インドの著名な女優にして映画監督のナンディータ・ダス来日

  66097472_2799663206716724_8809718496716914688_o.jpg
  
 7月7日の今日は、インドの著名な女優にして映画監督のナンディータ・ダス氏 Nandita Das が来日、東京外国語大学にて彼女の「マントー」という二作目の彼女の作品が上映された。表現の自由を貫き、抑圧する社会と闘った人気作家マントーの生涯を描き、インド・パキスタン社会について「猥褻罪」を通じて深く考えさせる映画であった。彼女のお母さんVarsha Dasを通じて高校時代からよく知っている私にとっては、このような深刻なテーマを追い続けている彼女の存在には、大いなる驚きであったが、映画にとっても、「性」と「宗教」と「体制」という最も難しいテーマに真正面から敢然と挑戦しているナンディータの姿には、さすがインドの映画界の最高の花と称賛せずにはおられない。すごいな。「将来は路上で生きている人々のためにNGOで働くの」と夢を語っていた頃を思い出す! 2019年7月7日

https://www.facebook.com/shinji.tajima.129/posts/2799668680049510

IFE3uqnvpyYNdngRZXjvsUWaBh5AblSP.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント