第5回心の絵地図研究会へのご案内‐2015年6月25日(木曜日)午後7時より

画像

心の絵地図研究会へのご案内
2015年6月25日(木曜日)午後7時から目黒区の都立大学駅近くの中根一丁目会議室にて、心の絵地図分析研究会が開かれます。この研究会は、1か月に1回定期的に「絵地図分析」を徹底研究しようというものです。今回は、絵地図の基本的な発想や背景の説明と同時に、自己分析のやりかたの絵地図を進めます。また「小学校の子どもたちの人生マップ」や「国境を越える河川の環境問題の解決に向けて」など多数の事例研究なども報告され、多分野の方が参集されます。新しい教育創造に向けて、新しい挑戦が始まっています。どなたでもどうぞ気軽にご参加ください。大歓迎します。

2015年6月25日(木曜日)午後7時―9時半です。
申し込みは: iclc2001@gmail.com / tajima777@gmail.com
心の絵地図分析研究会 Picture Map Analysis (PMA)
参加費:1000円(資料代込)会員と学生は半額ですj
詳しくは:http://pma2014.exblog.jp/


絵地図分析研究会に参加されている会員の皆さまが、今回、自主勉強会をさいたま市で開かれました。ほとんどの方は、現在、会社や大学などでキャリア・カウンセラーなどを行っておられるカウンセリング専門の先生たちですが、自主勉強会では、11月16日「絵地図分析を使ってキャリアカウンセラーのできること」というテーマでをまとめられました。その結果、絵地図分析は、「自己分析を通じて短所を長所に変えていける」。また「絵地図分析は、自己表現や自己開示の手助けにつながる」との結果をまとめられました。とても嬉しい報告です。言語化の難しい人生や社会のなかで、絵地図分析は、「言葉や絵やデザインで、人生や思考のかたちを作っていく達成感」があるようです。学校の子どもたちから熱狂的に支持されているのがよくわかります。


絵地図分析は、言葉と絵とデザインを使って自分自身や社会の問題の内面的な「絵地図」を客観的に作成するもので、自分自身の問題を把握するところからすべて始まります。絵地図は、識字の原点ともいうもので、文章や絵やデザインや地図などありとあらゆる表現をもちいて、自分自身を表現しながら相手に伝えようとするものです。これは長年のユネスコやNGOの識字教育などから生み出したもので、これまでアジア地域の広範な人材研修で使用してきました。

心の絵地図(PMA)研究会

毎月1回開催している「心の絵地図の研究会」についてご案内いたします。

この研究会は、これまで世界各地で実践している「心の絵地図」を広く紹介しながら、誰でも実践できるように、会員相互で学ぶ合う研究会活動です。現代の閉塞的な状況を切り開くために、ひとや社会の深層心理も含め、多様で多彩な絵地図の開発や国境を超えた絵地図活動などを推進しながら、今日の人間社会のあり方に深く関係した実践的な研究活動を行っています。お友だちやご関係の方で、もし興味を持たれる方がありましたら、ぜひ声をかけてご一緒にご参加下さい。



ところ:目黒区中根1丁目10-22
中根1丁目会議室 (東急東横線の都立大学駅から4分)
八雲住区センターには二つの会議室があります。住区会議室と中根1丁目の会議室です。
電話 03-3718-0874

<会場への道順>
1. 東急東横線の都立大学駅で下車してください。
2. 改札口を出て、そのまま左手に廻り込むようにして、線路沿い、自由が丘方面に進みます。
3. 最初の踏切があるところまで来たら右折。
4. すぐに、左手の道に。
5. 黛歯科医院を右手に見ながら、T字路に出る左手前。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント