識字シリーズNO.3 見える世界から見えない世界へーヒューマン・リテラシーの確立に向けて

画像

その昔、私は「びっくり星の伝説」”The Legend of Planet Surprise” という物語を書いたことがある。この物語はアジア地域では既に20数言語に翻訳され各国で出版されているが、この物語の中で人間という存在は「言葉と手」を発達させたために他の生物とは大きく異なり、非常にユニークな文明を築くことが可能となったことを主題にした。そしてその中でも「驚き」を人間の大きな興味となし、特に「言葉」は人の目にも見えない世界や事物を 容易に描写し想像させることができたし、人間の「手」はそれを実際に目に見える世界に具体化させることができた。この両者の見事な協力によって、他の動物と異なって人間は文明を発達させたが、その使い方を誤ったために人間の文明が危機に瀕し、終には宇宙の彼方に消滅してしまったという物語である。

1998年5月、私はパキスタンのパンジャブ州の農村地域でノンフォーマル学校を二百校設立する式典に出席した時、文部大臣の口から次のような祝辞を聞いた。「今日、我が国には10数人のカディール・ハーン博士のような科学者が存在している。彼らの努力によって今日、我々は今日、素晴らしい科学技術を達成することができたが、識字教育とはこのような科学技術の発展に大きく貢献するものである。学校がますます増えることによって、我が国の核開発がますます進展していくことを希望するものである。云々」 私はこれを聞き怒りが込み上げてきた。カディール・ハーン氏とはパキスタンの原爆開発の父とも言われる有名な科学者である。

 もし識字が核開発のような目的のために使われるものならば、その識字は完全に間違っている。」そして、咄嗟に私はその為政者が発言した識字に関し、ヒューマン・リテラシーという新しい概念を考えついた。「リテラシー(識字)とは明確な人間性を有した哲学や方向性を持たなければならない。識字とはただ単に読み書き計算ができるかどうかの技術能力の問題ではなく、豊かな人間性を有し、普遍的な目的や内容をめざすものでなくてはならない。人を不幸にし、人を殺す識字がこれまでの歴史でどれだけ推進されてきたことか、そして現在もまたそれは続いている。文字によって表現される知識や技術は、人間のありかた全体に真摯なる責任をもたなければならない。識字とは人を生かし、争いをなくし、人間同士が信頼できる世界をつくるためにこそ存在しなけらばならない。」 私はそう考えた。
 ひるがえって日本の現実を考えるとき、今の日本の文字や知識、情報や技術は人々が果たして幸せになるように使われているであろうかとも思えた。そのためヒューマン・リテラシーインデックス(HDI)という新しい概念を書き始めた。式典が終了し、約6時間のドライブのあとイスラマバードへ帰宅した日の夕方、パキスタンがインドに対抗して初の原爆実験をチャガイ丘陵で行ったという知らせを聞いた。その夜は雨であったが、通りには人があふれ、祝杯の杯をかわしていた。原爆実験に成功し打ち上げられた花火が雨の中で美しく散っていた。

 
ICLCによるカシミール共同出版

パキスタンから昨年帰国した私はこれからはNPOやNGOの活動を積極的に行いたいと思い、国際識字文化センター(ICLC)という国際NGOを東京に設立した。そして国内の教育専門家や大学院生を対象に識字教育の方法論を伝えながら始めたのが、
(1)アジア各国の識字教育の専門家の養成と識字プロジェクトの創設
(2)識字を通じてカシミール国際平和絵本の共同出版
(3)アジア地域ーカスールなどで進行している環境問題への識字協力
(4)総合学習のための子どもや大人の自立のための絵文字による地図作り(日本の小学校の教師や生徒対象)
(5)ヒューマンリテラシ-を通じたコミュニケーション方法論の実践を幅広く推進し始めた。識字ワークショップもテーマを代えながら5回開催され多数の参加者が出席した。 私としては全世界の途上国の基礎教育や識字教育を理論と実践面から同時にすすめる国際的な教育NGOとして立ち上げたのであるが、パキスタンから知り合いの著名な女性大臣(パンジャブ州)や中国の専門家などが早速会員になりたいと申し込んできた。

コンピューター社会の識字(リテラシー)と未来
 
今日の社会は、新しいコミュニケーションの方法の発展にともなって、コンピューター・リテラシーやメディア・リテラシーという新しい言葉が誕生している。これらはすべて、今日のコンピューター社会で生き残るために必要なコミュニケーション能力の形成を意味している。つまりリテラシーの問題とは人間のコミュニケーションのありかたを時代に従って、どのように形成するかという課題でもあるが、知識や情報の貯蔵加工・伝達方法が変化すればそれにともなってリテラシーの概念も大きく変化してくるに違いない。識字の問題は、それぞれの時代の文明のありかたをリアルに表現しており、現代のように多様で大量な情報の海を生きるためには、テレビや広告や宣伝などあらゆるメディアについての批判的能力の形成も子ども時代からの非常に重要な能力形成となっている。それは今日の多様なメディアに十分にアクセスできる能力と同時に、それを分析評価したり、あるいは多様な形態でコミュニケーションを創りだすことのできる能力を指しているもので、それはこれまでの社会がもっていた読み書きなど文字を中心に考えられてきた識字(リテラシー)の概念を超えて、映像やあらゆる形態の電子コミュニケーションを広く理解し、創造する力を含んだ新しい概念である21世紀にはコンピューターによってますます多様で迅速なコミュニケーションが実現するだろうが、それが人間性を大事にするものでなく市場経済の成功を求めるための単なる機能や効率を求める場合には、取り返しのつかない人間疎外が生じてくるだろう。
 しかし現代世界は識字(リテラシー)を狭義に理解し、文字文化を偏重するあまりに自然の視覚・聴覚・触覚・味覚・直感・運動などコミュニケーションの大いなる可能性を十分育ててはこなかった。特に、日本の子どもたちは、学習指導要領などに代表される読み書き能力を中心とした学力偏重によって、豊かな想像力やたくましい創造力を養う機会を奪われてきた。その結果人間的な感受性や表現能力が非常に乏しい結果となっている。そのためには、コンピューターによる能力の開発だけでなく、自然や人間の基礎にある豊かな生き方を絶えず実感しながら、世界の人々とともに「本当の言葉や文字を求めて」人間的な自立や創造のための識字活動(リテラシー)やコミュニケーション活動を行っていくことが求められているのではないか。

 アジアやアフリカの人々は叫んでいる。”人間的な生活を送るために識字を下さい!” 生存するために知識を下さい!世界で最も重要な位置にある子どもと女性に喜びと幸せをもたらす識字を与えて下さい!と。それは今日のアフガニスタンの子どもや大人たちに共通する叫びである。そして識字者である私たちの課題とは、情報化時代における普遍性と倫理に基づいた人間的な識字(ヒューマン・リテラシー)を確立し、これを世界の人々とともに実践していくことではないかと思う。つまり。本当の識字事業とは、人間性を豊かにし、世界を平和に作るものでなければならない。文字を学ぶ目的は人を殺すことを学ぶのではなく、人や社会を生かしてお互いが理解しあう内容を学ぶべきなのだ。こうした人間的で普遍的な理解をともなった識字事業を創造してゆくためにも、これまでの経験をフルに生かして、ICLC国際識字文化センターの「国境を超える新しいプログラム」や「希望の作りかた」をこれからの世代とともに実践していきたいと念願している。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • poielnsmg rygfnzwc

    foblu xircqsg tkdlfnm bruskjco exwiq fglux rdvn
    2007年03月26日 14:01
  • kelbt iytnwvkq

    rzokh omjxqski sftvl dlwiv pkel lzmjxtsin vxnwtzbky knob zkbwqu
    2007年03月26日 14:03
  • kelbt iytnwvkq

    rzokh omjxqski sftvl dlwiv pkel lzmjxtsin vxnwtzbky knob zkbwqu
    2007年03月26日 14:03

この記事へのトラックバック