ラオスで行われた感動的な絵地図ワークショップ+物語の翻訳出版

2013年8月15日から25日まで、「ラオスのこども」から招請を受け、ヴィエンチャンなどへ行って、絵地図分析ワークショップの開催に協力してきました。素晴らしく楽しい体験でした。これはラオスで活動してきた「こども文化センター」の20年間の活動についての評価を行い、これをもとに今後の方向性を定めようというものでした。またこれまで「ラオスのこども」の代表者であるチャンタソンさんから依頼され、これまでに私の2冊の創作本を翻訳出版していただいています。それは1990年にラオス語で出版された「びっくり星の伝説」、2003年に「大亀ガウディの海」の2冊です。また今回の訪問は、2001年に次いで2回目でした。 PMA(絵地図分析)によるラオスでの3回のワークショップは、8月16日から始まり、メコン川を越え場所を変えて3回開催し、いずれも成功裏のうちに終了しました。参加した子どもや教師たちは、みんなまるで吸い寄せられるように大きな白紙の模造紙に向かって言葉や絵やデザインで、さまざまな自己表現を行い、それを総合分析して「ラオスのこどもたちの理想や未来」について発表したのです。こうした方法に子どもや先生たちがどんなに熱狂したことでしょう。昼食を食べることを忘れたほどでした。  これは、言葉と絵とデザイン表現に本質的な意味を持たせるようにーさらにそれを地図化することこれは、言葉と絵とデザイン表現に本質的な意味を持たせるようにーさらにそれを地図化することによってそによってそれぞれの位置や方向性を顕在化さ…

続きを読む

7年前、韓国の南怡島(ナミソム)で開催された絵地図ワークショップ 

7年前、韓国の南怡島(ナミソム)で開催された絵地図ワークショップ  Workshop for Korean children by PMA (Picture Map Analysis) in Namisum of Korea. この絵地図ワークショプでは、参加者に自由課題を与えたところ、キリスト教系の学校の子どもたちは、「南北に別れた私たちの国を、どうやったら統一できるか」という大変難しい課題に挑戦して絵地図を製作しました。こどもたちの政治的感性はすごい!!こうした感性によって、20年後、30年後、100年後の世界が創られていきますね。➡未来を創る教育 https://www.facebook.com/shinji.tajima.129/posts/1234540033229057

続きを読む

世界を救う絵地図ワークショップ!学校を救う!子どもたちを救う!

小学生・中学生というのは、人生の中で最も多くのことを夢見ながらも、最も敏感な感覚と苦しみの変化の中に生きている世代です。私はこうした小学生・中学生を対象に、これまで世界各地で、「私の人生マップ」という絵地図分析ワークショップを数多く行ってきましたが、東京都内の参加者の中学生からたくさんの感想をいただきました。   その一部をご紹介します。人生を言葉と絵と地図で可視化することの楽しさや喜びーそしていろいろな悩みを喜びに変えながら、たくましく生きていける実際的な知恵やスキルを獲得することが絵地図の最大の目的なのです。いじめを苦にして自殺しようとする小学生や中学生などにも、どんなに問題が深刻で複雑でも、必ず道があるということをを励ましてやりたいのです。空間を大きく表現できると、必ず出口が見つかるからです。 * 写真は、都内で行った小学校6年生のワークショップの教室風景です。 都内の中学1年生の感想から 〇 人生マップの作成というのは、今までにない体験で、私はこれからの人生、こういう事があるだろう、あるといいなあということを書きましたが、一度書き始めるとどんどん夢が広がって、時間があればそれこそ何十枚でも書いていたと思います。そして本物の地図らしく、道に沿って、その書いたことが実現するだろうという順番に並べてはっていって、苦難するだろうというところには、岩や山を書いたりして工夫していったら、どんどん新しいアイデアが出てきて、とても楽しかったです。作り終わってみると、5年後…

続きを読む

絵地図ワークショップで、自分自身や世界を変える!

小学生・中学生というのは、人生の中で最も多くのことを夢見ながらも、最も敏感な感覚と苦しみの変化の中に生きている世代です。 私はこうした小学生・中学生を対象に、これまで世界各地で、「私の人生マップ」という絵地図分析ワークショップを数多く行ってきましたが、東京都内の参加者の中学生からたくさんの感想をいただきました。  その一部をご紹介します。 人生を言葉と絵と地図で可視化することの楽しさや喜びーそしていろいろな悩みを喜びに変えながら、たくましく生きていける実際的な知恵やスキルを獲得することが絵地図の最大の目的なのです。いじめを苦にして自殺しようとする小学生や中学生などにも、どんなに問題が深刻で複雑でも、必ず道があるということをを励ましてやりたいのです。空間を大きく表現できると、必ず出口が見つかるからです。 * 写真は、都内で行った小学校6年生のワークショップの教室風景です。 都内の中学1年生の感想から 〇 人生マップの作成というのは、今までにない体験で、私はこれからの人生、こういう事があるだろう、あるといいなあということを書きましたが、一度書き始めるとどんどん夢が広がって、時間があればそれこそ何十枚でも書いていたと思います。そして本物の地図らしく、道に沿って、その書いたことが実現するだろうという順番に並べてはっていって、苦難するだろうというところには、岩や山を書いたりして工夫していったら、どんどん新しいアイデアが出てきて、とても楽しかったです。作…

続きを読む