテラシ―が理想とするような世界ではありません。もっと詳しくヒューマン・リテラシ―がめざすものを明らかにし、しかもその実現方法を詳細に記して下さい。
    2012年04月23日 09:50

この記事へのトラックバック