アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
21世紀のヒューマン・リテラシー
ブログ紹介
見える世界から見えない世界へーヒューマン・リテラシーの確立に向けて

その昔、私は「びっくり星の伝説」”The Legend of Planet Surprise” という物語を書いたことがあります。この物語はアジア地域では既に20数言語に翻訳され各国で出版されているのですが、この物語の中で「人間という存在は「言葉と手」を異常に発達」させたために他の生物とは大きく異なり、非常にユニークな文明を築くことが可能となったことを主題にしました。そしてその中でも人間は「驚き」を文明の大きな関心として、特に「言葉」は人の目にも見えない世界や事物を 容易に描写し想像させることができ、人間の「手」はそれを実際に目に見える世界に具体化させることができたというものでした。そしてこの両者の見事な協力によって、他の動物とは全く異なって、人間は文明を大きく発達させたのですが、その使い方を大きく誤ったために人間の文明は何度も危機に瀕し、そして終には宇宙の彼方に消滅してしまったという物語です。


1998年5月、私はパキスタンのパンジャブ州の農村地域でノンフォーマル学校(青空教室)を200校設立する式典に出席した時、文部大臣の口から次のような祝辞を聞きました。「今日、我が国には10数人のカディール・ハーン博士のような素晴らしい核科学者が存在している。彼らの努力によって今日、我々は今日、素晴らしい科学技術を達成することができたが、識字教育とはこのような科学技術の発展にも大きく貢献するものである。識字学校がますます増えることによって、我が国の核開発もますます進展していくことを希望する。云々」 私はこれを聞き怒りが込み上げてきたのです。カディール・ハーン氏とはパキスタンの原爆開発の父とも言われる有名な科学者です。もし識字教育が「核開発」のような目的のために使われるものならば、その識字教育は完全に間違っているのではないか。」


そして、咄嗟に私はその為政者が発言した「識字」に関して、ヒューマン・リテラシーという新しい概念を考えついたのです。「リテラシー(識字)とは、人間の顔を持ち、豊かな人間性を有した哲学や方向性を持たなければならないのではないか。識字とはただ単に「読み書き計算ができるかどうかの技術能力」ではなく、豊かな人間性を有し、普遍的な人類の目的や内容をめざすものでなくてはならない。人を不幸にし、人を殺す識字や知識がこれまでの歴史でどれだけ推進されてきたことか、そして現在もそれは続いていることか。文字によって表現される知識や技術は、人間のありかた全体に真摯なる責任をもたなければならない、識字とは人を生かし、争いをなくし、人間同士が信頼できる世界をつくるためにこそ存在しなければならない。」と考えたのです。


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
創価学会の学生会員が、創価学会や公明党のあり方について、激しく本質的な批判を展開しています。
創価学会の学生会員が、創価学会や公明党のあり方について、激しく本質的な批判を展開しています。 創価学会の学生会員が、現在の創価学会と公明党に、勇気ある「大批判のスピーチ」を行っています。 その通りですね。大変感動しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/03 13:54
風のように、今もシルクロードを旅している私
風のように、今もシルクロードを旅している私 風のように、今もシルクロードを旅している私 <若い時に旅をせねば、老いての物語がない> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 13:51
オバマ大統領の広島訪問に思うー2016年5月28日
オバマ大統領の広島訪問に思うー2016年5月28日 オバマ大統領の広島訪問に思う −2016年5月28日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 10:39
腐敗に腐敗を重ねる日本の権力構造(自民党+公明党)の末路
腐敗に腐敗を重ねる日本の権力構造(自民党+公明党)の末路 現在、日本の権力のありとあらゆる腐敗的な部分が悪臭を漂わせながら表面化してきています。しかし大きな問題は、日本国民には倫理的な罪悪意識が、全く希薄なことです。舛添都知事という紛(まが)い者が、政治資金を使って金魚や猫の餌まで私的に濫費していたことは、そのほんの一部ですが、一番大きな問題は、本当に政治活動らしい活動は彼は全く行っていなかったことです。人間の小さなことを凝視すればするほど、その全体の価値は容易に知れます。舛添は、まず論ずるのも馬鹿らしいほど愚かでずるい政治家です。それがなぜ見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/13 16:35
オバマ大統領は、広島・長崎市民に 原爆投下を謝罪せよ!これが広島訪問の歓迎の意味です。
オバマ大統領は、広島・長崎市民に 原爆投下を謝罪せよ!これが広島訪問の歓迎の意味です。 オバマ大統領の初の広島訪問を心から歓迎します。アメリカ大統領が、国内の多くの反対の声にも拘わらず、広島平和公園を訪問されることは、米国大統領による公式な「謝罪」に向けての始まりと考えています。2013年7月31日に書かれたブログの記事を再度シェアします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/11 07:27
平和憲法九条は、マッカーサーではなく、日本の幣原喜重郎首相の提案だった。
平和憲法九条は、マッカーサーではなく、日本の幣原喜重郎首相の提案だった。 平和憲法9条は、マッカーサーや米国の押しつけではなく、日本側の幣原喜重郎首相の提案だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/06 00:56
パナマ文書を追求しないロシア、中国、日本(63兆円分)で、NHK、電通、創価学会など。
パナマ文書を追求しないロシア、中国、日本(63兆円分)で、NHK、電通、創価学会など。 パナマ文書を追求しないのは、ロシア、中国、日本だけ。なぜだ?日本は63兆円、プーチンどころではない。パナマ文書で注目されている租税回避地(タックスヘイブン)、英領ケイマン諸島に対する日本の金融機関の投資や融資の残高が、2015年12月末時点で5220億ドル(約63兆円)に上ることが国際決済銀行(BIS)の公表資料で分かった。「節税」目当てに租税回避地を拠点とした金融取引が拡大しているようだ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/23 19:57
イスラマバードで開催された「”キラン図書館”、”チョキダール"の出版記念会
イスラマバードで開催された「”キラン図書館”、”チョキダール"の出版記念会 2008年、イスラマバードの教育省研究所で開催された小さな2冊の本「”キラン図書館”、”チョキダール(警備員”)」の出版記念会に、日曜日であるにもかかわらず、在パキスタン日本大使小島夫妻が出席して下さいました。その時初めてお会いした大使が、出会いがしらに私に1冊の本を見せて、「あなたは、この報告書を知っていますか」と尋ねられました。私はその本をまだ見たことがなかったので「いえ、知りません」と答えると、大使は「昨日、私はこの報告書を読んでいて、あなたの名前を初めて知りました。実は昨日まで、イスラマ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/18 15:59
熊本地震と同じ活断層の上に位置している九州川内原発の運転を即時停止せよ!
熊本地震と同じ活断層の上に位置している九州川内原発の運転を即時停止せよ! 九州の川内原発は、現在の熊本地震の震源地になっている日本最大の活断層の上に位置しており、昨夜も震度4に襲われている。地震の震源地は、活断層に沿って拡大しており、今後大きな事故が起きるのは、時間の問題。しかし原発の運転を決して止めようとしない規制庁や九電、そして丸山環境相とはいったいなにものか!絶対に許せない!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/16 23:28
ミャンマー基礎教育における教授法の改善では、無限の発見がありました。
ミャンマー基礎教育における教授法の改善では、無限の発見がありました。 2001年から2007年まで行ったミャンマーでの教師の教授方法の改善では大変楽しかったのですが、大変苦労しました。それは教師による伝統的な暗記主義や鞭をもった教授法(TCA)を、CCA(子どもの感性や体験を中心とした教授方法)など参加型や体験的な教授方法へと切り替えていくのは、大変難しい課題だったからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/12 06:31
「たくましい体験と想像力をもって生きたい!」寓話作家へのインタビュー
「たくましい体験と想像力をもって生きたい!」寓話作家へのインタビュー 「たくましい想像力をもって人生を生きたい!」寓話作家ー田島伸二氏への長時間インタビュー (アジア・ウエーブに加筆(2004.8月号) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/18 09:38
陸路から深いトンネルを掘って、高濃度の「核のゴミ」をあちこちの海底に埋めようと考えている日本の経産省
陸路から深いトンネルを掘って、高濃度の「核のゴミ」をあちこちの海底に埋めようと考えている日本の経産省 現在もなお、膨大な放射性廃棄物の受け入れ先は全くありません。モンゴルのゴビ砂漠への埋設が一時は考えられましたが、それも反対が多くて不可能に、そこで政府や経産省は、2016年中に密かに海底へ埋設することを真剣に考えて始めています。怖ろしいことです。しかし1972年のロンドン条約で、放射性廃棄物を船舶や航空機などから海へ捨てることが全面的に禁止されているので、それならばと陸路から深いトンネルを掘って、「核のゴミ」を日本のあちらこちらの海底に埋めようと考えているのです。こうした愚かな自然破壊・日本破壊... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/01 08:31
田島和子 個展のお知らせ  2016年3月7日―3月12日  銀座:中和ギャラリー
田島和子 個展のお知らせ  2016年3月7日―3月12日  銀座:中和ギャラリー 田島和子展  fragments・・・生のかけら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/29 12:13
子どもを救え!環境寓話(童話)の先駆者― 田島伸二 2月19日(金曜日)広島にて講演のご案内
子どもを救え!環境寓話(童話)の先駆者― 田島伸二 2月19日(金曜日)広島にて講演のご案内 広島市の皆さまへ 環境寓話(童話)の先駆者― 田島伸二 2月19日ー来広講演のご案内 「太平洋の深刻な核汚染で苦悶する生き物を描いた寓話「大亀ガウディの海」や「宇宙汚染」を描いた「びっくり星の伝説」は、すでに30言語以上で世界中で翻訳されて広く読まれています。広島県出身の田島氏は、長らくユネスコのアジア地域の識字教育を行いながら、現代をテーマに多数の寓話を執筆、またパキスタンの刑務所内に4か所の子ども図書館を開設しています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/10 11:35
セックスが日本経済を破壊する!
日本ではここ数年、性的反革命とも言うべきものが生じている。日本の若者達が、もはやデートもせず結婚もしないばかりか、セックスも欲しなくなっているというのだ。この現象は「独身症候群」と呼ばれ、社会学者らは、すでに数年前から指摘してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 13:26
軍政下のミャンマーの大学で、話したこと・訴えたかったこと
ミャンマーのキリスト教大学での講演、さまざまな質疑応答、その内容など。(2007年6月) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/18 08:57
忘れられない感動的な人生体験10話
忘れられない感動的な人生体験10話 私の人生でのさまざまな体験が物語となりました。またこうした物語から次々と寓話が生まれています。 全部実話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 22:23
涙を流しながら読みました・・・・長崎の原爆で亡くなった永井隆博士(1908−1951)の絶唱
 涙を流しながら読みました・・・・長崎の原爆で亡くなった永井隆博士(1908−1951)の絶唱 長崎の原爆で亡くなった永井隆博士(1908−1951)の絶唱 涙を流しながら読みました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/30 00:08
長崎の永井博士の言葉が、今、日本人に沁みわたるー「いとし子よ」
長崎の永井博士の言葉が、今、日本人に沁みわたるー「いとし子よ」 1945年、長崎に投下された原爆で被爆し、その後、白血病で命を失った永井隆博士(1908−1951)が、その子らに贈った詩に切実な訴えが記されている。永井隆博士のこの言葉を、いまほど読み返さねばならないときはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/27 23:36
世界の巨大な格差の中で苦しむ刑務所の子どもたちへ 図書館を!
世界の巨大な格差の中で苦しむ刑務所の子どもたちへ 図書館を! アジア・太平洋地域で識字教育や基礎教育の仕事に携わってきて痛感したことーそれは社会の中で最も抑圧され、最も困難な状況の中で生きざるを得ない子どもたちであった。すべての人にとっては戦争状態のない平和が一番重要だし、生存のためには衣食住のような物理的環境がよく整備されていることは人間の最も重要な用件であるのは間違いないが、識字教育を行っているうちに、人間という存在は、物的なことだけではなく、精神や心の自由があってこそ幸福に存在するように思えた。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 10:15
日本の小学校教育で「わたしの人生マップ」がもたらす教育改革とは?
日本の小学校教育で「わたしの人生マップ」がもたらす教育改革とは? 12月1日−3日(40名)と12月8日(100名)、2校の目黒区立小学校で「こころの絵地図」ワークショップを行いました。大変大きな手応えがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/18 23:21
韓国から来日した中学・高校生への講演報告
韓国から来日した中学・高校生への講演報告 今日、12月5日の午前8時半に始まった、韓国から来日した中学・高校生への講演報告です。(於品川のグランド・プリンスホテル)みんな素晴らしい生徒たち、真剣そのものでした。講演は、英語で行いーハングル語に通訳されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/05 18:28
2015年、私の感動した国会前や代々木公園などで「戦争法制」に反対する10人のスピーチ
2015年の今年、私が感動した「代々木公園、渋谷駅前、国会前、国会内などで行われた「戦争法制・原発反対」の10人のスピーチ+歌です。まだたくさんの素晴らしいスピーチご紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/02 23:59
シャンティのCLCプロジェクトー第1回「ESDグローバル賞」の受賞おめでとうございます。
シャンティのCLCプロジェクトー第1回「ESDグローバル賞」の受賞おめでとうございます。 Great Congratulations for the First ESD Global Award for the Community Library Project of Shanti Volunteer Association!おめでとうございます!カンボジアの皆さん、シャンティの皆さん!CLC(カンボジア・コミュニティ図書館)の皆さん、シャンティが、カンボジアで実施しているコミュニティ図書館(CLC)事業が、このたび第1回「ESDグローバル賞」を受賞しましたこと、心からお祝い申しあげ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 11:07
国連人権理事会「表現の自由」の担当者の訪日調査を無期延期に!
国連人権理事会で「表現の自由」を担当しているデビッド・ケイ特別報告者(アメリカ・カリフォルニア大教授)が、2015年11月17日に明らかにしたところによると、12月1日から8日まで予定していた「表現の自由」に関する訪日調査を、日本政府は、突然の要請で延期したということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/24 22:14
見える世界から見えない世界へーヒューマン・リテラシーの確立に向けて
見える世界から見えない世界へーヒューマン・リテラシーの確立に向けて 見える世界から見えない世界へー その昔、私は「びっくり星の伝説」”The Legend of Planet Surprise” という物語を書いたことがあります。この物語はアジア地域では既に20数言語に翻訳され各国で出版されているのですが、この物語の中で「人間という存在は「言葉と手」を異常に発達」させたために他の生物とは大きく異なり、非常にユニークな文明を築くことが可能となったことを主題にしました。そしてその中でも人間は「驚き」を文明の大きな関心として、特に「言葉」は人の目にも見えない世界や事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/18 14:53
戦争法案を支持した同志社大学と立教大学とはなにか?
戦争法案を支持した同志社大学と立教大学とはなにか? 7月13日、衆院特別委の中央公聴会で「安保法制」を積極的に肯定する意見を述べた同志社大学の村田学長に、私は愕然(がくぜん)とすると同時に大きなショックを受けました。多くの方も同様に感じたことでしょう。そして私は「このような愚かな意見を述べる学長のいる学校は、もはや大学に値せず」とさえ思い、「同志社大学の著しい質の低下」を嘆いたものでした。「安保法制」が、どれだけ日本の安全や平和を損なうものか知らぬわけでもありますまい。特に多くの学生を預かる身の学長であるならなおさらです。もはや学長の資格はないの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/08 11:37
人類の記憶遺産が意味するものー日本人にとっての歴史の教訓と謝罪とはなにか?
人類の記憶遺産が意味するものー日本人にとっての歴史の教訓と謝罪とはなにか? 私は、これまで40年以上に渡って、アジア・太平洋地域を歩いてきました。訪れた国ぐには、約30か国にのぼります。ほとんどが識字教育や図書開発といったプロジェクトでした。こうした体験の中で、特に東南アジア地域で遭遇するのは決まって日本軍が侵略した国々における戦争の歴史。それは、パプア・ニューギニア、フリッピン、韓国、中国、マレーシア、インドネシア、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュ・太平洋の国ぐになどでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/07 20:57
 現代を生きる宮澤賢治(1896−1933) & ラビンドラナート・タゴール(1861−1941
 現代を生きる宮澤賢治(1896−1933) & ラビンドラナート・タゴール(1861−1941 宮澤賢治(1896−1933)& ラビンドラナート・タゴール(1861−1941 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/03 15:33
「安保法制」下での、米軍支援と一体化したODA(政府開発援助)政策に強く反対します。
私は、現在日本政府が行おうとしている「安保法制」の下での、米軍支援と一体化したODA(政府開発援助)政策に強く反対を表明します。これは今後、JICA(国際開発機構)が、実施しようとする「戦争政策を推し進める具体的なプログラム」には、すべて「反対」を表明するものです。戦後日本は、「平和憲法九条」の理念通り、これまで地道に「平和や繁栄を築くODA政策」を推進し、全世界から、その中立性、地道な教育支援・文化支援・技術支援などで、高い評価を受けてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/24 15:55
最高におもしろい!「さようなら原発・さようなら戦争全国集会」でスピーチする上野千鶴子氏
最高におもしろい!「さようなら原発・さようなら戦争全国集会」でスピーチする上野千鶴子氏 2015年9月23日ー「さようなら原発・さようなら戦争全国集会」でスピーチする上野千鶴子氏(社会学者・東大名誉教授)。彼女のスピーチは、聴衆をいつも心から笑わせるが、話の内容が非常に鋭く、風刺に満ちておもしろい。氏は最後に「・・・私たちの戦いは終わりません。民主主義は今や国会の中にではなく、国会の外にあります。この次の戦後70年、それを迎えることができるかどうかは、私たちにかかっています。がんばりましょう!」とスピーチをしめくくった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/23 21:45
渋谷で多くの人々を酔わせた学生のスピーチーSHIELDsの声が届いていますか?
このような感動的なスピーチが、日本の19歳の若者から生み出されたことは、独裁者安陪の「戦争法案」がもたらした最大の功ですね。同志社大学2回生の齋藤りんさんのスピーチは、言葉にならないほど深い愛情を持って、高い理想を簡潔な言葉で語っています。すばらしい!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/21 18:33
立憲主義、終わっているなら、はじめるぞ!今度こそ、日本国憲法はわたしたちの憲法になる!
立憲主義、終わっているなら、はじめるぞ!今度こそ、日本国憲法はわたしたちの憲法になる! 立憲主義、終わっているなら、はじめるぞ! 今度こそ、日本国憲法はわたしたちの憲法になる!  ー 小橋かおる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/18 13:11
全世界で感動の渦「インドのシャクテイ舞踏団」の10月来日ー特別ワークショップと公演へのご案内
全世界で感動の渦を巻きおこしている「インドのシャクテイ舞踏団」の来日、10月公演です。是非皆さんへお知らせしたいです。これはインド社会の解放のために、最も活力があり魅力的な芸術活動を行っているシャクテイ舞踏団のワークショップへのご案内です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/14 07:10
平和・環境の分野で、さらに一層の奮起が望まれるユネスコ
平和・環境の分野で、さらに一層の奮起が望まれるユネスコ ユネスコは、「心の中に平和の砦を築きましょう」という言葉を憲章に掲げるだけで、平和のために具体的にはなにもやっていません。例えば原発事故に関しても、自らはなにも示せずに、すべてIAEA(世界原子力機関)に丸投げして、全く知らんぷりです。ESD?ユネスコのそれってなんですか?原発社会を徹底的に推し進めることですか?これは世界からの官僚やエセ官僚で構成しているユネスコですから、なにも時代に率先してその課題に取り組むということが出来ず、進化するようなことを全く放棄しているのが現実です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/13 22:07
広島県三次市からカンボジア農村で、ボランティア活動を行う「元小学校教頭」の奮闘的人生
広島県三次市からカンボジア農村で、ボランティア活動を行う「元小学校教頭」の奮闘的人生 2015年8月17日、広島県三次市からボランティアとして、カンボジアの識字教育の現場へ、2回目の応援に駆けつけた大田隆司氏(元小学校教頭)は、今回は、カンボジア農村の人々に、新式のカマドを製作する国際協力を行いました。それは現在、世界中で話題になっているロケットカマドと呼ばれるもので、わずかの燃料でまるでロケットが火を噴くような火力をもつ新式のカマドです。大田氏は、わずか2時間足らずで農村の人々の前で、カマドを実際に作り上げて、並み居る人々はみんな拍手大喝さいでした。これは従来のカマドに比べて燃... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/22 13:51
世界を失望させた安倍談話の不誠実さと虚妄ー言葉は「戦争法案」の本心を表すもの
安倍首相の「戦後70年の談話」は、予想されたように世界中で悪評となって駆け回っています。つまり首相の談話には、誠実さのかけらもありません。世界中がそれを見抜いたのです。このような談話をわざわざ出した安倍首相とはいったい何者でしょう。かれは福島では「放射能の汚染は、完全にコントローされている」と虚偽のスピーチを世界に向かって行いましたが、彼の言葉には、政治家として誠実さもかけらもありませんでした。そして現在、安倍内閣は、「戦争法案」を強行に可決しようと参議院で連日審理を続けています。公明党を抱き込... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/16 08:54
「私の考える2015広島平和宣言」
「私の考える2015広島平和宣言」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/06 15:51
国会前の熱いエネルギーが、日本の新しい民主化をもたらす!
国会前での学生と学者の合同抗議デモー2015年7月31日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/05 21:56
日本人は、世界のすべてのものを持っているが、ただひとつビジョンを持っていない。
日本人は、世界のすべてのものを持っているが、ただひとつビジョンを持っていない。 あるドイツ人が日本人について言ったそうです。「日本人は、世界のすべてのものを持っているが、ただひとつビジョンを持っていない」と、笑わせます。しかしよく考えてみると、日本人はビジョンを持っていなかったのではないのです。戦後70年「日本国憲法」という世界に誇る平和のビジョンを持っていたのでした。しかしこの憲法は、「自分で作ったものではなく、与えられたものではないか。」などいろいろ陰口をたたかれてきました。そういう意味では、戦争放棄の九条を持つ「平和憲法」が、果たして日本国民自身によって生み出され、育... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/31 13:18
安倍首相フジテレビに出演、戦争法制の必要性を火事に例えで語り、内外で空前の大失笑
7月20日の夕方、フジテレビで、安倍首相が「安保法案の質問に答える」という番組に出演していました。いかにも丁寧に答えると何度も言いながら、しかし内容の全くない説明が延々と続き唖然としましたが、特に今日、驚いたのは戦争法制の整備の必要性を、燐家の「火事の消火活動」や「戸締りの必要性」に例えていたことです。火事が隣の家から延焼してくるといけないので、それに対応して自分を守るために作ったのが「戦争法案」の必要性だと説明していたのです。民意を愚弄する政治家とは、まさにこの男ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/21 09:10
これが「新国立競技場」大失策の4人の責任者だ。
これが「新国立競技場」大失策の4人の責任者だ。 新国立競技場の大失策の原因は厳密に追及して、その責任者を明らかにするのが筋ですね。そうでないと日本は、今後何度でもこうした大失策を犯していきます、そして国民はすぐに忘れていくのですが、今回のこの責任者とは、私が思うには4人いますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 22:49
安倍政治の違憲活動のすべてを廃案に!!
国民の多くの反対にあって、新国立競技場の建設経費の2520億円も見直しが始まりました。これは自民党内での見直しですから、結果がどうなるかわかりませんが、経費の大幅な縮小につながっていくでしょう。自民党は民意を理解したとばかり、この状況をうまく切り抜けて得点を上げたいだけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/18 07:22
安保法案中央公聴会で「戦争法案」に賛成を述べた村田同志社大学長へ
安保法案中央公聴会で「戦争法案」に賛成を述べた村田同志社大学長へ 安保法案中央公聴会で戦争法案に賛成の意見を述べた村田同志社大学長へ ー村田学長は、米国や日本の影響力が後退しつつあるので、日米同盟の強化は理にかなっており、安保法案は既にある法律の隙間を埋めるもの」と政府と同様の見解を強調し、合憲との立場を説明した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/15 14:46
全く許せない新国立競技場の巨額な工費
全く許せない新国立競技場の巨額な工費 全く理解できない新国立競技場の巨額な工費ーしかし文科大臣は、説明責任を避けて国民に全く図ることなく断固として強行しようとしている。これは集団的自衛権の行使において、「違憲との判断が下されているにも拘わらず、なんら説明出来ずに強行しようとしている安倍首相の態度」と全く同じ。自民党の傲慢さや愚かさが、これら安倍首相と下村文科相の態度にすべて表れている。なんという傲慢な人権感覚のない首相や文科相であろうか? なぜ国民やマスコミは黙っているのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/08 15:43
元自衛官の泥 憲和さんの強烈な安倍首相批判
強烈な安倍首相批判=元自衛官(防空ミサイル部隊)の泥 憲和さん (2014年6月30日 神戸・三宮の街宣活動に飛び入りで) 突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。 集団的自衛権に反対なので、その話をします。 私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。 日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。  いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。 でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。 自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。 そこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/07 19:20
「憲法9条は核兵器より強力だ」 米軍元海兵隊員が語った本当の戦争と日本国憲法の価値
米軍元海兵隊員のネルソンさんは、ホテルで日本国憲法の第9条の条文を読み、立ち上がるほどのショックをうけたという。前述の『NNNドキュメント』のなかで、こう語っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/04 18:50
戦争法案が可決されたら、必ず日本は崩壊します!想像したくはないですが・・・・・
戦争法案が可決されたら、必ず日本は崩壊します!想像したくはないですが・・・・・ これは想像したくないことですが・・・・・ 数の論理と倫理は、実に非情なものです。いいですか、誰が、どんなに反対や抗議を続けようと、国会に上程された「戦争法案」は、7月XX日に国会を通過するでしょう。それは自民党+公明党+維新の党によって、それが現実というものです。しかしこうした有史以来の暴挙によって、日本という国は、必ず崩壊していくでしょう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/20 10:17
国会前で戦争法案に抗議する九十三歳の瀬戸内寂聴さんのスピーチ (2015年6月18日)
国会前で戦争法案に抗議する九十三歳の瀬戸内寂聴さんのスピーチ (2015年6月18日) 「すぐ後ろに軍靴の音が聞こえてくる」2015年6月18日、国会前で「戦争法案」に抗議する93歳の瀬戸内寂聴さん。彼女の「魂の訴え」には、国会前で2000人以上の参加者が耳を傾け、みんな身震いするほど大きな感銘を受けたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/19 18:54
真実を記せ「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録
真実を記せ「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録 「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産への登録について 現在の日本の過去・現在・未来に向けての「歴史姿勢」には、大きな疑問符がついています。次世代には、日本や世界の歴史を正確に伝えていくべきですが、現在の政府は、侵略戦争を行ったことを正当化しようと躍起になっています。こうした姿勢が、近くは憲法の解釈にも出ていますし、こうした世界文化遺産の登録にも明瞭に表れていると言えますね。 事実を在りのままに次世代に、正確に伝えようとはしていませんから。それは憲法の解釈にしても、怖ろしいほどの曲解を平気で行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/11 18:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

21世紀のヒューマン・リテラシー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる