お空を泳いだ雲が見た!

「あるとき、私は、ビルマ(ミャンマー)のチン州の山の中にある小さな村を見つめていました。」と高い空を泳いでいた雲が言いました。 「その山々は言葉にもならないくらい見事なチークの林に覆われていました。そして、この地域には50以上の少数民族の人々が住んでいました。「でも、人間って不思議な存在ですね。ちょっと言葉や生活のしかたが異なるだけで、すぐに人間は差別を始めるんですからね・・・・・私たち大空に浮かぶ雲は、どんなに形が変化しようとも、雲はいつまでも雲なのに。元はと言えばみんな水なのにね・・・・・・」 と大空の雲が話を続けました。 「今日は、私が見たお話をしましょう・・・ビルマのチン州の深い深い山奥に貧しい村がありました。その村に住む一人の若者は生活に疲れていました。いえ彼だけでなく村に住む若者はみんな生きる希望を失っていました。。ビルマの貧しい生活に疲れていたのです。」 と雲は語りました。 「俺はもうこんな山奥に住みたくない。」と若者は大きな声を出して言いました。 「村にはなんの仕事もない。この国の軍人はすべてを独占し、俺たちの自由を奪った。俺たちには、もうなにもできない!!いつまでたっても、この貧乏から抜け出せない。俺たちの目を奪い、口を塞(ふさ)ぎ、耳を閉いでしまった。なぜビルマは豊かにならないんだ。なぜ奴らは俺たち少数民族を馬鹿にするんだ。俺はこの山を下りよう。これから大きな町に出て会社員になる。給料取りになるんだ。もう山の中は嫌だ!」 若者は、涙を流して制止する…

続きを読む