お空を泳いだ雲が見た!

DSC08960.JPG

「あるとき、私は、ビルマ(ミャンマー)のチン州の山の中にある小さな村を見つめていました。」と高い空を泳いでいた雲が言いました。
「その山々は言葉にもならないくらい見事なチークの林に覆われていました。そして、この地域には50以上の少数民族の人々が住んでいました。「でも、人間って不思議な存在ですね。ちょっと言葉や生活のしかたが異なるだけで、すぐに人間は差別を始めるんですからね・・・・・私たち大空に浮かぶ雲は、どんなに形が変化しようとも、雲はいつまでも雲なのに。元はと言えばみんな水なのにね・・・・・・」
と大空の雲が話を続けました。

「今日は、私が見たお話をしましょう・・・ビルマのチン州の深い深い山奥に貧しい村がありました。その村に住む一人の若者は生活に疲れていました。いえ彼だけでなく村に住む若者はみんな生きる希望を失っていました。。ビルマの貧しい生活に疲れていたのです。」
と雲は語りました。
「俺はもうこんな山奥に住みたくない。」と若者は大きな声を出して言いました。
「村にはなんの仕事もない。この国の軍人はすべてを独占し、俺たちの自由を奪った。俺たちには、もうなにもできない!!いつまでたっても、この貧乏から抜け出せない。俺たちの目を奪い、口を塞(ふさ)ぎ、耳を閉いでしまった。なぜビルマは豊かにならないんだ。なぜ奴らは俺たち少数民族を馬鹿にするんだ。俺はこの山を下りよう。これから大きな町に出て会社員になる。給料取りになるんだ。もう山の中は嫌だ!」

若者は、涙を流して制止する母を振り切って、シャン州の険しい山道を5日間も歩いて大きな町へ出ていきました。彼は学歴は無かったのですが、彼は山の中のことをとてもよく知っていたので、運よく会社員になれました。彼が働く会社は、この国でも有名な材木会社でした。給料は高級ではありませんでしたが、心は嬉しさではちきれるような気がしました。彼は一生懸命に働きました。

会社の社長はよく「わが社はこの国で一番の売り上げを誇る材木会社じゃから・・・どんどん木を切って、どんどん材木の輸出量をふやせ。中国や日本など外国の金持ち連中がチーク材を待っている。」といつも話していましたが、社長の命令を受けると、彼は喜んで自分でチークの山に乗り込んでいくようになりました。

彼は木のことをよく知っていたのです。チンの山奥のどこにチークの巨木があるかということはほとんど村人から聞きだしていたのです。大木を見るととてつもない金額に見えました。そしていつの間にか、彼の足は故郷の山へ向かっていきました。そして瞬く間に故郷の山々に生えていたチークの巨木が次々と切り倒されていったのです。

彼はどんどん会社内で昇格していくので、誇らしさで胸が一杯でした。はちきれるような嬉しい思いでした。しかし心の奥底にはズキンとした鋭い痛みが走るのを覚えるのでした。故郷で会った友達やお母さんが、いつも哀しそうな表情で、彼の巨木探しを見つめていたのです。
「ネッ!お願い。木を切らないで・・・大切な木を切ったら今に恐ろしいことが起きるから・・・木を持っていかないで・・・・」と幼なじみの女友だちが言いました。でも彼は耳を傾けようとは思いませんでした。

「なーに、山は大きいんだよ。果てがないんだよ。大きな木をどんどん切っていかないと若木が育たないだろう。若木はあっとう間に大きくなるからね。・・・それに俺はもっともっと働いて、高給取りになるんだ。そうしたらお前と結婚しに迎えにくるからね。お母さんだっていい暮らしができるよ」
そういって、故郷の村に生えていた巨木をすべて切り倒してしまったのです。会社の社長は大喜びでした。あっという間に故郷の山々などは丸裸になっていきました。

それからしばらく過ぎていったとき、かれはある日、友だちから自分の故郷の近くの山で大きな土砂崩れであったことを知りました。その報を聞くと、長雨の中を歩いて、急いで故郷へ帰っていきました。彼は給料をもらったときは、何度か帰郷したことがありましたが、最近は全く帰っていませんでした。するとなんとしたこと・・・いつも村を見下ろす峠に立ってみたとき、村がありません。村全体が眼前からそっくり消えていたのです。
自分の家族や近所の家だけでなく―幼い頃から遊んでいた小さな川、楽しかった学校の建物など―全部の姿が消えていました。しかも隣の村々まで大きな土砂ですべてが埋まってしまっていたのです。

「おかあさん!」と大声で呼んでみましたが、たくさん折れ曲がった木々が土砂に混じって、風に吹かれて揺れているだけでした。小さな十字架が泥に埋まっていました。女友だちのものでした。話によると村人たちは全部土砂に埋まってしまったということでした。

「ああああ・・・僕は町の会社員になりたいと思ったばっかりに、山々の木々を全部切ってしまって土砂崩れの原因を作ってしまった。故郷の山々や人々をすべて亡ぼしてしまった。」かれは泣き叫びながら故郷の山々を彷徨(さまよ)いました。

それから、彼はチンの山に帰ったのか、あるいは町に帰っていったのか。誰も知りません。町の中でも山の中でも、彼の姿を二度と見ることはありませんでした。

しかし今でも、チン州の山々には、チェンソーの音が響きわたっているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント