アウチンの物語(雲の物語より)ーミャンマー死のダイビング

12512663_1320042731345453_414668562732798751_n.jpg

*この物語は、ミャンマー語に翻訳されて、雑誌に掲載されて、広く読まれました。その時期は、ミャンマーでの大規模な森林伐採で、実際に大洪水が起きていたので、「状況を警鐘する」物語になっていたそうです。

死のダイビングーアウチンの物語(雲の物語より)

「あるとき、私は、ミャンマーのチン州の山の中の小さな村を見つめていました。」と高い空を流れていた雲が言いました。
「その山々は言葉にもならないくらい見事なチークの林に覆われていました。そして、この地域には50以上の少数民族の人々が住んでいました。「でも、人間って奇妙な動物ですね。言葉や服装がちょっぴり異なるだけで、すぐに人間は差別を始めるんですから」と雲は言いました。
「大空に浮かぶ雲って、どんなに形が変化しようとも、いつまでも雲は雲。元はと言えばみんな水ですからね・・・・・・」
と大空の雲がさらに話を続けました。

「今日は、私が見たお話をしましょう・・・ミャンマーのチン州の深い山奥に貧しい村がありました。その村に住む一人の若者は生活に疲れていました。いえ彼だけでなく村に住む若者はみんな生きる希望を失っていました。ミャンマーの貧しい生活に疲れていたのです。」
と雲は語りました。
「俺はもうこんな山奥に住みたくない。」と若者は大きな声で言いました。
「村にはなんの仕事もない。この国の軍人はすべてを独占し、俺たちのすべての自由を奪った。俺たちはなにもできない!!いつまでたっても、この貧乏から抜け出せない。軍人たちは、俺たちの目を奪い、口を塞(ふさ)ぎ、耳を閉いでしまった。・・・・・なぜミャンマーは豊かにならないんだ。なぜ奴らは俺たち少数民族を差別するんだ。俺は必ずこの山を下りる!これから大きな町に出て会社員になるんだ。給料取りになるんだ。もう山の中は嫌だ!」
若者は、涙を流して制止する母を振り切ると、シャン州の険しい山道を5日間も歩いて大きな町へ出ていきました。彼は学歴は無かったのですが、彼は誰よりも山の中のことをとてもよく知っていたので、運よく会社員になれました。彼が働く会社は、この国でも有名な材木会社。給料は高級ではありませんでしたが、心は嬉しさではちきれるような気がしました。彼は一生懸命に働きました。
会社の社長はよく「わが社はこの国で一番の売り上げを誇る材木会社じゃから・・・どんどん大きな木を切って、どんどん材木の輸出量をふやせよ。中国や日本など外国の金持ち連中が、大喜びでチーク材を待っている。」といつも話していましたが、社長の命令を受けると、彼は喜んで自分でチークの山に乗り込んでいくようになりました。

彼はチークの木のことをよく知っていたのです。チンの山奥のどこにチークの巨木があるかということはほとんど村人から聞きだしていたのです。大木を見るととてつもない金額に見えました。そしていつの間にか、彼の足は故郷の山へ向かっていきました。そして瞬く間に故郷の山々に生えていたチークの巨木が次々と切り倒されていったのです。
大木が切り倒されるたびに、彼はどんどん会社内で昇格していくので、誇らしさで胸が一杯でした。毎日、はちきれるような嬉しい思いでした。しかし心の奥底にはズキンとした鋭い痛みが走るのを覚えるのでした。故郷で会った女友達やお母さんが、いつも哀しそうな表情で、彼の巨木探しを見つめていたのです。
「ネッ!お願い。木を切らないで・・・村の大切な木を切ったら今に恐ろしいことが起きるから・・・木を持っていかないで・・・・」と幼なじみが言いました。でも彼は耳を傾けようとは思いませんでした。
「なーに、山は大きいんだよ。果てがないんだよ。大きな木をどんどん切っていかないと若木が育たないだろう。若木はあっとう間に大きくなるからね。・・・それに俺はもっともっと働いて、高給取りになるんだ。そうしたらお前を迎えにくるからね。お母さんだっていい暮らしができるよ」
そういって、故郷の村に生えていた巨木をすべて切り倒してしまったのです。会社の社長は大喜びでした。あっという間に故郷の山々などは丸裸になっていきました。
それからしばらく過ぎていったとき、かれはある日、友だちから自分の故郷の山で大きな土砂崩れであったことを知りました。その報を聞くと、すぐに長雨の中を歩いて故郷へ帰っていきました。彼は給料をもらったときは、何度か帰郷したことがありましたが、最近は全く帰っていませんでした。するとなんとしたこと・・・いつも村を見下ろせる峠に立ってみても、村がありません。村全体が眼前からそっくり消えていたのです。
自分の家族や近所の家だけでなく―幼い頃から遊んでいた小さな川、楽しかった学校の建物など―全部の姿が消えていました。しかも隣の村々まで大きな土砂ですべてが埋まってしまっていたのです。
「おっかさん・・・・・・」と大声で呼んでみましたが、たくさん折れ曲がった木々が土砂に混じって、風に吹かれて揺れているだけでした。小さな十字架が泥に埋まっていました。女友だちのものでした。話によると村人たちは全部土砂に埋まってしまったということでした。「ああああ・・・僕は町の会社員になりたいと思ったばっかりに、山々の木々を全部切ってしまって土砂崩れの原因を作ってしまった。故郷の山々や人々をすべて亡ぼしてしまった。」
かれは泣き叫びながら、故郷の山々を何日も彷徨(さまよ)いました。
それから、彼はチンの山に帰ったのか、あるいは町に帰っていったのか・・・・誰も知りません。町の中でも山の中でも、彼の姿を二度と見ることはありませんでした。しかし今でも、チン州の山々には、チェンソーの音が響き、木々は次々と切り倒されているのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

雲は言いました。

「私はチンの山奥でこの話しを聞いたのです。たくさんの木々が悲鳴をあげて苦しんでいること・・そしてたくさんの若者たちが悩んでいることを・・チン州の貧しい若い娘たちは、国境を越えて隣の国の男たちに身を売りに行き、エイズという死の病にかかって帰ってきました。若い男たちは、マラリヤのはびこる故郷を出て、材木を切り倒すために都会の材木会社へと働きに出ていきました。
鉄のチェンソーは容赦なくチークの巨木を切り刻んでいきました。そして、あちこちの集積所には見事なチーク材が集められると、次々とトラックに載せられて金持ちの住む国々へと運ばれていったのです。これはすべて軍人政府の闇取引だと言われていました。地元の悪徳商人や中央の役人たちが深くからんで賄賂が横行していました。かれらは自分の懐だけを肥やしていたのですから。美しいミャンマーの風景は次々と消えていきました」
と雲は言いました。

「それからしばらくたったとき、アウチンと呼ばれる小鳥が、チンの山々を越えて空高く舞い上がっていくのを見ました。」と雲は言いました。
「それはチン州ではよく知られている美しい小鳥、メス鳥をバォコク・ヌーと言い、オス鳥をバォコク・パーと言いました。」と雲が言いました。
美しい森を失った小鳥は、気でも狂ったかのように、羽ばたきながら、大空へ上昇していきました。そして、これ以上に飛べない高さまで達したとき、小鳥は突然羽を閉じると・・・・地上に向かって落ちるように飛んで、地上に激しく衝突して死んでしまったのです。チンの小鳥は、最愛の伴侶が殺されたときには、その死を悲しむ余り、このような形で死の選択するのですが、今日のアウチンは最愛の「森」を失ったことに激しい怒りや悲しみを感じて死のダイビングを行ったのです。
「私にはチンの小鳥の悲しみがよくわかります」と雲が悲しそうに言いました。「豊かな森が消えていく恐ろしさと哀しさ・・・・今、ミャンマーの人々は、まるで小鳥アウチンのように、激しい情熱をもって、自由を求めて、限りなく大空へ大空へと昇っていっているのです。限りない大空へ・・大空へ・・そしていつの日か、激しい怒りをもって、木を伐採する人たちに向かって激突を始めるのです。」と雲は語りました。
「あなたには見えますか?今、ミャンマー全土で無数のアウチンたちが、嘆きながらも雄々しく大空に向かって次々と舞い上がっていく姿を・・・・そして彼らが、まぶしい光のくしゃみとなって地にふり注ぐとき、ミャンマーは必ず変わり始めていくのです。」
雲はそう静かに語り終えると、ミャンマーの大空から静かに去っていきました。

12967342_1320041978012195_5001500722560135939_o.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント