死と生の太鼓の激しいリズムと踊りで、観衆はいつも涙を流した。

画像

それにしても信じられないことが起きた。2008年11月17日の夜の虎の門での公演の時。それはタップーと呼ばれる死の太鼓の激しいリズムと踊りであったが、見ている観衆は涙を流した。どの公演でもそうだった。それは哀れみや憐憫からくるのか?そうではない。憐れみでは決してなかった。その踊りの美しさから来るのか、いやそれも違うようだ。とにかくなにかが起きる。なぜみんな涙を流すのか?

ICLCの主催したインドのダリット(不可蝕賤民と呼ばれる最下層の人々)の女性舞踊団がインドからシスターシャクティに率いられてやって来て、2週間にわたって東京などで公演を行ったが、それはどこでも大きな感動を巻き起こした。

とにかく芸術というものが人を激しくを動かすということを知った夜であった。舞踊を見ているうちに自然に涙が頬を伝わるというのは・・・・・すごい表現だ。それもほぼ全員・・・・・

現代の日本の薄っぺらの芸術とまるで比較にならない。テレビ文化では決してない。インドの何千年もの時代の中を生き抜いてきた芸術が21世紀に蘇ったのだ。抑圧されてきた先住民族のドラビダ文化があざやかに蘇って、人間の痛ましい現実に魂と叫びののろしを上げたのだ。

その感動に人々は涙を流した。まるで奇跡のように。それが東京で起きた。

人はなぜ差社会に別や区別を作っているのか?それは現代も無数に続いていること。あらゆる形を変えて・・・・今年はアメリカで黒人の大統領が生まれたように、なにかが起きつつある世界だ。

こうした芸術が生まれていることは、人間には考えられないほどの可能性や希望もあるということを教えてくれた夜でもあった。

明日に希望を持とう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック