パキスタンで舞台化された世界30言語で翻訳された「コンキチ」の寓話

コンキチの創作を書き始めたのは 1974 年、もう 40 年前になりますね。当時、遊学していたド イツのミュンヘンにあるアパートの6階で、小雪が舞っているアルプスの方角を眺めながら、 ふと思いついて書き始めた寓話です。そのとき私は26歳、毎日、バイエルン州立図書館に通 っていました。そして人生を限りなく夢想していたのです。 その頃は、春になって暖かくなったら、ドイツから汽車で出発し、トルコの黒海を船で渡り、シ ルクロード経由でインドのシャンティ二ケタンの大学へ遊学を始めようと考えていたときでしたが、降 り積もる雪を見ているうちに、私はふと生まれ育った広島の山間部にある故郷の三次を思い出して いたのです。故郷にも、同じように今は雪が降っているだろうなと想像したとき、不意に雪の中 に一匹のキツネのイメージが浮かんできたのです。 「そうだ!キツネの物語を書こう!それは私自身の生き方を表現するものになるかも知れな い。そのキツネは、山の自然を破壊され、絶望感とともに、人間へのあこがれなど複雑な気持 ちを持って、人間に変身する―そして山を下り、会社人間となって夢中で働く人生。しかし、キ ツネを待ち受けていた人間世界とはいったいなんだったのか? 人間は生涯をかけて生きるために懸命に働く仕事の意味はいったい何か、人生とは?生活と は?幸せとは?私自身の人生を重ね合わせながら、1篇の創作に10年もの歳月をかけて 「コンキチ」の物語を書き上げてみたのです。この物語が初めて刊行されてから…

続きを読む

原発で働いている人々ーコンキチの物語は叫ぶ

ーコンキチの物語は叫ぶ この物語は40年も前に書かれ、英語やアジアの言葉で世界中で読まれていますが、日本ではほとんど知られていない物語です。2001年、ベルリン第1回国際文学祭で二度朗読されたこの物語は、寓話形式で書かれています。ベルリンでは広島弁とドイツ語で語られました。 現在の世界の非情な人間空間の中で、だれも人間はこのような一匹の「コンキチ」となってさびしく鳴いている。そして母なる自然を殺しているのです・・・・・・・・・・・・・                              タイ語版「さびしい狐」                               韓国語版「さびしい狐」 http://www.youtube.com/watch?v=BzUQgwKNmdU (林洋子の語りー最後の5分)                    福島の原発事故で広大な太平洋が放射能汚染された もともとは「原発や工場で働いている平凡な人間の残酷さを一匹の狐に例えて」描いたものです。これは「大亀ガウディの海」の中に収録されています。(透土社・丸善刊)現在は絶版となっています。2012年5月末にソウルから、この絵本「狐の涙」のハングル語版が翻訳出版されました。

続きを読む

ベルリンで語られた「コンキチ」の物語が、東京や京都で語られた日

「コンキチ」の語りを聞きに行ってきました。行ってよかったです。なにより「コンキチ」、です。子ども向けのユーモラスなお話を勝手に想像;していたのですが、とてもシリアスな内容だったんですね。そして最初は現代文明批評がこめられている作品なのかなと思って聴きはじめたのですが、進むにつれて、そんな図式的なことではなくて、人間がもっている普遍的な問題、痛みに真っ正面からズンズン切り;込んでいく運びに、息を呑んでしまいました。 コンキチは「あなたの街」にいるだけではなく、多くの人の中に、そして自分の中に;も、いるのだという気がしました。作者の視点には、それでいながら、そんな人間に対するやさしさを感じます。それを語り出す演者にも、とても力があって朗読ではなく語りもののスタイルであるところも興味深かったです。 林洋子の語り+劉宏軍のフルート 2004年

続きを読む

原発で働いている人間を描いている物語・・・・コンキチは叫ぶ

この物語は、何十年も前に書かれ、英語版で世界中で読まれていますが、日本ではほとんど知られていない物語です。2001年にベルリンの第1回文学祭で二度朗読されたこの物語は、寓話形式で書かれています。 「原発で働いている人間の凄絶さを一匹の狐に例えて」描いたもの。大亀ガウディの海(透土社・丸善刊)現在は絶版となっています。 現在の日本の非情な人間空間の中で、だれしも人はこのような一匹の「コンキチ」となって鳴いている。そして母なる自然を殺しているのです・・・・・・・・・・・・・ http://www.youtube.com/watch?v=BzUQgwKNmdU (最後の5分) http://www.youtube.com/watch?v=GAGZnd9CrVg (全物語ー50分) 2001年、ベルリンでドイツの俳優たちによる朗読

続きを読む

バンコクで「命の叫びシリーズ」3冊の児童書が翻訳刊行されました。

2010年4月6日、タイのバンコクで、3冊の本がタノムオン・タマサート大学教授によって翻訳出版され、ブックフェアーで紹介展示されました。 「狐のコンキチ」、「大亀ガウディの海」、「雲の夢想録29篇」です。厳しい政治状況の続いているバンコクですが、こうした「命の叫びシリーズ」の本3冊がタイの子どもたちに読まれるのは、本当に嬉しいことです。 http://www.chulabook.com/description.asp?barcode=9786169054009 (タイ語のガウディ) http://www.chulabook.com/description.asp?barcode=9786169054016(タイ語のコンキチ他5篇) 子どもが未来を創ります。大人ではありません。

続きを読む

楽劇ーコンキチの上演がもたらした世界的な意味

日本・中国・韓国の3カ国共演「楽劇」 平成20年度文化庁芸術祭参加作品ー渋谷セルリアン能楽堂&越谷能楽堂  KONKICHI-さびしい狐 (動画)  原作:田島伸二 芸術監督(作曲):劉宏軍 脚本・演出;東龍男 監修:三隅 治雄 振付:ラッキィ池田 コンキチ:大藏基誠(能楽師狂言方大藏流) 社長:中村京蔵(歌舞伎俳優) 人事部長:ラッキィ池田 チャモチャモ:寇然(京劇俳優) コンキチの母;ヤンチェン(歌手) 鹿の母:左威 カヤグム:金オル 森の動物たち: 彩木エリ  足立夏海 宇田川裕之 安達雄二 藤田可奈 ●天平楽府平成組 打楽器/伊勢 友一 尺八/三橋 貴風、水川 寿也  笙/銭 騰浩  打楽器/はたけやま 裕  鼓/藤舎 花帆●民俗工房  カヤグム/金 オル アートディレクター:三隅 雄亮 面師:渡辺 雄司 人間に変身したキツネを通じて自然に対する人間のあり方を問う寓話(ぐうわ)「コンキチ」(田島伸二原作)の楽劇「KONKICHI」が、2008年、渋谷セルリアンタワーホテル能楽堂(10月28日)、と越谷市の日本文化伝承の館「こしがや能楽堂」(10月17日)で上演された。音楽は、劉宏軍による日本・中国・韓国3カ国の伝統楽器で編成された楽団の生演奏。 「コンキチ」は、呪文を使って人間に変身したキツネが毛皮会社の社員となり、やがて銃を手に故郷の森に入っていく姿を通し、動物と人間の共生の大切さを描いた作品で、アジア各国では、…

続きを読む

Indian Dance Performance "KONKICHI, the Lonely Fox

***************************************************** Indian Dance Performance "KONKICHI, the Lonely Fox" other programs: traditional and contemporary Indian dance Korean Traditional Music (Kayagum) ***************************************************** Date 6 May 2009 (Wednesday, Public holiday) Door opens at 6:45 pm / Program starts at 7:00 pm Place Nakameguro GT Plaza Hall (B1F) Address : 2-1-3, Kamimeguro, Meguro-ku, Tokyo. Nakameguro station on Hibiya Line (Tokyo Metro) and Tokyu Toyoko Line Tickets 2,500 Yen for advance 2,800 Yen at door 1,800 Yen for ICLC members Inquiry ICLC 090-6507-1243 (FAX…

続きを読む

「コーン、コーン」コンキチの舞台は世界を駆けめぐる!

コンキチの舞台がこれまで行われた国 2000-パキスタン(イスラマバード)  2つの演劇集団(国立演劇学校など)による演劇 2001-ドイツ(ベルリン)         第一回ベルリン国際文学祭(2001年)、3人のドイツの俳優による朗読 2003-南アフリカ (ダーバン)    アフリカ国際文学祭(南アフリカのナタル大学にて) 2004-日本(東京、京都、広島)   林洋子の語り(日本)、劉宏軍の笛(中国)4回公演、東京、京都、広島 2006-日本(東京)           パジパイの舞踏(インド)、ホッフマンの音楽(米国)5回公演 2007-韓国               パジパイの舞踏(インド) 2008-日本(埼玉、越谷       日本・中国・韓国の3カ国共演「楽劇」文化庁芸術祭参加ー越谷能楽堂 2008-日本(東京、渋谷       渋谷セルリアンタワー能楽堂 (昼夜2回) 2007-日本(東京)  パジパイの舞踏(インド)T.Mホッフマンの音楽(米国) 2004-日本 (東京、京都、広島)   林洋子の語り(日本)、劉宏軍の雲南省の笛(中国) 2001-ドイツ(ベルリン)    ドイツの3人の俳優(ナオミ・クラウスなど)                   による朗読 (第1回ベルリン国際文学祭) 2000-パキスタン(イスラマバード)  2つの演劇集団による演劇 …

続きを読む

アンコールの鳴り止まなかった楽劇KONKICHIー10月17日、越谷能楽堂で初上演!

総檜で作られた能楽堂の雰囲気は、神聖にしてなかなか精神的にも緊張するものがある。観客席に突き出た舞台様式は、古くから社殿などで使われており日本人の舞劇や神楽の中心にあったもの。越谷の能楽堂は、広大な庭園に面して建てられており、まだ歴史は10年ぐらいらしいが、実に美しい庭園の前にあった。 学生時代、貧乏旅行で、ギリシャのプロポネソス半島を旅したとき、エピダウロスというところでギリシャの半円形の大理石の巨大な舞台遺跡をみたことがある。エピダウロスの遺跡は、2千年以上も前のものなのに、遺跡というよりも、現役で使われているように見えた。実際、現在も使われているのだろう。石は決して朽ちないのだ。こうした場でギリシャ悲劇や喜劇が、月下で行われたのだろうが、それはなんと優雅で美しい世界であったことだろう。演劇は、舞台の雰囲気で決まるからだ。越谷の能楽堂を見たとき、一瞬そのような感じがあった。 日中韓の楽劇「KONKICHI」が始まった。リズミカルでテンポの良い劉宏軍さんが率いる「天平楽府」の調べが流れると、歌舞伎役者の中村京蔵さんが、女形の衣装で舞台に艶やかに登場した。彼は女社長を歌舞伎のスタイルのままに演じた。口調は歌舞伎のままでいかにもおもしろい。コンキチ役の大倉基誠さんも狂言役者として、舞台を走り回り、そしてキツネの鳴き声で吠えに吠えた。コンキチにピッタリの配役であった。ラッキイ池田さんは、いかにも軽やかに笑いをふりまいた。 また中国からの出演者である動物の鹿役の左威さんのソプラノの美し…

続きを読む

「コンキチ」の舞台公演が始まった!渋谷のセルリアンタワー能楽堂は10月28日昼夜公演

今秋の最高の狂言+歌舞伎+京劇+仮面劇が始まる!渋谷セルリアンタワー能楽堂で10月28日 楽劇ー3カ国が共同で上演する仮面劇「コンキチ」が始まった。多くの人々の心に、21世紀を救う感動的な物語を手渡そうと、日本の伝統芸能や中国古代の音楽を駆使して、自然と人間の内面に深く切り込みながら、生命の躍動感・勇気を奮い起こさせる舞台を企画いたしました。 愛・自然・人間 のありかた、 天平楽府の奏でる楽曲にのせて、 人間と自然の共生の大切さをテーマに、日本・中国・韓国の芸術家たちが競演 楽劇 KONKICHI (日中韓三国共同制作)  平成20年度文化庁芸術祭参加作品 多くの国で翻訳出版され、広く読まれている田島伸二作の物語「コンキチ」が、日本・韓国・中国の狂言師、歌舞伎役者、京劇役者、現代舞踊家、音楽家たちにより、新しい楽劇として新しく登場しました。 (東京)渋谷セルリアンタワー能楽堂 昼公演 夜公演 10月28日(火)午後3時開演の回又は午後7時開演の回  前売10000・9000円 KONKICHI のホームページ: http://j-asia.jp/konkichi/

続きを読む

今秋の最高の狂言+歌舞伎+京劇+仮面劇が始まる!渋谷セルリアンタワー能楽堂で10月28日

今秋の最高の狂言+歌舞伎+京劇+仮面劇が始まりました!渋谷セルリアンタワー能楽堂で10月28日!! 音楽は、唐時代の楽器を使っての演奏天平楽府の劉宏軍、そして日本と中国の超一流の歌舞伎役者、狂言役者、そして京劇のエンタテーナー、そして韓国のカヤグムの奏者と日本の尺八・・・・・など総力で楽劇」コンキチを演じます。「コンキチ」は、現代を生きる人間を風刺しながら、人間のありかたについて、ユーモアと愛をもって語りかけた寓話です。 世界中で翻訳されると同時に、パキスタンでは2000年、国立演劇学校での舞台化、ベルリンでは、2001年、第1回国際文学祭でドイツの俳優によって上演、また日本では2004年に語りの林洋子氏が、劉宏軍氏と上演、2006年にはインドの舞踏家であるパジパイ氏が、米国の音楽家ホフマン氏と上演し、大きな感動を呼び起こしています。 物語の日本語版は、透土社・丸善から、英語版はオックスフォード大学出版局から刊行されています。 この「コンキチ」の物語が、日本・中国・韓国の三カ国の共同で、10月17日(金)、こしがや能楽堂で、 10月28日火)は、渋谷のセルリアンタワー能楽堂で開催されます。 越谷の能楽堂は、美しい大きな池に面した彩の国にふさわしい豪華な能舞台ですね。 今夜は少し陰りますが満月です。 (平成20年度文化庁芸術祭参加作品)どうぞ、皆さま、お待ちしています。 http://tajimashinji.at.webry…

続きを読む

現代を良く生きるには、心を動かす創作活動が必要ですね。

コンキチの創作を書いたのは、もう35年前になるんです。当時、ドイツのミュンヘンにあるアパートで、小雪が舞っているアルプスの方角を眺めながら、ふと思いついて書き始めた寓話です。当時私は、春になって暖かくなったら、ドイツを出発しトルコの黒海を経て、シルクロードを陸路で行ってインドへの遊学を始めようと考えていたときでしたが、降り積もる雪を見ているうちに、ふと私は生まれ育った広島の県北部にある故郷を思い出していたのです。 そしてその故郷にも、同じように雪が降っているだろうなと想像したとき、不意に雪の中に一匹のキツネのイメージが浮かんだきたのです。「そうだ!キツネの物語を書こう!それは私自身の生き方をリアルに表現するものになるかも知れない。そのキツネとは、山の自然を破壊され、絶望感とともに人間へのあこがれなど複雑な気持ちを持って、人間に変身していく―そして山を下り、会社人間となって夢中で働く人生。しかし、キツネを待ち受けていた人間世界とはいったいなんだったのだろうか? それは希望を求めながらも限りなく絶望に囲まれた世界でもあったのです。人間は生涯をかけて、生きるために懸命に働く仕事の意味はいったい何でしょう?生活とは?幸せとは?喜びとは?愛とは?私自身の人生を重ね合わせながら、短い創作に10年の歳月をかけて「コンキチ」の物語を書き上げたのです。この物語が初めて刊行されて、2004年には語りが林洋子さんによって語られた時、参加者からは実に多くのメッセージを頂いた。 ―「コンキチ」について。子…

続きを読む

世界へ広がったコンキチの世界ー舞踏劇と尺八

インドのパジパイ氏と米国のホッフマン氏の音楽上演より(録画) コンキチの物語は、KONKICHI-The Lonely Foxという英文のタイトルで、1988年に刊行されたが、翻訳は、ベトナムのハノイで翻訳出版されたのが最初である。翻訳者のホーティータンさんは、「ベトナムの人間にとっては、「コンキチ」はまるで自分自身のように思えるのです。」としみじみと語った。「私たちベトナム人にとって、バンコクのような明るく輝くネオンサインの世界は、希望の世界のようにも見えて、暗い自分たちの山(故国)を下りてっているような気がするのです。まるでコンキチのように・・・・しかし帰国するときには、エイズになったり環境破壊を行ったりで、私たちはいつのまにか、コンキチになっているのです。これは私たちの物語なのです」と語った。 2000年、パキスタンのラワルピンデイにある劇場で、国立演劇学校の俳優たちによって初めて演劇となったときには、コンキチ役の主役が山に向かってキツネの鳴き声を「奇妙な声」で何百回となく練習していた姿を今でも思いだす。「キツネがなんと叫んでいるのか、それを再現したい!」と。そしてコンキチが鉄砲で撃ち殺した「母」の存在を、主役は「私たちにとっては、撃ち殺した母の存在とは母国であるパキスタンを意味しているのです」と言ってパキスタンの状況を嘆いた。 2001年、ドイツのベルリンで開催された第1回国際文学祭に招請を受けたとき、ドイツの大勢の子どもたちを前にして、著名な俳優たちが「コンキチ」の物語…

続きを読む

狂言と仮面劇が融合ー日中韓の最高の舞台「コンキチ」が始まる!!平成20年度文化庁芸術祭参加作品

楽劇ー3カ国が共同で上演する仮面劇「コンキチ」が始まった。多くの人々の心に、21世紀を救う感動的な物語を手渡そうと、日本の伝統芸能や中国古代の音楽を駆使して、自然と人間の内面に深く切り込みながら、生命の躍動感・勇気を奮い起こさせる舞台を企画いたしました。 愛・自然・人間 のありかた・・・ 天平楽府の奏でる楽曲にのせて・・・ 人間と自然の共生の大切さをテーマに・・・ 日本・中国・韓国の芸術家たちが・・・ 楽劇 KONKICHI (日中韓三国共同制作)  平成20年度文化庁芸術祭参加作品 多くの国で翻訳出版され、広く読まれている物語田島伸二原作の「コンキチ」が、 日本・韓国・中国の狂言師、歌舞伎役者、京劇役者、現代舞踊家、音楽家たちにより、 新しい楽劇として新しく登場しました。 (東京)渋谷セルリアンタワー能楽堂 昼公演 夜公演 10月28日(火)午後3時開演の回又は午後7時開演の回  前売10000・9000円 KONKICHI のホームページ: http://j-asia.jp/konkichi/ (埼玉) 10月17日(金)午後7時開演の回のみ  前売3500円 学生1500円 会場 こしがや能楽堂(埼玉県越谷市花田六丁目6-1) 交通 武蔵野線南越谷駅から又は東武伊勢崎線新越谷駅からバス・タクシー 日中韓三国共同制作 楽劇 「Konkichi」 田島伸二原作の「孤独なコンキチ」は、現代を生きる人間や社会を痛烈に風刺…

続きを読む

The Lonely Fox -KONKICH さびしいキツネ NO.2

Hearing this, the president frowned and said, ‘Strange name, that is. And Overhill City, Wholehill Street — nothing I’ve heard of before.’ Then he looked intently at Konkichi’s serious worried face. ‘Well, now maybe you are the ghost of the fox over the hills!’ With that, he broke out laughing loudly. His heart nearly leaping up and out of his mouth, Konkichi thought, ‘This is the end! Surely, does he know?’ and as a cold sweat covered his new human body, he replied, ‘Of course not! Mr President, I am a person. I’m not an animal like a fox. Why, look, I don’t even have a tail. I’m a respectable person, I am!’ The president laughed harder and …

続きを読む

The Lonely Fox -KONKICH さびしいキツネ NO.1

It was February, and the rays of the winter sun glittered brightly on the snow that covered everything in sight. In other years, every animal living in these hills would still be fast asleep in winter hibernation, but this year there was one who was wide awake. Although the first warm breeze of spring was yet far off, Konkichi the fox crawled up and out of the deep hole that he had dug to pass the winter in sleep. Young Konkichi was deep in thought. Now, before you say that this fox, an animal, could not possibly be deep in thought, remember that a fox, too, has feelings, and cries out ‘Kon’ whenever he is especially happy or sad. A fox these days …

続きを読む

ベルリン国際文学祭から、インドへ広がっていく”コンキチ”の舞台・・・・・・・・・

コンキチの舞台がこれまで行われた国 2000-パキスタン(イスラマバード)  2つの演劇集団(国立演劇学校など)による演劇 2001-ドイツ(ベルリン)         ドイツの3人の俳優による朗読 (ベルリン国際文学祭) 2003-南アフリカ (ダーバン)    アフリカ国際文学祭(南アフリカのナタル大学にて) 2004-日本(東京、京都、広島)   林洋子の語り(日本)、劉宏軍の笛(中国)4回公演、東京、京都、広島 2007-日本(東京)           パジパイの舞踏(インド)、ホッフマンの音楽(米国)5回公演 2007-韓国               パジパイの舞踏(インド) 2008-東京 渋谷、セルリアンタワー能楽堂 楽劇ー狂言+歌舞伎+京劇(平成20年文化庁芸術祭参加)                       日本・韓国・中国の共同公演「KONKICHI] 2007-日本(東京)  パジパイの舞踏(インド)T.Mホッフマンの音楽(米国) 2004-日本(東京、京都、広島)   林洋子の語り(日本)、劉宏軍の雲南省の笛(中国) 2001-ドイツ(ベルリン)    ドイツの3人の俳優(ナオミ・クラウスなど)                   による朗読 (第1回ベルリン国際文学祭) 2000-パキスタン(イスラマバード)  2つの演劇集団による演劇               …

続きを読む

パキスタンで演劇化された“さびしい狐”のコンキチ

月日の過ぎるのは夢のまた夢。 コンキチ」の演劇の話しの発端は1998年のある日、パキスタンのイスラマバードの首都県庁(CDA)で臨時職員として働きながら演劇活動を続けていた28歳のアッサラオ君が、ウルドゥー語訳の私の「コンキチーさびしいキツネ」の作品を是非自分の演劇集団で上演したいと言ってきたことから始まりました。 彼はこの物語を「自分の主宰している演劇集団でドラマ化したい。そのためには自分の手で脚本を書き、そして自分はコンキチの役をやりたい」と並々ならぬ熱意で訴えてきたのです。私は彼の真剣な態度に驚くと同時に、彼の顔立ちがなんとなくキツネに似ているので、これはひょっとするとおもしろいドラマになるかもしれないと快諾したのでした。パキスタンには一般的に余りおもしろいドラマがなく、もしこのユ-モアにあふれしかも深刻な物語を上演できたら、ひょっとすると国際水準の舞台ができるかもしれないと、彼の演劇活動を思いきり激励することにしたのです。 この物語のあらすじは、山の自然環境がどんどん破壊され、子ギツネのコンキチは狐をやめて人間になろうと母に懇願するのです。すると母親は「おやめ。コンキチ、これまでにもたくさんの子ギツネが人間になろうと山を下っていったけど、誰も帰ってはこないんだよ。人間たちがいい暮らしをしているとは思えない。」と説得したのです。 しかしコンキチは山を見限って、特別の術で人間になって、都会の会社で働き始めるのです。ところがその会社は毛皮会社。ある日、会社の倉庫…

続きを読む