パチンコ・アテネのソクラテス

東横線の自由が丘の駅前に小さなパチンコ店があった。今もそれがあるかどうかはよく知らないが、とにかくそのパチンコ店の名称は、アテネといった。パチンコーアテネ・・・・私はその名称がひどく気にいった。  ある雨の日、ふと覗いてみたら、客が少なかったので入ってみた。パチンコ店は、通常繁盛しているところや混み入っているところほど客の入りはいい。たくさん客がいないと、この店は当たりが少ないのではと敬遠される。私は、この日は当たり外れはどうでもよかった。とにかく気がむしゃくしゃして、丸い玉を転がしたかっただけだ。 ところが、びっくりしたのは、私の隣の台にどこかで見かけたような風貌。彼は日本人ではない。外国人の顔。ええと待てよ。この顔はどこかで見たようなことがある。そう言えば、彼はギリシャの哲人ソクラテスと同じような風貌をした老人・・・・しかし、なぜそのような男がパチンコ台に向かって、真剣な対話でもするかのように、玉をうっている。一心不乱。ハハハハハハハハ・・馬鹿も休み休み言え!なぜソクラテスが自由が丘のパチンコ屋に現れる・・・・とは思っては見たものの、横顔は正真正銘のソクラテスに見える」 しかし私がソクラテスを知っていると言っても、それは高校時代に美術部に属し、石膏で作られたソクラテス像をデッサンしたに過ぎないものだから疑わしい。だが、その男はまるでタイムカプセルから抜け出してきたようだ?鼻といい目元といい。いいや、待てよ、路上生活者とも言えなくもない・・・・ときどき新宿界隈で見かけ…

続きを読む