アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
21世紀の ヒューマン・リテラシー
ブログ紹介
『いとし子よ』


「戦争が長びくうちには、はじめ戦争をやり出したときの名分なんかどこかに消えてしまい、戦争がすんだころには、勝ったほうも負けたほうも、なんの目的でこんな大騒ぎをしたのかわからぬことさえある。

そうして、生き残った人びとはむごたらしい戦場の跡を眺め、口をそろえて、――戦争はもうこりごりだ。これっきり戦争を永久にやめることにしよう!そう叫んでおきながら、何年かたつうちに、いつしか心が変わり、なんとなくもやもやと戦争がしたくなってくるのである。

どうして人間は、こうも愚かなものであろうか?私たち日本国民は憲法において戦争をしないことに決めた。…わが子よ!憲法で決めるだけなら、どんなことでも決められる。憲法はその条文どおり実行しなければならぬから、日本人としてなかなか難しいところがあるのだ。

どんなに難しくても、これは善い憲法だから、実行せねばならぬ。自分が実行するだけでなく、これを破ろうとする力を防がねばならぬ。これこそ、戦争の惨禍に目覚めたほんとうの日本人の声なのだよ。しかし理屈はなんとでもつき、世論はどちらへでもなびくものである。

日本をめぐる国際情勢次第では、日本人の中から憲法を改めて、戦争放棄の条項を削れ、と叫ぶ声が出ないとも限らない。そしてその叫びがいかにも、もっともらしい理屈をつけて、世論を日本再武装に引きつけるかもしれない。

もしも日本が再武装するような事態になったら、そのときこそ…誠一(まこと)よ、カヤノよ、たとい最後の二人となっても、どんな罵りや暴力を受けても、きっぱりと戦争絶対反対≠叫び続け、叫び通しておくれ!

たとい卑怯者とさげすまされ、裏切り者とたたかれても戦争絶対反対≠フ叫びを守っておくれ!」


ー長崎の永井隆博士(1908−1951)の遺言

https://www.nippon.com/ja/features/c02301/


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
子どもを生かす言葉、人間を生かす言葉
子どもを生かす言葉、人間を生かす言葉 子どもはたった一言で、立ち上がれないほど深く傷つくことがあります。それは大人も同様ですが、特に子どもの場合は、人生経験が少ないだけに言葉による損傷は大変甚大なのです。現代の子どもは、いかにも平気な顔のように見えますが、実は満身創痍、体には、無数の言葉の矢が突き刺さっていることがあります。大人からの信じられないような言葉、無慈悲な友人の言葉、がっかりさせる両親の言葉など、これまでに体験したことのないショックの言葉など、全身にまるで鉄砲の弾や矢のように、言葉が深くつき刺さっているのです。しかしこうや... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/04 17:31
トラとオオカミが、生きた動物を食べずに友だちとなった。なぜ?
ロシアのあるサファリパークでは週に2回、虎のアムーにウサギやヤギなどの生きた動物を与えていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 07:05
トランプ大統領 「重要なことは、日本は膨大な米国兵器を追加で買うことだ」
トランプ大統領 「重要なことは、日本は膨大な米国兵器を追加で買うことだ」 <日本は大量の武器購入と自衛隊の派兵あるのみ!>日米首脳会談 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 11:56
雲の語った物語「親を捨てる物語」
雲の語った物語「親を捨てる物語」 雲の語った物語「親を捨てる物語」 “Doko” and Palaing” The Abandoned Elders ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/05 07:04
アフガンの口承物語と創作の意味
アフガンの口承物語と創作の意味 あるとき、アフガニスタン、カンボジア、ミャンマーの児童出版の関係者を対象とした絵本製作ワークショップが東京で開催され、私は教材作りの研修を担当しました。短い日程であったが、3ヵ国から計10名の専門家が参加してさまざまな教材を作成しました。その中にアフガニスタンから4人の編集者やカリキュラム制作担当の参加者がいました。彼らは、アフガニスタンの戦火の中で苦しんでいる子どもたちにどのようなメッセージを伝えようとしているのか、私の興味はつきなかったが、彼らが実際に試作した絵本を見て驚いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 10:48
風のように、今もシルクロードを旅している私
風のように、今もシルクロードを旅している私 風のように、今もシルクロードを旅している私 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/01 19:15
インドのタール砂漠をラクダで旅して
インドのタール砂漠をラクダで旅して 昔から、広い砂漠をラクダに乗って旅することに憧れていた私、そして満天の星を数えながら砂漠の砂の上で眠ることを夢みていた私、とうとうその夢が実現した。しかしラクダで旅するのは本当に楽ではなかったが実におもしろかった。ここはインドのタール大砂漠・・・そういえば10年前、ペルシャ湾でラクダに乗って疾走したな・・・・(疾走と言えばいかにも聞こえよく、カッコいいですが、内実は疾走するラクダに必死でしがみついていただけです)(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/27 21:48
創造的に生きることとは?インタビュー(アジア・ウエーブ2004年8月号)
創造的に生きることとは?インタビュー(アジア・ウエーブ2004年8月号) 長時間インタビュー(アジア・ウエーブ2004年8月号) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 16:16
「放射性廃棄物」の処理に困った経産省は、悪どい方法を強行するか
「放射性廃棄物」の処理に困った経産省は、悪どい方法を強行するか 「放射性廃棄物」の処理にいよいよ困った経産省は、本当に悪どい愚かな方法を強行するのですね。こともあろうに、日本全国の美しい海岸から約15キロの海底トンネルを掘って、それからさらに海底に約300メールの穴を掘って、そこで放射性廃棄物を10万年管理するそうです。経産省が、去る7月に発表した「科学的特性マップ」とは、全国のどこへ埋めるのが適切かの地下環境の特性を示したものだといいますが、結論は決まっていたのです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/24 14:16
放射性廃棄物(核のゴミ)の日本近海での海底投棄を許さない!
放射性廃棄物(核のゴミ)の日本近海での海底投棄を許さない! これが現在、経産省の計画している海底の「核のゴミ」処分場ですか! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 18:41
在韓民間米国人、10月23−27日に国外退避訓練、なぜ?
 在韓民間米国人、10月23−27日に国外退避訓練、なぜ? <これは定例の国外退避訓練なのか。一瞬も忘れてはならないこと> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 22:40
米朝の軍事対決は、日本を含め全体が焦土と化す!
米朝の軍事対決は、日本を含め全体が焦土と化す! 2017年9月4日ー現在は核戦争一歩手前の最も深刻な状況です。北朝鮮の金正恩労働党委員長は、北朝鮮の全権を握ってからは気が狂ったように舞い上がり、さらに今回の水爆実験の成功で、金正恩委員長はまるで「神」になったかのように振る舞っています。またアメリカのトランプ大統領も、内外に深刻な課題を抱えて自由に身動きできないものの、アメリカの絶大な軍事力や権力に支えられて狂信的に舞い上がっており、これら双方の狂った軍事行動を抑止する力はどこにもありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/04 17:00
人生とは偶然か、必然か、人の意志とは?
人生とは偶然か、必然か、人の意志とは? 2015年8月26日 、人生では、いつもなにがあるかわからない。そしてそれが偶然なのか、必然なのか、幸運なのか、不幸なのかもよくわからない。しかし人生はいつもなるようになっていくし、転がるように転がっていく。意志があろうとなかろうと、地震や津波葉も起きるときには必ず起きるし、望まない戦争だって起きていく。しかしどんな時にも、人間の意志ほど大切なものはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 15:02
日本人の運命を握っているのは誰か
日本人の運命を握っているのは誰か 2015年8月、このところ夏の合宿のような泊りがけの会合が続いています。なかなか忙しい日々が続いていますが、数日前は埼玉で「「人権と教育ふぉーらむ」の合宿で、「フクシマの放射線除染の現状と課題」について報告しました。ここでは昨年から今年の4月にかけて、福島県の富岡町や飯館町などの被災地を調査した時に撮影したスライドをもとにお話ししたのですが、基本的には森林地域が60−70%を占める福島県では、除染という作業はほとんど不可能であり、除染効果はほとんどないというのが厳しい結論です。基本的に「除染... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 14:27
Sarcophagus in 2050 (2050年の石棺)
Sarcophagus in 2050 (2050年の石棺) (この寓話は、2050年頃、地球の人間や生物が、どのような環境に生きているのか、原発と人間の未来を寓話化したものです。2050年頃、少数の日本人だけが、放射能汚染で住めなくなった日本や地球を後にして火星に向かいます。この寓話は、1988年頃に書いた寓話です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 14:14
21世紀の ヒューマン・リテラシー
21世紀の ヒューマン・リテラシー 2005年、私は軍政下におけるミャンマーで雑誌のインタビューを受けたことがあります。長時間のインタビュー記事が掲載された後、編集者に反応を聞いてみると「読者からはかってないいい反応がありました」と大変喜んでくれたあと、「検閲はたった1か所だけでした」というのです。「それってどこでしょう」」と尋ねると「社会の事実や真実を次世代にきちんと伝えていくことが大切だ」としゃべったところがすべて削除されたとのこと・・・「なるほど」軍事政権とは、いつも事実や真実を伝えていくことを極度に恐れていると痛切に感じた... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/20 13:32
今日は「海の日」ー海水は「生物の生命」の血です。
今日は「海の日」ー海水は「生物の生命」の血です。 今日は「海の日」。海が壊れたら、人類を含めてすべての生き物は生きていけません!海水は「生物の命」の血・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 10:11
劉暁波氏の妻、会見に現れず 散骨、当局説明に不信拡大
劉暁波氏の妻、会見に現れず 散骨、当局説明に不信拡大  13日に死去したノーベル平和賞受賞者で中国の著名人権活動家、劉暁波(リウシアオポー)氏の遺体が15日に火葬され、その日のうちに海に散骨された。厳しい情報統制の中で広がる劉氏追悼の動きを警戒した中国当局の意向が働いたとみられる。記者会見に出席した遺族は当局への「感謝」を口にしたが、支援者らは「劉氏の死をも政治的に利用するのか」と強く反発した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 01:49
追悼「愛する妻よ、君に伝えたい」  劉暁波氏が残したメッセージ」
追悼「愛する妻よ、君に伝えたい」  劉暁波氏が残したメッセージ」 「愛する妻よ、君に伝えたい」  劉暁波(リウシアオポー)氏が残した「愛と平和のメッセージ」に世界は震えた(全文)  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/15 15:21
劉暁波氏ら303名が署名した中国の「08」憲章
劉暁波氏ら303名が署名した中国の「08」憲章 08憲章とは、中国の著名な民主派知識人ら303人が署名し、2008年12月10日にインターネット上に公開されたもの。言論の自由など19項目の要求を掲げたが、当局によって即座に削除された。しかし個人のブログなどを通じ短期間に広まった。賛同する署名者だけでも8000人を超えたとされ、同憲章に刺激を受けて民主化を求める声がネット上に多く登場した。http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/13/liu-xiaobo-final-statement_n_17478148.h... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/15 15:15
追悼ー中国の民主化求める08憲章の起草者逮捕−2009年6月24日
追悼ー中国の民主化求める08憲章の起草者逮捕−2009年6月24日 (2009年6月24日) 民主化求める08憲章の起草者逮捕…北京市公安局 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/15 15:11
ヒットラーのTシャツを着て、NHK番組に登場したホリエモン
ヒットラーのTシャツを着て、NHK番組に登場したホリエモン 今日、午後のこと、テレビを見ていたら堀江貴文が出ている。私は堀江貴文の考え方や生き方は好きではないので、すぐにチャンネルを変えようとしたとき、堀江の着ているTシャツに目がとまった。なんと堀江のTシャツには、ヒットラーの(ようではなくヒットラーそのもの)顔がプリントされていた。これはNHKの「ごごナマ」番組。私は、堀江は、ヒットラーに相当に共鳴しているのだろうと思った。彼は「我が闘争」というヒットラーの自叙伝と同じスタイルで、自分の自叙伝も刊行しているぐらいだから、相当心酔しているとも思えた。あり... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/12 21:10
「共謀罪」について、私の決心したこと
「共謀罪」について、私の決心したこと 「今日、私はこう決心した」「そうか、なるほど、ケストナーの言うように「四角に丸い円になれ」と言っても意味は通じないのだ。「円の方がより大切でより完全に近い形だと、四角にどんなに呼びかけても無駄というもの。」安倍首相には全く意味が通じない。わからないのだ。要するに彼は、「戦争法案」や「共謀罪」法案を作って、国民を犯罪者扱いしたり監視社会を作ることなどなんとも思ってはいない。「戦争で人を殺すことも」そして四六時中、大嘘をつくことや国民を裏切ることなどなんの痛みも感じていない。彼はおそらくそのような無... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 09:51
第一回ベルリン国際文学祭に出席して考えたこと
第一回ベルリン国際文学祭に出席して考えたこと 2001年、ドイツのベルリンで開催された第1回ベルリン国際文学祭(全79名)から招請を受けて、ベルリンの会場で創作3篇を朗読しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 09:43
私はこう思う。2017年6月15日ー共謀罪の日本は死んだ!
私はこう思う。2017年6月15日ー共謀罪の日本は死んだ! 私はこう思う。2017年6月15日ー日本は死んだ! <そこまでやるか、狂暴な奸計に満ちた自公の国会運営!> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 11:52
ここに人間がいた!前川喜平!
ここに人間がいた!前川喜平! ここに人間がいた。「前川喜平ー前文科省次官」実に素晴らしい!彼の会見での発言を聞くと、一言一言が実に誠実で真実。これまでの安倍首相+管官房長などの嘘八百に比べ、雲泥の差日本も見捨てたものではない! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/27 22:19
自由社会の日本を壊す「共謀罪」の危険性・・・・国連の警告書
自由社会の日本を壊す「共謀罪」の危険性・・・・国連の警告書 国連から発せられた安倍首相に対する警告書(全訳) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 10:52
本当の「いのちてんでんこ」
本当の「いのちてんでんこ」 「津波てんでんこ」、「命てんでんこ」の本当の意味を知っていますか? 津波が襲来したとき、みんなそれぞれ「親子であってもみんな自分の命を大切にして、<人のことは構わずに>、それぞれてんでばらばらになって高台に逃げ出すことを意味しているそうですが、それだけではありません。その本当の意味を、私は岩手県両石町の被災地で実際に聞いたことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 20:32
国際識字文化センター(ICLC)とはなにか?
 国際識字文化センター(ICLC)とはなにか? 人間性の尊厳を向上させるヒューマン・リテラシーを推進する教育・文化・コミュニケーション活動です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 16:59
陜川(ハプチョン)と大邱(テグ)で行われた原爆慰霊祭
陜川(ハプチョン)と大邱(テグ)で行われた原爆慰霊祭 昨年の8月6日、韓国で四番目に大きな都市大邱(テグ)で、ハプチョンに続いて韓国人・朝鮮人の原爆慰霊式が行われました。戦争中、広島と長崎で徴用された4万人もの韓国・朝鮮の人々が原爆で亡くなっていたのは実に大きな衝撃でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 00:59
南アジア平和絵本の共同出版ー「赤えんぴつと青えんぴつ」
南アジア平和絵本の共同出版ー「赤えんぴつと青えんぴつ」 「赤えんぴつと青えんぴつ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 04:20
日本、韓国、中国の2008年賢人会議が開催された。それで?
日本、韓国、中国の2008年賢人会議が開催された。それで? 日本、韓国、中国の2008年賢人会議が開催されたー「日本は過去を反省し…韓国は‘恨’を解くべき、中国は・・・」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 04:11
必読(歴史の授業) 僕の先生は軍曹だった。
必読(歴史の授業) 僕の先生は軍曹だった。 僕の先生は軍曹だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 16:25
歴史を繰り返す安倍内閣、「わが闘争」、「教育勅語」の活用について
歴史を繰り返す安倍内閣、「わが闘争」、「教育勅語」の活用について 「日本会議」そのものの正体を顕した安倍内閣 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/04/22 08:17
日本の歴史教育ー従軍慰安婦の存在について
日本の歴史教育ー従軍慰安婦の存在について (日本の歴史教育) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 08:01
パキスタンの「雑草からの社会改革」−紙漉きはなぜ始まったか?
パキスタンの「雑草からの社会改革」−紙漉きはなぜ始まったか? パキスタンの「雑草からの社会改革」−紙漉きはなぜ始まったか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 10:22
ミャンマーでの「教授法の大転換」ワークショップに参加して
ミャンマーでの「教授法の大転換」ワークショップに参加して 2001年から2007年まで行ったミャンマーでの教師の教授方法の改善では大変楽しかったのですが、大変苦労しました。それは教師による伝統的な暗記主義や鞭をもった教授法(TCA)を、CCA(子どもの感性や体験を中心とした教授方法)など参加型や体験的な教授方法へと切り替えていくのは、大変難しい課題だったからです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/12 23:23
北朝鮮と米国の軍事的対立がもたらす壊滅的な21世紀を憂う。
北朝鮮と米国の軍事的対立がもたらす壊滅的な21世紀を憂う。 非暴力は人間に与えられた最大の武器であり、人間が発明した最強の武器よりも強い力を持つ。 ーガンジー ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/12 22:13
「ヒューマン・リテラシー」という考え方は、核実験から生まれた。
「ヒューマン・リテラシー」という考え方は、核実験から生まれた。 「ヒューマン・リテラシー」という考え方は、核実験から生まれた。私の書いた「びっくり星の伝説」の物語の英文名は The Legend of Planet Surprise といい、アジア地域では30ヶ国語以上に翻訳出版された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 10:54
息子が3歳のときの成長記録が見つかる。3歳の発想はみんなおもしろい。
息子が3歳のときの成長記録が見つかる。3歳の発想はみんなおもしろい。 息子が3歳のときの成長記録が見つかる。3歳の発想はみんなおもしろい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/25 20:31
「ミナの笑顔」ーアニメーションと識字教育の可能性
「ミナの笑顔」ーアニメーションと識字教育の可能性 アニメーションは、実に大きな力を持っています。見る・聞く・感じる全体の五感によって、楽しむ人の心を大きく動かします。初めて私が「風の谷のナウシカ」のアニメ映画を見た時のあの感動は忘れられません。宮崎駿の作品は、環境問題の深刻さと人間の生き方について、感動的な物語で表現したもので、アニメーションの新しい可能性を切り開いたものでした。その昔、東映が製作したアニメに「白蛇伝」という名作がありましたが、日本の視覚文化の豊かな伝統と現代のアニメ技術、そして想像力のインテグレーションが実に繊細な表現を可能に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/23 23:21
核時代と子どもたち
核時代と子どもたち   私は幼少のときに聞いた広島での原爆体験やビキニ環礁での水爆実験などを深く心に記憶していましたが、やがて高度成長経済の時期に頻発した深刻な日本の公害に多数直面しました。中でも水俣病の存在は大きく、海に生きる多様な生き物たちを、どれだけ深刻な形で水銀汚染したかを知って、日本や世界の海や生き物が絶望的な環境に置かれていると感じたのです。それは1960代の終わりごろでした。                           そのため他の生物の身になって、かれらの目から見た人間の文明のつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 00:10
世界中で一番忙しいカンボジアのライブラリアン
世界中で一番忙しいカンボジアのライブラリアン The world's busiest librarian of Cambodia 世界中で 識字率の最も低い カンボジアの貧しい村に  農村図書館が生まれた! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/01 11:08
「膨大な核のゴミ管理は、私たち4000世代の子孫の責任です。」
「膨大な核のゴミ管理は、私たち4000世代の子孫の責任です。」 「膨大な核のゴミ管理は、私たち4000世代の子孫の責任です。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 06:25
言葉の伝承と謙遜について
言葉の伝承と謙遜について 1994年に死去された森滝市郎氏(広島大学名誉教授)は世界的に知られた著名な平和運動家でした。彼は冷戦時代、米ソの核実験や戦争に抗議して、長年広島平和公園で座り込みしながら、自らの被爆体験を語り、核廃絶のために全力を尽くされた生き方は、被爆都市ヒロシマの象徴でもあり、広島市民の誇りでもあったのです。   あるとき私は、森滝市郎さんの講演を、友人の碓井真行氏(光明寺の住職で、独特の世界を表現する魂の画家)の牛田の光明寺で聞くことがありました。森滝さんの話は実に生々しく、広島高等師範学校... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 14:43
パチンコ・自由が丘のソクラテス
パチンコ・自由が丘のソクラテス 東横線の自由が丘の駅前に小さなパチンコ店があった。今もそれがあるかどうかはよく知らないが、とにかくそのパチンコ店の名称は、アテネといった。パチンコーアテネ・・・・私はその名称がひどく気にいった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 12:24
「寓話創作」の原点にある10の生きた体験
「寓話創作」の原点にある10の生きた体験 人生でのさまざまな体験が物語となり、こうした物語からさまざまな寓話が生まれていきます。全部実話です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/09 20:25
見える世界から見えない世界へーヒューマン・リテラシーの確立に向けて
見える世界から見えない世界へーヒューマン・リテラシーの確立に向けて その昔、私は「びっくり星の伝説」”The Legend of Planet Surprise” という物語を書いたことがあります。この物語はアジア地域では既に20数言語に翻訳され各国で出版されているのですが、この物語の中で「人間という存在は「言葉と手」を異常に発達」させたために他の生物とは大きく異なり、非常にユニークな文明を築くことが可能となったことを主題にしました。そしてその中でも人間は「驚き」を文明の大きな関心として、特に「言葉」は人の目にも見えない世界や事物を 容易に描写し想像させることが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/03 14:37
イランで、ペルシャ語で翻訳出版された「さばくのきょうりゅう」の絵本
イランで、ペルシャ語で翻訳出版された「さばくのきょうりゅう」の絵本 ああ、なんて嬉しいことでしょう。今年はカンボジア、イランなどから4冊の絵本が翻訳刊行されました。一昨年から数えると、インド、パキスタン、台湾などに広がり、現在中国では「大亀ガウディの海」の翻訳出版が進行しています。そして今日は、待ちに待ったイランから「さばくのきょうりゅう」のペルシャ語版が送られてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 23:09
嬉しい!爆発的に広がる「心の絵地図ワークショップ(PMA)」とはなにか?興味の方が激増しています
嬉しい!爆発的に広がる「心の絵地図ワークショップ(PMA)」とはなにか?興味の方が激増しています 現在、心の絵地図ワークショップ(PMA)に興味をもつ方が増えています。絵地図は、識字の原点ともいうようなもので、文章や絵やデザインや地図などありとあらゆる表現をもちいて、自分を表現して、相手に伝えようとするアナログの表現行為です。これまでに日本国内やアジアのさまざまな国々でワークショップを行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/22 12:22

続きを見る

トップへ

月別リンク

21世紀の ヒューマン・リテラシー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる