気になる腹ぺこ青虫

小さな山椒(サンショウ)の木の葉に、アゲハチョウが飛んできて、卵を産みました。そしてある日、その卵から、小さな小さな青虫が誕生ーやがて小さな青虫は、せっせせっせとサンショウの葉を食べて、あっという間に大きくなっていきました。 しかし青虫が夢中でサンショウの葉っぱを食べてしまったので、小さなサンショウの木には、もう葉っぱが1枚もなくなってしまったのです。小さなサンショウの木は、まるで身ぐるみはがれてしまいました。腹ペコ青虫の表情を見ると「困ったな、これからどうしよう?まだサナギになるには早すぎるし・・」そんな困った感じに見えました。 この子どもは、ものすごい腹ペコ青虫・・・そこで私は、お店から、たくさん青い葉っぱのついている小さなサンショウの木を買ってきて、そばにおいてやりました。「青虫さん、はい。どうぞ!たっぷり食べてくださいね。丈夫で健康なサナギになるために・・」 しかしどうしたことでしょう。青虫は、私が買ってきたサンショウの木には見向きもしません。毎日なにも食べずに、それから突然、全く動かなくなったのです。いったいどうしたのでしょう。そしてしばらくすると、青虫の姿は消えていました。 もうサナギになるためのサンショウの葉っぱを十分食べることができたのでしょうか、あるいは、サナギになるためにどこかに移動したのでしょうか、そしていつか、アゲハチョウになって舞い戻ってくるのでしょうか、どうも青虫の心理も行動もよくわかりません。(笑) もしなにか進捗があったら、この…

続きを読む