田島伸二 と ヒューマン・リテラシー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「マンゴーの木の下の冷たいマンゴー」 

<<   作成日時 : 2016/10/23 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
「マンゴーの木の下の冷たいマンゴー」 

この話は、私がミャンマーの地方にある小学校の視察にでかけたときのお話です。私が視察に出かけるときは、いつもヤンゴン師範大学から二人の女性講師が通訳と記録係で随伴してくれます。 その日、車で目的地へ到着して、いざ宿舎に入ろうとした時、そこに大きなマンゴーの木があるのに気がつきました。そしてそのマンゴーの木の下には、なんと美味しそうな青いマンゴーの実がたくさん落ちていたのです。どうせ「虫食いマンゴー」とは思ったものの、試しにいくつか拾って部屋に入って、口にしたところ、なんともそれは美味しいマンゴーの実、日本にもないような感動的な美味しさなのです。「美味しい!」


そこで私はすぐに、マンゴーの木の下に引き返すと、できるだけたくさんマンゴーの実をを拾ってくることにしたのです。それは夜食や朝食のデザートになると思い、大きなマンゴーを10個ばかり拾って、それを部屋の冷蔵庫で冷やすことにしました。ミャンマーは丁度、夏の季節でしたから、冷やしたマンゴーの実は、とても美味しかったのです。
それから一眠りして起きたとき、私は、良く冷えたマンゴーを口にして、再び感激したのですが、なんとなく気になっていたことがありました。それは私が余りにもたくさんマンゴーを拾ったために、他の人はこれらのマンゴーを食べられないのではないかと心配になってきたのです。「そうだ、いくら美味しいからと言っても欲張りはよくない」そう思うと、私はすぐに、10個の中から大きなマンゴーを5個ばかり選んで、再びマンゴーの木の下にひき返したのです。辺りは、もう薄暗くなっていましたが、冷蔵庫から出したマンゴーは、なるべく、すばやく自然体に、マンゴーの木の下に転がして返しておいたのです。


翌朝、朝食のとき、二人の連れが、なにやら興奮したように、マンゴーの話を大声でしているのです。なんだろうかと耳を傾けてみると、彼女たちが言うのには「この地方のマンゴーは実に不思議、不思議。。。。。昨夜拾ったマンゴーは、この上なく美味しい味だった。これまでに食べたことがないぐらいよく冷えていて、実に不思議なマンゴー。まるで物語に出てくるマンゴーのようだ。」というのです。


それを聞いて私は思わず吹き出しました。そして不思議そうな顔をしている二人に向かって、「昨夜、私はたくさんマンゴーを、欲張って拾いすぎたため、冷蔵庫で冷やした後、再びマンゴーの木の下へ返しに行ったんだよ。よく冷えていたでしょ。」と話すと、二人とも大笑い。大笑い・・・・・・・・。 


それからというもの、彼女たちは私を見るたびに、「マンゴーの木の下の冷たいマンゴー」と言って大笑いするのでした。 
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「マンゴーの木の下の冷たいマンゴー」  田島伸二 と ヒューマン・リテラシー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる