現代寓話「コンキチ」が伝えた人間の実存的存在

現代寓話「コンキチ」が伝えた人間の実存的存在 The Lonely Fox KONKICHI 「コンキチ」 2004年4月24日に、目黒パーシモンホールで開催されたICLC主催「語りの会」とお話の感想です。(約180名参加) . 原作田島伸二、林洋子の語りと劉宏軍の音楽、2004年に4回上演され大きな感動を巻き起こしました。「狐のコンキチは、山が壊されていくので、コンキチは、とうとう狐をやめて、人間になることを決意 します。会社員になったコンキチは、ゴルフのクラブを握って喜んだり思う存分人間生活を楽しんでいましたが、彼の会社とはな んと毛皮会社。そのためコンキチは、ある日、社長命令を受けて、鉄砲をもって毛皮を獲りに故郷の山へ向かいます・・・・・・・・ 」 コンキチは、アジア地域で28言語に翻訳出版されています。 ーこのような感動的な物語が日本に存在しているのを初めて知りました。深くておもしろい物語ですね。語りになるとまるで本物の世界が広がっているのを感じます。語りのもつ圧倒的な力に驚きました。でこの物語、早く読みたいです。林さんは、一字一句書かれた物語を全部、暗記されているのですね。1時間も語ることができるなんて、すごい!また聞きたいです。 ― 昨日の林洋子さんのコンキチの語りの公演、素晴らしかったです!渾身の熱演でした。また感動させて頂きました。私もコンキチと一緒に泣いたり笑ったりため息をついたり。息子もそれなりにすごい。花束贈呈も初体験させて頂き、舞い上がって…

続きを読む

モンゴルの大草原で、馬に乗る子どもたち

モンゴルの大草原で、馬に乗る子どもたち 子どもたちにとって、これ以上の幸せはありません。 ーこのようなモンゴルのゴビ砂漠に、日本の福島原発から出た膨大な放射性廃棄物を埋設処分することが、考えられていました。これは日本人として、絶対に許してはなりません。世界中の原発はすべて廃炉にして、自然エネルギーだけで、人間は生きていくべきです。 Necmi Çelikcan https://www.facebook.com/photo.php…

続きを読む

知っていますか?恩送り

劇作家として有名な井上ひさし(1934-2010)は、不遇な幼時期を過ごした。 井上は、幼い頃、父と死別し、義父の虐待を受ける子どもだった。貧しさのため母に手を引かれて児童擁護施設に預けられた井上は時々、不良少年と付き合い、中学生になると店で物を盗んだりもした。ある日、彼がある本屋で国語辞典を盗み、本屋のおばあさんに捕まった。おばあさんは「そんなことをすれば私たちはどうやって暮らせるのか」と言って、井上に裏庭にある薪を切らせた。 そのおばあさんは薪をすべて切った井上の手に、国語辞典とともに、辞典代を差し引いた日当を握らせた。「こうして働けば本を買える」。後に作家になった井上は文集で「そのおばあさんが私に誠実な人生を悟らせてくれた。いくら返しても返し切れない大きな恩」と回想した。彼は作家として有名になり、故郷の山形県川西村に自分の蔵書を寄贈して図書館をつくったほか、現地の農民を対象にした農業教室「生活者大学校」を設立した。 またその本屋があった岩手県一関市で生涯、同僚と一緒に無料文章講習を開いた。これを井上は「恩送り」といった。誰かから受けた恩を直接その人に返すのではなく、別の人に送る。そして恩を送られた人はまた別の人に恩を渡す、恩がぐるぐる回る世の中をつくろうという趣旨だった。 ー私はこの記事を読むたびに涙が流れるのを覚えます。幼い井上ひさしと本屋のおばあさんとの出会いー井上ひさしの人生は、このおばさんとの出会いの温かさによって、始まったのでしょう。そしていつも思うの…

続きを読む