韓国の陜川(ハプチョン)と大邱(テグ)で行われた8月6日の原爆慰霊祭ー·

DSC02807 (2).jpg

 明治維新以後、朝鮮侵略を進めた日本は、1910(明治43)年の日韓強制併合により朝鮮を植民地としたため、生活基盤を失った多くの人々は職を求め日本に渡らざるを得ませんでした。また、戦時中の労働力不足を補うため、強制連行や徴用によって多くの朝鮮人が日本で働かされ、敗戦時、日本には約300万人の朝鮮人がいたといわれています。広島と長崎では、徴用された人々の中で約4万人(3万人ー広島、1万人―長崎)もの韓国・朝鮮の人々が原爆で亡くなっていたのは、実に大きな衝撃でした。

2016年8月6日、韓国で四番目に大きな都市大邱(テグ)で、ハプチョンに続いて韓国人・朝鮮人の原爆慰霊式が行われました。私は日本からの反核平和巡礼の18名を代表して挨拶を要請されたので、(1)私自身が戦後の広島出身であること(2)広島市へ救援にでかけた近所の人々が被ばくして、原爆症で長く苦しんでいたこと。(3)今は、子ども向けの創作などを書いており、韓国でも7冊の本が翻訳出版されていることなど織り交ぜてお話しました。そして最後に、慰霊式に参加されている市民の方々に、「私は戦後生まれで、戦争は体験していません。しかし多くの日本人は、日本がかって韓国を侵略し、多くの人々に凄絶な苦しみを与えたことに本当に申し訳なく思っています。一部の政治家を除き、みんな日本人は、心から謝罪したいと思っているのです。私も心から謝罪したいと思います。」と涙声で述べてスピーチを終え、壇上より下りたとき、一人の中年女性が近づいて来ると、なにか大声で叫んだのです。

  私は通訳をされた崔勝久さんに「いったいなんて言われたのでしょうか」と尋ねたら、「あなたは本当に日本人か? 私は日本人が謝罪するのを初めて聞いた。私は柳というものだが、戦争中には家族が二人も殺されている。もしあなたが日本人だったら土下座して謝れ」と言っているというのです。「いいですよ。」私は少しも驚かず、土下座しようとしたら、その女性は私をじっと見つめるなり、私の手をとって「いえ、土下座ではなくハグを!」と頼んできたのです。

「もちろん!」私は喜んで、その中年女性と暖かいハグを何度も繰り返したのでした。どんなに嬉しかったことでしょう。2016年8月6日、韓国の大邱市で開かれたとても心爽やかな「原爆慰霊祭」でした。



ー「従軍慰安婦」に関する韓日の歴史的なわだかまりや謝罪も、これと似たような表明が必要でしょう。まずは日本を代表する安倍首相、麻生外務大臣、在韓日本大使などの関係者3人が来韓し、慰安婦の人々に直接会って、ドイツのブラント首相が行ったように、ひざまずいて謝罪するなり、ハグするなり、心からの誠実さを表明すべきですね。こうした誠意が、今求められているのです。

敗戦時の300万人の数字は、韓国人原爆犠牲者慰霊碑からの引用http://www.pcf.city.hiroshima.jp/virtual/VirtualMuseum_j/tour/ireihi/tour_11.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント