日本はなぜ侵略戦争をしたのか?人間はなぜ戦争をするのか?

日本が300年の鎖国から目覚めた当時は、アジア・アフリカの国々は、ヨーロッパなどの列強の植民地となっていた。つまり軍事力で完全に制圧され、人も物も徹底的に収奪され、イギリスやヨーロッパ諸国の植民地で苦しんでいたのである。日本も近代化に失敗すると、ヨーロッパ諸国の植民地になる恐れがあったので、維新の志士たちは死に物狂いで活路を求め、富国強兵という近代化を日本は徹底して追求した。 この近代化の過程で、資源の乏しい日本は、近隣諸国を軍事力で占領して植民地にし領土を拡張しようと考えた。そのため近隣諸国の資源や人的労働を手に入れるために、まず最初は朝鮮を植民地にすることを画策した。そして朝鮮半島の権益をめぐって、日本と中国(清)との間に日清戦争を起こし、それに勝利すると、南下政策で朝鮮半島などに侵略してきたロシアと日露戦争を開始した。ロシアの勢力拡大を恐れたイギリスは、日本との間で日英同盟を結んで、アジアでの権益の確保を狙った。日本は日英同盟によって、日露戦争に勝利を収めることができたともいえる。 欧米は、イギリスを筆頭に、軍事力によって世界に多くの植民地をもっていたので、日本もそれに倣い、朝鮮を植民地にすると急速に大陸へと侵略の手を進め、中国の満州に傀儡政権を作って日本の領土とした。満州鉄道を作ったり満蒙開拓団を送って、日本の権益を広げていった。と同時に太平洋地域の多数の島々も占領した。新聞やラジオなどのマスコミは、軍部から圧力を受け、戦争に向けて国民を扇動した。そこには報道における自…

続きを読む

日本はなぜ戦争をしたのか?人間はなぜ戦争をするのか?

 1942年における日本の占領地 太平洋戦争70年ー日本はなぜ戦争をしたのか? 日本が300年の鎖国から目覚めた当時は、アジア・アフリカの国々は、ヨーロッパなどの列強の植民地となっていた。つまり軍事力で完全に制圧され、人も物も徹底的に収奪され、イギリスやヨーロッパ諸国の植民地で苦しんでいたのである。日本も近代化に失敗すると、ヨーロッパ諸国の植民地になる恐れがあったので、維新の志士たちは死に物狂いで活路を求め、富国強兵という近代化を日本は徹底して追求した。 この近代化の過程で、資源の乏しい日本は、近隣諸国を軍事力で占領して植民地にし領土を拡張しようと考えた。そのため近隣諸国の資源や人的労働を手に入れるために、まず最初は朝鮮を植民地にすることを画策した。そして朝鮮半島の権益をめぐって、日本と中国(清)との間に日清戦争を起こし、それに勝利すると、南下政策で朝鮮半島などに侵略してきたロシアと日露戦争を開始した。ロシアの勢力拡大を恐れたイギリスは、日本との間で日英同盟を結んで、アジアでの権益の確保を狙った。日本は日英同盟によって、日露戦争に勝利を収めることができたともいえる。 欧米は、イギリスを筆頭に、軍事力によって世界に多くの植民地をもっていたので、日本もそれに倣い、朝鮮を植民地にすると急速に大陸へと侵略の手を進め、中国の満州に傀儡政権を作って日本の領土とした。満州鉄道を作ったり満蒙開拓団を送って、日本の権益を広げていった。と同時に太平洋地域の多数の島々も占領した。新聞やラジオなどのマ…

続きを読む