ラオスで行われた感動的な絵地図ワークショップ+物語の翻訳出版

2013年8月15日から25日まで、「ラオスのこども」から招請を受け、ヴィエンチャンなどへ行って、絵地図分析ワークショップの開催に協力してきました。素晴らしく楽しい体験でした。これはラオスで活動してきた「こども文化センター」の20年間の活動についての評価を行い、これをもとに今後の方向性を定めようというものでした。またこれまで「ラオスのこども」の代表者であるチャンタソンさんから依頼され、これまでに私の2冊の創作本を翻訳出版していただいています。それは1990年にラオス語で出版された「びっくり星の伝説」、2003年に「大亀ガウディの海」の2冊です。また今回の訪問は、2001年に次いで2回目でした。 PMA(絵地図分析)によるラオスでの3回のワークショップは、8月16日から始まり、メコン川を越え場所を変えて3回開催し、いずれも成功裏のうちに終了しました。参加した子どもや教師たちは、みんなまるで吸い寄せられるように大きな白紙の模造紙に向かって言葉や絵やデザインで、さまざまな自己表現を行い、それを総合分析して「ラオスのこどもたちの理想や未来」について発表したのです。こうした方法に子どもや先生たちがどんなに熱狂したことでしょう。昼食を食べることを忘れたほどでした。  これは、言葉と絵とデザイン表現に本質的な意味を持たせるようにーさらにそれを地図化することこれは、言葉と絵とデザイン表現に本質的な意味を持たせるようにーさらにそれを地図化することによってそによってそれぞれの位置や方向性を顕在化さ…

続きを読む