「コロナウイルス」とは人類にとって一体何でしょうか? コロナウイルスは、人間の生き方に対するウイルスの異議申し立て…

    実はこれは人間という生き物に対する自然界のリベンジともいうべきものではないでしょうか。ウイルスの反乱です。言わば自然の復讐です。人間の歪でアンバランスな文明の発展によって、これまで自然のあらゆる生き物たちが人間によって追い詰められ無残にも殺され環境をズタズタに破壊されてきたのですが、そのつけともいうべき自然の復讐が始まったと言えるのではないでしょうか? 2020年4月8日の朝日新聞で、社会学者の大澤真幸さんは、  「ウイルス自体は文明の外からやってきた脅威ですが、それがここまで広がったのは、『グローバル資本主義』という社会システムが抱える負の側面、リスクが顕在化したからです。未知の感染症は野生動物が主な宿主。世界中の原生林が伐採され、都市化された結果、野生動物との接触機会が増え、病原体をうつされるリスクも高まった。英国の環境学者ケイト・ジョーンズは『野生動物から人間への病気の感染は、人類の経済成長の隠れたコストだ』と指摘しています」。そして「新型コロナウイルスの深刻な特徴は、感染の広がるペースがあまりにも速いこと。2002~03年に中国南部から広がった重症急性呼吸器症候群(SARS)とはまるで違う。病原体自体の性質の違いもありますが、中国がグローバル資本主義を牽引(けんいん)し、国内外への人の移動が飛躍的に増えたことが確実に影響している」と述べています。 全くその通りです。海を山や地を生き物を覆い尽くしていく人間の自然破壊や宇宙破壊・・・・。現在の爆発的なコロナウイル…

続きを読む