人類の「因果応報」の世界

by A. Ramachandran    この頃、痛感することですが、人間の行っているすべてのことは「因果応報」の世界ですね。つまり「いい原因があれば、いい結果が出る」。「悪い原因があれば、悪い結果が出る」因果応報の教えは、人間の文化・文明・あらゆる思想や宗教を越えて、「自然」や「宇宙」そのものの生態をも如実に表現しています。そして現代社会は、「悪い原因によって、悪い結果の生み出される世界」で、すべてが循環しています。 原発再稼働に向けて、動き始めている「日本政府や東電」は、必ず近い将来、巨大地震の直撃で、例えようのないほど深刻な原発事故に直面するでしょう。そしてその結果は、日本列島に満足に住めるところは、ほとんど無くなるでしょう。日本民族は故国を失って、世界を放浪することになるでしょう。40年以上経過し、老朽化してしまった原発は、配管ひとつにしても、ボロボロに腐食しているにも拘わらず、東電や政府は、目前の利益のために、国民にはウソを食べさせては、暴利を貪ろうとしている存在ーこのような虚偽を繰り返えさせたら、日本の未来はありません。なぜ国民は、こうした存在を許しているのでしょうか? 残念ながら、私は、今後あと2回の巨大原発事故が、日本で起きるのではないか予想しています。1回は、関西方面で巨大地震が勃発・発生すること・・そしてあと1回は、中国の内陸部で起きる大地震によってです。特に中国での大地震による巨大な原発事故は、世界史でも極めて深刻さを極め、中国・朝鮮半島はもちろん、日本列…

続きを読む

ミャンマーに正義を!Justice, love and Peace for Myanmar 2021!

We would like to express our deepest condolences to the many Myanmar citizens who were killed by the coup d'etat of the Myanmar military government. May Myanmar's military government be overthrown with the cooperation of Myanmar citizens and the international community as soon as possible! Justice, love and Peace for Myanmar citizens! March 2, 2021 International Center for Literacy and Culture (ICLC), Tokyo Chairman Tajima Shinji ミャンマーの軍事政権のクーデターによって殺されたたくさんのミャンマー市民に心からの哀悼の意を表します。一刻も早くミャンマーの最も歪な軍事政権が、ミャンマー市民と国際社会の協力によって打倒されますことを!  正義・愛・平和をミャンマー市民に! 2021年3月2日   国際識字文化センター(ICLC)

続きを読む

Creative Workshop for Myanmar Writers in 2015

2015年2月、私は、ミャンマーのヤンゴンで開催されたミャンマー作家協会とシャンティが共催した「作家のための創作ワークショップ」に講師として参加しました。まだ政治的には完全な雪解けとは言い難い早春のような時期でしたが、8年ぶりのミャンマーの風に出会えて、私はとても嬉しかったです。 ワークショップでは、たくさんの意欲的な作品が生まれました。その中に、井戸に落ちた数匹のカエルの物語がとても象徴的、それは井戸に落ちたカエルたちは、井戸端からのたくさんの声援や激励もあって、外へ逃げ出そうと、何度もジャンプして必死に挑戦するのですが、どうしても成功しません。それもそのはず、井戸自身が日増しにどんどん深くなっているのでした。 In February 2015, I participated as a lecturer in the "Creative Workshop for Writers" co-sponsored by the Myanmar Writers Association and Shanti(SVA) held in Yangon, Myanmar. It was a time like early spring, when it was still politically difficult to say that it was completely thawed, but I was very happy to meet the Myanmar wind for th…

続きを読む