パキスタンで舞台化された世界30言語で翻訳された「コンキチ」の寓話

コンキチの創作を書き始めたのは 1974 年、もう 40 年前になりますね。当時、遊学していたド イツのミュンヘンにあるアパートの6階で、小雪が舞っているアルプスの方角を眺めながら、 ふと思いついて書き始めた寓話です。そのとき私は26歳、毎日、バイエルン州立図書館に通 っていました。そして人生を限りなく夢想していたのです。 その頃は、春になって暖かくなったら、ドイツから汽車で出発し、トルコの黒海を船で渡り、シ ルクロード経由でインドのシャンティ二ケタンの大学へ遊学を始めようと考えていたときでしたが、降 り積もる雪を見ているうちに、私はふと生まれ育った広島の山間部にある故郷の三次を思い出して いたのです。故郷にも、同じように今は雪が降っているだろうなと想像したとき、不意に雪の中 に一匹のキツネのイメージが浮かんできたのです。 「そうだ!キツネの物語を書こう!それは私自身の生き方を表現するものになるかも知れな い。そのキツネは、山の自然を破壊され、絶望感とともに、人間へのあこがれなど複雑な気持 ちを持って、人間に変身する―そして山を下り、会社人間となって夢中で働く人生。しかし、キ ツネを待ち受けていた人間世界とはいったいなんだったのか? 人間は生涯をかけて生きるために懸命に働く仕事の意味はいったい何か、人生とは?生活と は?幸せとは?私自身の人生を重ね合わせながら、1篇の創作に10年もの歳月をかけて 「コンキチ」の物語を書き上げてみたのです。この物語が初めて刊行されてから…

続きを読む

忘れられない人生の記憶 (コンキチの舞台の顛末)

Rana Arslan 's wonderful stage in Rawal Pindi on "Lonely Fox" KONKICHI in 2000 organized by Pakistan National Council of the Art. 2000年、パキスタンのラワルピンディのリヤカットホールにて、「さびしい狐ーコンキチ」の舞台が、ラナ・アッサランの主演で行われました。これはパキスタン国立芸術評議会の国立演劇学校の舞台によるもの、続いてアッサラン劇団の二度目の公演。そしてパキスタン政府による記念式典となりました。 私にとってはパキスタンでの3年半の仕事の総仕上げの時期でもあったので、パキスタン政府は、舞台の正面に、TAJIMA SHIN JEE への感謝という大きな看板を立て掛け、そこには4つもの肩書(Educationist, Author, Artist, Craftman )を無断で記していました。(苦笑)。 この舞台は、日本大使やパキスタンの政府の歴々、そして700人以上もの聴衆が参加した、3日間も続いた大掛かりな舞台でした。この日は、私にとっては、3年半にわたったパキスタンでの教育活動の最期の日となりました。 忘れられないパキスタンでの日々 http://tajimashinji.at.webry.info/201302/article_1.html  (コンキチの舞台の顛末)

続きを読む

見える世界から見えない世界へーヒューマン・リテラシーの確立に向けて

見える世界から見えない世界へー その昔、私は「びっくり星の伝説」”The Legend of Planet Surprise” という物語を書いたことがあります。この物語はアジア地域では既に20数言語に翻訳され各国で出版されているのですが、この物語の中で「人間という存在は「言葉と手」を異常に発達」させたために他の生物とは大きく異なり、非常にユニークな文明を築くことが可能となったことを主題にしました。そしてその中でも人間は「驚き」を文明の大きな関心として、特に「言葉」は人の目にも見えない世界や事物を 容易に描写し想像させることができ、人間の「手」はそれを実際に目に見える世界に具体化させることができたというものでした。そしてこの両者の見事な協力によって、他の動物とは全く異なって、人間は文明を大きく発達させたのですが、その使い方を大きく誤ったために人間の文明は何度も危機に瀕し、そして終には宇宙の彼方に消滅してしまったという物語です。 1998年5月、私はパキスタンのパンジャブ州の農村地域でノンフォーマル学校(青空教室)を200校設立する式典に出席した時、文部大臣の口から次のような祝辞を聞きました。「今日、我が国には10数人のカディール・ハーン博士のような素晴らしい核科学者が存在している。彼らの努力によって今日、我々は今日、素晴らしい科学技術を達成することができたが、識字教育とはこのような科学技術の発展にも大きく貢献するものである。識字学校がますます増えることによって、我が国の核開発もますます…

続きを読む

世界初のパキスタン農村に住む非識字女性を対象とした絵地図分析ワークショップ

●パキスタンの農村女性のための絵地図ワークショップ(村がかかえる深刻な課題の解決に向けて(半数の女性は文字の読み書きができる識字者で、半数は読み書きのできない非識字者であった) (識字者と非識字者がいかに絵地図共同作業を進めるか) 背景 これは2000年に、パキスタンの農村女性(主婦)10人によって行われた識字教育を意識して行った絵地図分析ワークショップである。識字教育の進め方にはさまざまな方法があるが、これは視覚的にも構造的にも、新しい形の参加形式で行われ、識字教育のありかたに一石を投じた。参加者の10人のうち半数は農村に住む女性の識字者で、残りの半数は(文字の読み書きが全くできない)女であった。今回は、農村女性が、どのように村で自立していくかという課題と同時に、村が直面している社会的な課題や諸矛盾とは何かという非常に難しい課題をテーマに選んだ。参加者自身がテーマを自由に討議しながら選び出した。 2)方法論: 私がファシリテーターとしてまず最初になぜこのようなワークショップを開くのか、その目的ややりかたを英語で説明した、通訳が現地のウルドゥー語に翻訳した。みんな少し怯えているようなので、最終的に作られるものはこのようなものだと、実際に完成した絵地図を参加者に見せて説明した。これによって参加者自身は非常にリラックスをしたように思えた。 通常、非識字者は文字の果たす役割や効能については全く知らない。そこで文字の読める識字者が、読めない非識字者に協力すると…

続きを読む

パキスタンの子どもと女性に教育権を!!

パキスタンの子どもと女性の教育権を!! 2012年10月9日、 「パキスタンの女子に学ぶ権利を!「と訴えて幅広い活動してきた14歳の少女マララ・ユスフザイさんが武装勢力によって銃撃されました。彼女は瀕死の重賞で、英国で治療を続けています。武装勢力とは、パキスタン・タリバーン運動と関係ある組織に属する一員で、女性が学ぶ権利を推進することに、武力をもって弾圧している強固な運動体です。 ICLCが推進しているパキスタンでの識字教育も子供と女性が最も優先j順位の高い対象であるだけに、今回の事件も私ごとのように感じられます。パキスタンやアフガニスタンの未来は、頑迷で保守的な権益を守る男たちではなく、自由に表現し、社会の進歩と女性の活動を結びつける運動を行っている無数の女性たちの手にあります。問題は、男たちの生き方を変えねばならないのです。 2009年1月3日、パキスタンのラホールの友人からとても嬉しいニュースが飛び込んできた。それはこれまで8年間、ICLCが活動してきた死刑囚の姉妹の無罪が確定し、すでに釈放され彼女たちは実家に帰れたというのです。 なんという嬉しいニュース。二人の姉妹の苦労や喜びを想像すると思わず涙が出ました。もう8年前になりますが、パキスタンの刑務所に収容された子どもたちの識字活動を推進するICLCのキラン図書館を設置するために、パンジャブ州の砂漠地帯にある女性刑務所を訪れたことがあります。その時、牢獄の中から死刑を宣告された20歳ぐらいの二人の姉妹が私…

続きを読む

政治と教育の矛盾と葛藤-イランとパキスタンのケース(対談)

パキスタンの地主制 桜井 イランの場合は革命のイデオロギーを浸透させるためということで非常に政治的目的が優先された形で政府が教育に梃入れをしました。海外の援助団体は西洋の手垢が着いているということで全部追い払って、聖職者が政権を乗っ取ったわけですから、聖職者が作る学校は神に背くものではない、きわめて正しいものであるとものすごく熱心に言ったことによってイランの初等教育は男女平等に浸透したんです。ユニセフから誉められるくらいに、革命の25年というのは、初等教育が浸透して女性は知的な力を得ることが出来た。イラン革命というと否定的な意見が多い、とくにアメリカなどはそうだけれども、いろんな問題を抱えながら底辺の人々がそれなりに支持してきた理由は、いままで西洋化路線で国を変えようとしてきて出来なかったことを、ある程度やったからなんです。自分たちの手で全国津々浦々に学校を立てて、革命に燃える若い髭もじゃの少年たちを建設復興隊として「神様のためになるから」ということでそこへ送った。 イランはパキスタンとちがってクルド地区に行っても農村は電気があり冷蔵庫があるんです。床があり、ドアも窓もある。また格差が開いてきているということもあるけれども、パキスタンの同程度の田舎と比べれば、イランは圧倒的に豊かな生活をしています。子供たちは学校に行っているし、クルドの母親たちは、私たちの世代だと学校に行けなかったので字が読めないんですが、いま識字学校に通っているという人もいました。私が興味があるのは、パキスタンとイラ…

続きを読む

緊急ー11月9日に、キラン図書館(刑務所の中の子ども図書館)の報告会が行われます!

パキスタンの子供や女性の識字教育を推進するために、刑務所内に設置したICLCの子ども図書館、「ICLCキラン・ライブラリー」の責任者のタヘル氏がラホールより来日されました。 このため、ICLCは、11月9日に、ファイサルバード、ムルタン、ラワルピンディ、ぺシャワ―ル等のキランライブラリーの現状や課題について、映像を交えて報告会を設けることになりました。最近のキランライブラリーの様子や子供たちのニーズ、子どもの人権などについて幅広く議論される予定です。 「パキスタンの刑務所の中のこども図書館- キランライブラリーについての報告」 報告者: Mr. Tahir Ayyaz タヘル・アヤズ氏       ICLCP パキスタンンのラホール地区責任者 司会:  田島伸二 (ICLC代表) 場所: 東京ウィメンズプラザ/ 第一会議室 A 時間:  2009年11月9日(月) 午後6時半から8時半まで 会費  500円 (ICLC会員は無料) 連絡先  ICLC 090-6505-1782 dinbell@docomo.ne.jp taeko-k@mse.biglobe.ne.jp 東京ウィメンズプラザについて 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 ●交通のご案内● JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分 都バ…

続きを読む

完結した南アジア共同出版で刊行される5冊の絵本

昨日は、12年間続けてきた「南インドの平和絵本の共同出版」プロジェクトで出版する絵本のドラフトがようやく5冊まとまって、インドの出版社へ送りました。この出版社はインドの最大の出版社で、プロジェクトのインド側代表が、この出版社の前編集長だったのです。そして現在彼女は、国立マハトマガンジー平和記念館の館長です。 このICLCプロジェクトは1998年から始まり、2001年には東京で5カ国、2004年にネパールで4カ国による編集製作会議を開いて、編集してきたものです。英語版で出版して、それぞれの言語に翻訳出版するものです。その中の1篇の物語(絵本の文章)をご参考にお送りします。これには私も若干筆を入れています。平和絵本というのが、こういう形で子どもたちに伝わっていけばいいのではと思っています。 なにしろ印パが共同で、子どもの絵本を出版するというのは世界にはまだありません。これらの5冊はそれぞれ意味をもった内容の絵本ですが、初めて長年のプロジェクトが,、「ひろしま・祈りの石国際教育交流財団」や国際交流基金などの支援を受けて具体的な形を見せてきたので大変うれしく思っているのです。 印パ関係は今も大変険悪で、軍事力は増強され続けているのですが、こうした形で初めて共同絵本が生まれたことは、民主党が政権交代を可能にした以上の可能性を感じているのです。 この共同出版を基点に、今年は、ラホールで大学で教授と学生と共同の環境に関する絵地図をやりましたが、 これはパキスタン側が製作したもので…

続きを読む

Japanese experts to help address environmental iss

Japanese experts to help address environmental issues of Hudiara drain NEWS http://www.thenews.com.pk/daily_detail.asp?id=179769 Wednesday, May 27, 2009 By Our Correspondent LAHORE A two-day workshop on “Environmental Literacy through Picture Map Analysis” concluded at the Lahore College for Women University (LCWU) on Tuesday with a conclusion that the university in collaboration with Japanese research partners will take practical actions to address environmental and health issues caused by the Hudiara drain. According to a press statement, the workshop was jointly organised by Environmental Science Department of LCWU, Lahore E…

続きを読む

原爆とヒューマン・リテラシー

その昔、私は「びっくり星の伝説」という物語を書いたことがある。物語の中で人間という存在は「言葉と手」をもっているために他の生物とは異なって、非常にユニークな文明を築くことが可能となり、とくに「言葉」は目に見えない世界や事物を容易に描写し想像させることができたが、人間の「手」はそれを実際に目に見える世界に具体化させることができ、この両者の協力によって人間は文明を発達させたが、その使い方を誤ったために人間の文明が消滅したという物語である。  1998年5月、私はパキスタンの農村地域でノンフォーマル学校を二百校設立する式典に出席した時、文部大臣の口から次のような祝辞を聞いた。「今日、我が国には10数人のカディール・ハーン博士のような科学者が存在している。彼らの努力によって今日、我々は素晴らしい科学技術を達成することができたが、識字教育とはこのような科学技術の発展に大きく貢献するものである。学校がますます増えることによって、我が国の核開発がますます進展していくことを希望する。云々」  私はこれを聞き怒りが込み上げてきた。カディール・ハーン氏とはパキスタンの原爆開発の父とも言われる有名な科学者である。もし識字が核開発のような目的のために使われるものならば、その識字は完全に間違っている。」そして、咄嗟に私はその為政者が発言した識字に関し、ヒューマン・リテラシーという新しい概念を考えついた。 「識字は哲学や方向性を持たなければならない。識字とはただ単に読み書き計算ができるかどうかの技術能力の問…

続きを読む

日本とパキスタンの交流のシンボルー A SYMBOL OF PAK-JAPAN FRIENDSHIP

TAJIMA SHINJI - A SYMBOL OF PAK-JAPAN FRIENDSHIP: Business Recorder (editor-in-chief M.A. Zuberi) Wednesday April 4 2007 Tajima Shinji, educationist, is visiting Pakistan these days and presently staying here in the capital. A special evening was organised on March. 21 at the Institute of Educational Research. His literary contribution imbued with humanism and uplifting of the downtrodden segments of the society was highly acclaimed by the august assembly of his admirers consisting of art and literary figures. He was declared the most popular "ambassador of friendship" between Pakistan and Japan. Pakistan and Japan share mutual …

続きを読む

パキスタンの子どもたちに紙漉きを教えたことの意味

1998年頃、パキスタンの寺子屋式の小学校を訪問しているとき、私は、子どもたちから口々に「コピーをください」と求められた。コピーとはいったい何の意味か、初めはわからなかったが、すぐにノートを意味していることがわかった。通常、ほとんどすべての学校では五歳から十四歳までの子どもたちは、羽子板のような板版に白土を塗って乾かし上に、水に溶いた粉インクを竹ペンにつけて書いていた。これは何度でも書き直しできるので随分便利なものだと思っていたが、反面次に書くときには塗り直さなくてはいけないので、実にやっかいだ。冬の寒い時にはたくさんの子どもたちがこのタクテイ(板版)を塗り直すために小川で洗っている風景を目にしたが、実に寒そうだった。しかも冬日なので土で塗り直してもなかなか乾かない。  しかし子どもたちが、直面している問題は、そうではなく、書いたものや記録をすべて消さなければならないということが問題だったのだ。考えてみると文字や絵は紙に書いて記録しないと確かな記録とはならない。浜辺の砂文字のように、波に消される運命にあるものかも知れないものは不確かだ。識字と紙は表裏の関係にあり、人は岩や紙や皮などに文字を書いて情報を保存したとき、初めて表現や伝達の喜びをかみしめたのではなかったか。 紙の使用量と教育の関係は正比例している。紙は文化のバロメーターともいうが、ノートにしても絵本にしても、日本を含め先進諸国では無尽蔵の紙を消費している様相がある。それも他国の森林伐採などの犠牲によって。しかしパキスタンのような途上…

続きを読む

なぜバニヤンの大木は燃やされたのか?

2003年頃、バニヤンの巨樹が消滅したという話を、パキスタンのラホールで友人から聞いたとき、初めは嘘かと思った。まさかそんなことはあり得ない。イスラマバードに生えていたブッダの木とも呼ばれたあの巨大なバニヤンの木だけは、永遠に生き続けるのではないかと思っていたからだ。 私は、識字教育の仕事で、1997年からイスラマバードのE7地区に3年半住んでいたことがあるが、近くの森にそびえていたバニヤンの巨樹は、私たちの魂や精神の大きな支えとなっていた。これは日本人だけでなく、アジアや世界の人々に共通する自然遺産への深い思いからだった。それは大人が10人で抱えるような大きなもので樹齢は千年以上とも言われていた。親しい友人が家を訪れたときには、決まってバニヤンの大樹を紹介した。東京から2050の会の方々が訪れた時には、写真のように10人で大きな輪を作ったこともある。  私はこの巨樹を見るたびに親しい友人にでも会うような気持ちで、いつも心から「感謝」の気持ちで呼びかけていた。それは私だけではない。その木には大トカゲやリスなどの小動物も無数に寄生して平和に暮らしていたから。 ラホールから、急いでその地を再訪したとき、目にしたのは、森の中で真っ黒焦げになり哀しく横たわっているバニヤンの木の巨大な残骸であった。私は声を失った。黒焦げになった樹木は、天に向けて両手をあげ断末魔の声をあげて叫んでいるような姿に見えた。嗚呼!死にたくなかったのだ。苦しかったのだ。それは私の故郷の広島に原爆が落とされ多くの…

続きを読む

デリーのコンノート広場の近くにある小さなホテルから

2007年4月5日現在、インドのデリーの真ん中にあるコンノート広場の近くにある小さなホテルに滞在しています。今日はインドのデリーにあるNGO団体の要請で、デリーから車で2-3時間かかるラージャスタン州に近く識字率がわずか7%という貧困な村へ行って、絵地図分析ワークショップの予定です。日本を発ってから3週間が過ぎています。今回の旅はそれにしても刺激的・・・パキスタンでは、菜の花のガンダーラ地方を歩き回ったり、インダス川を越えてラホールやムルタン、それからインドはデリーから最南端のタミールナドゥー州の海岸や内陸部まで行ってきました。 今回のパキスタンで行ったこと: 1. ファイサルバード、ムルタン、ラワルピンディの刑務所の中にある子どものためのキラン図書館を2年ぶりに訪れしっかりした現地調査を行ったこと。そして新たにアデアラ刑務所の中に女性のための図書箱(前段階として図書箱より始める)の設置に向けて動き出したこと。これはムルタン刑務所の女性は、出身地に分散されろことになり、アデアラ刑務所に多数の女性が収監されているため。 2. ペシャワールに新しいキラン図書館が設置されて関係者による開館式が行われたこと。アフガニスタンに近く多数の子どもたちが収監されている。刑務所側の話しでは、新しく建物が建ったのはなんとイギリスがこの刑務所を設置してから、このキラン図書館が153年ぶりだという。嬉しいような悲しいような。これは共同通信の記者によって、日本の10種類にのぼる地方紙でも紹介された。 …

続きを読む