大亀ガウディの海の叫びー世界ヒバクシャ展緊急フォーラム」にて上映

福島の原発事故で、三陸沖では深刻な海洋汚染が続いている。20年前、大海に住むあらゆる生き物が放射能汚染で追われる叫びを、「大亀ガウディの海」は描いた。これは英語版をもとに、アジアの17カ国々に広がっていったが、しかし原発建設の現実は今や、中国やインドをはじめ拡大の一途をたどっている。

このビデオは2011年12月7日、めぐろパーシモンホールで開催された「世界ヒバクシャ展緊急フォーラム」ー福島から全国へ広げよう。女性たちのWA! での上映のために制作されました。 
作:田島伸二  
制作協力: 福田良典、小澤真人
NPO法人世界ヒバクシャ展:森下美歩、安在尚人

http://www.youtube.com/watch?v=VvoQzYakaO4(大亀ガウディの海の叫び)

画像



21世紀の地球の未来は、予期できないほど怖ろしい姿を現してきた。この本は、原子力の脅威を早くから指摘してきた高木仁三郎氏が高い評価を行っている物語である。

http://tajimaiclc.at.webry.info/200512/article_13.html (古屋和子の語り)























"大亀ガウディの海の叫びー世界ヒバクシャ展緊急フォーラム」にて上映" へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: