中国の南京虐殺記念館で、わたしはこう考えた、次世代になにを語り継ぐか!

中国の南京虐殺記念館で、わしはこう考えた、次世代になにを語り継ぐか! 2009年3月24日、私たち3人は、中国南京市の戦争記念館を訪問しました。そして大学の友人を通じて依頼した戦争生存者の体験談などを3時間にわたって聞きました。今年83歳(1927年生まれ)になるという常志さんという男性は、日本軍によって両親や姉妹など10名の家族を子どものときに殺された体験者でしたが、彼の体験談は実に衝撃的なものでした。彼が間近かに体験したことを涙ながらに語られました。 「10歳のとき、家に乱入してきた日本兵に母親と妹が銃剣で何度も突き刺されて殺された」そうです。日本兵に、「お母さんを殺さないで!」と、彼は後ろから兵士の足にしがみついて頼んだ」そうです。しかし日本兵は銃剣で何度もお母さんを刺し続けたそうです。そして死体から、耳輪やネックレスなど貴金属を探し剥ぎ取って行ったそうです。 彼は実に克明に記憶していました。誰だって家族が殺された日のことは忘れないでしょう。こうした体験談は、これまでは他人には話したくなかったそうですが、記念館ができたころから戦争体験を積極的に話すことに決めたそうです。こうした話を聞くのは、日本人としては実に辛いものでした。 これは広島の被爆者の原爆体験なども含め、戦争体験などを直接本人から聞くことは、実に大きな意味を持っていますね。記念館の広大な施設と展示内容を見たときにはさらに驚きましたが、そこで見たことを描写するには何千枚原稿用紙があっても足りませんね。 …

続きを読む

日本人の歴史感覚とは?ー朝鮮人特攻隊員の祈念碑ではなく、日本の侵略謝罪碑として建立すべきもの!

やはりどこか間違っているのが、日本人の現在の歴史感覚ではないか。5月10日、朝日新聞の見出しに「朝鮮人特攻隊員の祈念碑、撤去へ、「親日」に韓国で反発」そして、毎日新聞の見出しに、「韓国:朝鮮人特攻隊員慰霊碑の除幕式中止…地元団体抗議で」とあるが、朝鮮人の特攻隊員の若者の慰霊碑ををなぜ、韓国の地に建立しようとしたのか?日本軍の特攻隊員として戦死した朝鮮人青年を慰霊するために、なぜ3000坪の土地に5メートルの石碑が建てられようとしたのか?そしてなぜ多くの反対に会ったのか?この背後のある問題点をよく考えてみたい。 2007年8月18日の朝日新聞に、慰霊建立についての趣旨が掲載されているが、黒田福美さんが、朝鮮人特攻隊員の卓庚鉉(タクキョンヒョン)(享年24)さんを知るきっかけは、16年前に宿泊先で見た「夢」だったという。青年が現れ、「死んだことに悔いはないが、朝鮮人なのに日本人の名前で死んだことが残念だ」と告げたそうだ。意味が分からず、頭から離れなかったそうが、やがて「特攻兵では」と思い始めたという。1945年の出撃前夜、朝鮮民謡アリランを歌い、知覧(鹿児島県)基地から飛び立ったことなどにも感動し、彼の故郷の地に慰霊碑を建てることを思い立ったのが発端らしい。そして黒田さんは、韓国の特攻隊員という考えを超えて、国籍にかかわらず沖縄戦の全犠牲者の名を刻む「平和の礎」のような施設を目指していたともいう。 しかし韓国では除幕式の直前、多数のグループや人々の大反対に合って、結局、断念したらしいが、こ…

続きを読む